プロフィール

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>

フリースペースその1

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新札幌駅でキハ281系「スーパー北斗」が並ぶ迫力あるシーンも見納め

ダイヤ改正前まで、新札幌駅でキハ281系「スーパー北斗」同士が並ぶ迫力あるシーンが1日1回だけありました。







1枚目は昨年10月、2枚目と3枚目は2月に撮影しています。管理者自身は5回チャレンジして3回成功しました。数回通って並ぶ位置を把握し、定点と呼ぶ場所を見つけたら、案外簡単に撮影できてしまいます。

紹介が遅くなりましたが、左が特急「スーパー北斗7号」で、右が特急「スーパー北斗14号」です。新札幌駅を前者が13時39分、後者が13時40分に発車するので、前者の発車時後者の到着時のタイミングで撮影することが可能です。

しかし、ダイヤ改正後は特急「スーパー北斗7号」の新札幌駅発車時刻が2分繰り上げられたため、このシーンは常日頃から確認することができなくなりました。ダイヤ改正後はどちらの列車も定時運行であれば、昨今千歳線の遅延で話題に上がる札幌貨物ターミナルへのポイント(線路切替部分)あたりで両列車がすれ違うことでしょう。

ダイヤ改正後も全く確認できなくなったというわけでもなく、特急「スーパー北斗7号」が2~3分ほどの遅れが発生している場合は、またこのような並びが実現すると思われます。

キハ281系についても、営業運転開始から23年が経過したとは思えない車両です。量産車は1993年から製造しているので、3月で24年目になります。押し出しの強いフロント部分・エクステリアを持っているのが特徴で、迫力は24年が経過した今でも全く衰えていません。

最高運転速度が120km/hとなり、速達列車の設定もなくなったため、現在の最速列車は札幌と函館を3時間27分(特急「スーパー北斗2号」)となっていますが、かつては、同区間を2時間59分(晩年は3時間ジャスト)で結んだ電車を上回る高速特急です。

全区間における表定速度(平均速度)が106.8km/h(晩年は106.2km/h)であり、これは在来線一の数値でした。これは現在でも破られていないと思います。運行開始当初は、東室蘭駅のみや、同駅と苫小牧駅だけの超速達タイプの列車が設定され、晩年は南千歳駅や新札幌駅が加えられました。

停車駅が晩年は2箇所増えても、現在は全ての「北斗」・「スーパー北斗」が停車する主要駅ですら、そのほとんどが速達運転のために容赦なく通過していた姿にとても魅力を感じていました。今後全道の列車で検討してほしいのは、停車駅拡大=利便性向上という方程式が必ずしも成り立つのか?ということです。


速達性も利便性を向上するうえで求められる要素です。ここ数年JR北海道は特急列車の停車駅拡大ばかりを実施し、停車駅の見直し(通過とする)はほとんど実施されてきませんでした。減速運転になったことで所要時間増加が懸念されているのであれば、今こそ停車駅の見直しを図り、全体的に所要時間の短縮を図り、速達性という利便性を提供すべきではないでしょうか。

列車によって停車駅の全てが必ずしも利用の多い駅があるわけでは限らないと思います。対抗する交通機関が料金面で差をつけられているのであれば、JRは過去のように速達性で勝負すべきではないでしょうか。

北海道は停車駅の見直しや列車の交換方法を工夫することで、数分単位の時間短縮は容易な環境です。減速運転で所要時間が伸びている今こそチャンスとして、ぜひとも検討してほしい措置ですね。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト

ありがとう、785系「スーパーカムイ」!最終列車は785系NE-4編成で有終の美を飾る!!

3月のダイヤ改正で785系は27年間活躍してきた札幌~旭川間の営業運転を終えました。

一時期、停車駅などの違いによって間合いで「ライラック」として運行した時期もありましたが、札幌~旭川間に限っては、登場から引退までの27年間、列車の名称に”スーパー”をつけて運行されました。

ダイヤ改正後は「カムイ」となり、789系0番台が道央圏転用に伴い「ライラック」として運行を開始しています。「スーパー宗谷」とともに、札幌~旭川間の特急列車の名称から”スーパー”が消えたので、ちょうどよい引き際だったかもしれません。

3月2日に旭川駅で最後の様子を撮影してきましたが、ダイヤ改正に合わせて既に789系1000番台が「スーパーカムイ」に多く充当されていました。そのような中で、最終日はNE-2編成、NE-502編成、NE-4編成が「スーパーカムイ」の運用に充当され、NE-4編成が上り最終列車となるL特急「スーパーカムイ46号」に入りました。






写真は全て3月3日に撮影しています。札幌駅3番線到着したL特急「スーパーカムイ46号」です。785系NE-4編成で上り最終「スーパーカムイ」として有終の美を飾りました。

「スーパーカムイ」として営業運転最終日となったわけですが、特にイベントも実施されませんでした。

やはり・・・



コレですよ。

凄くカッコイイです。とても登場から27年が経過した車両とは思えません。この迫力あるエクステリアは最新の鉄道車両にはありません。登場時は画期的な車両だったと思います。

降雪対策として、2002年の新千歳空港乗り入れとほぼ同じタイミングで導風器の取り付けやスカート丸穴を開け、前照灯はHIDに交換されました。2005年からリニューアルが実施され、屋根上の抵抗器の撤去や、客室の室内灯を電球色に変更したことで、年数が経過するにつれ、よりシャープな印象になっていきました。

個人的にも、ガキの頃から(登場時はまだ生まれていない)走っていた車両であり、走行線区やお金を使えない時期だったこともあってものすごく憧れの列車でした。いつも札幌駅で発車シーンを見物しているだけで終わっていました。

そして、2002年のダイヤ改正で781系に代わって785系が新千歳空港に乗り入れるようになった際、ようやくそのチャンスがやってきて、早速新千歳空港まで乗りに行った懐かしい思い出もあります。快速「エアポート」として運行していたため、札幌~新千歳空港間は乗車券のみで乗車できるという、夢のような列車でした。

781系が置き換えられる際、シルバーの789系が2006年度から既に報道で発表されていましたが、「ホントにあの785系と同じように走れるのかよ!?」なんて、今の789系1000番台をバカにしていた時期もありました。

789系1000番台は学生の頃(高校生)にデビューし、お金もそこそこ使えるようになったので憧れの列車とはなりませんでしたが、785系はこのようにガキの頃からの憧れの列車でした。

要は、身の回りの環境も憧れの列車ということを後押ししたのだと思います。

一部編成はまだまだ特急「すずらん」で活躍しますが、NE-3編成は苗穂工場で解体中のはずです。







3月11日に鉄道技術館一般開放の際に撮影した写真ですが、このシーンが悔しくて、悲しくて、見ていられなくて・・・

解体の様子を見るのが辛いので、最近は苗穂の跨線橋にも全然行ってません。憧れの車両が解体という哀れな姿は見たくありません。

3月11日はまだ原型を留めていましたが、最近の様子では無残な姿となっているようで残念です。



話題はNE-4編成に戻りますが、実はこのNE-4編成は個人的には特別な編成です。


例えば・・・


・2007年9月30日の最終日に「スーパーホワイトアロー」として管理者自身が最後に乗った編成

・同年9月30日のL特急「スーパーホワイトアロー33号」(最終列車)に使用されていたはず・・・

・同年10月1日の1番列車L特急「スーパーカムイ2号」に使用されていたはず・・・

・3月3日のL特急「スーパーカムイ46号」で有終の美を飾る




過去のことは記憶である限りですが、過去にインターネットで調べていた際、偶然にも自信が乗車した列車が最終列車や、1番列車に使用されていて驚いた記憶があります。いずれもNE-4編成だったはずです。

間違っていたら申し訳ありません。

記憶が正しければ、旭川から札幌へ向かう「スーパーカムイ」のうち、1番列車と最終列車ともにNE-4編成が使用されたことになります。偶然であるにしても、これは凄いことだと思いました。


785系のみならず、「スーパーカムイ」という列車そのものが凄く偉大な列車という印象が強く残っています。まさか「神」が「花」(ライラック)に置き換えられるとは思いもしなかったですが、道北特急の再編も含め、仕方のないことでしょう。

札幌~旭川間の特急として永遠に不動の地位を築き上げるものだと思っていましたが残念です。

785系と789系1000番台で形式こそ違うものの、785系に合わせた車内設備でどの列車に乗っても統一されたサービス・速達性(一部を除く)がウリでした。車両故障の際なども柔軟に対応でき、車両を共通運用化することで車両繰りの自由度が最大の魅力のポイントでした。

まさに今のJR北海道が目指すべき部分であり、これがダイヤ改正を機に崩されたのが残念です。


「ライラック」と「カムイ」の二本体制となり、少々不便になった点もありますが、いずれの列車にも「スーパーカムイ」で守ってきたものは受け継いでほしいと思います。

個人的な今後の展開予想として、車齢が近い789系0番台と1000番台では、今後同じタイミングで車両が置き換えられて、「スーパーカムイ」のような全列車がほぼ同一の車両で運行される体制が再び築き上げられると予想しています。今回は道北特急の再編や車両の構造の関係で二分してしまいましたが、将来的に「スーパーカムイ」のような利便性の高い列車の復活を期待しています。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
≪前のページ≪   1ページ/1106ページ   ≫次のページ≫