FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

苗穂駅新駅舎使用開始まで1カ月を切る!!

北海道の鉄道の聖地苗穂、

その最寄りの苗穂駅が新駅舎に移転するのが・・・



今年の11月17日(土)です。移転開業まで1カ月を切りました。

ということで、移転開業を1カ月後に迫った現在の新苗穂駅の工事の進ちょく状況をお伝えします。







南口は大きな工事の柵が撤去され、駅全体の様子が見渡せるようになりました。目の前の月極駐車場は、契約が新駅舎使用開始前までのはずで、もはや車が駐車していないただの空き地と化しています。ここも苗穂駅周辺の再開発に伴い、高層の共同住宅が設けられる予定です。戸数は160戸で、予定では南口を挟んだ25階建てのツインタワーが計画され、低層部には商業施設が設けられます。再開発に伴い、コンパクトシティの推進が図られるようです。



北口も完成が近づいてきました。苗穂駅移転に伴う再開発は南口で大規模に実施される予定で、北口については、ツインタワーなどが設けられる予定は現時点ではありません。大型ショッピング施設「アリオ札幌」へのアクセス向上のために一役買うでしょう。



そしてようやく、北口と南口のそれぞれの昇降棟に看板が設置されました。萌黄色の「JR北海道」が新鮮でローマ字も用意されています。これも昨今の外国人観光客増加に伴うものでしょう。





そして、各方面への発着番線が大きく変わることにも注目です。

最後の写真だけ今回新たに掲載するものですが、発着番線が従来は3番線~6番線だったものを、1番線~4番線に変更されるようです。

1番線は一部を除いて、江別方面から札幌方面行き、2番線は千歳方面から札幌方面行き、3番線は札幌方面から千歳方面行き、4番線は札幌方面から江別方面行きへそれぞれ変わります。 これまでは貨物専用線として1番線と2番線の役割がありましたが、新駅舎開業後はこれらが全く関係なくなるため、発着番線が従来よりも繰り上げられるようですね。

ちなみに、苗穂駅には札幌方面と江別・千歳方面の間に特急列車の折り返しの際などに使う留置線が2本ありますが、これはカウントされないようですね。記事を作成しながら少し調べていますが、留置線を含む際と含まない際の区分けがイマイチよく理解できません。要は、上り線、下り線のどちらからも出入りが可能ということが条件であるとすれば、駅構内に留置線がある場合でもカウントされるということでしょうか。

東室蘭駅の場合は、苗穂駅と同じ留置線が駅ホームの間に複数設置されていますが、こちらは留置線もカウントされています。留置線同士で決定的に違うのは、上り線、下り線のどちらからも出入りが可能か否かという点です。苗穂駅の場合は札幌駅方面からの入線は可能ですが、江別・千歳方面からの入線はできません。

このあたりについては、詳しい方がいればコメントにて教えていただきたいです。


冒頭のとおり、新駅舎への移転開業まで1カ月を切りました。駅舎が新しくなるとともに、苗穂地区も大きく変わるときが近づいています。

引き続き苗穂工場や苗穂運転所(札ナホ)などの鉄道施設は残され、北海道における鉄道の聖地であることは変わりません。移転開業を首を長くして待ちたいと思います。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
≪前のページ≪   1ページ/2686ページ   ≫次のページ≫