プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>

フリースペースその1

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

札幌圏では大変珍しい存在になったキハ261系0番台

今年のダイヤ改正から半年が既に経過しています。

昨年に引き続き、今年のダイヤ改正も北海道は激アツでした。一方で、運行再編で札幌圏では確認することが難しくなった車両もあるのが事実です。旭川駅で特急列車の乗り換えも生じるようになり、不便になったダイヤ改正でもあります。







今年3月のダイヤ改正で札幌圏では大変珍しい存在になった、あるいは確認することが難しくなった車両としてキハ261系0番台が挙げられます。

いずれも、特急「宗谷」として札幌駅に発着する1往復が該当します。下り列車は7時30分に札幌駅を出発してしまい、上り列車は23時前に札幌駅に到着します。早朝と深夜の時間帯にしか確認することが難しく、明るい時間帯となれば、上り列車に限られてしまいます。





稚内へ向かう特急列車は3往復が維持されたものの、2往復が旭川~稚内間の運転になりました。これに伴い、車両もキハ261系0番台に統一され、新たに「サロベツ」としても使用されるようになりました。2往復が旭川駅発着となったことで旭川圏ではより身近な車両になったといえるでしょう。



2往復とも同駅で789系0番台による「ライラック」と接続を図ります。旭川駅ホームが賑わうという意味では、ダイヤ改正後の方が明るくて雰囲気はいいです。


勘違いしてほしくありませんが、網走方面を含め、一部列車の運行区間が縮小された理由について、利用客減少ではなく、あくまで車両の老朽化です。これは最初に特急列車の運行区間縮小についてJRの担当者が北見市を訪れた際に自治体側に説明した内容です。

今年の3月までの運行状況をみていると、特に冬期に車両繰りがより厳しくなる傾向があり、元々予備車両が豊富にある状況ではなかったため、車両繰りに大変苦慮していました。一部特急列車の運行区間を縮小するとともに、キハ261系0番台を活用することで車両不足に陥っていたキハ183系苗穂車を網走方面の特急列車に集約させるとともに、運行区間縮小に伴う運用数の削減によって車両不足を解消しています。

これが「サロベツ」や「大雪」といった旭川駅発着列車が誕生した背景です。

しかし、今回紹介しているキハ261系0番台も車両数が豊富にあるわけではありません。代走時の遅延対策など、残された課題もあります。

今時期にキハ261系0番台を取り上げたことにも理由があり、昨年は特に12月にキハ261系0番台を使用していた「スーパー宗谷」全てが代走運転になった日もあり、代走が常態化していました。

これからの時期はより一層寒くなり、冬が一段と近づきます。もちろん、車両のメンテナンスも入念に実施しなければならない時期と思われ、それに伴う車両繰りに苦慮することでしょう。

車両を組み替えるタイミングは札幌に戻ってきた際だけになりましたが、逆に1日における走行距離は増えています。果たして、昨年のように定期列車充当がほぼ壊滅状態とはならず、これからの時期を無事に乗り越えることができるか注目です。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事

2017年苗穂工場公開レポートその1:「HD300-503」号機の展示

ぼちぼち今年の苗穂工場の一般公開の様子を紹介していきたいと思います。

今年は例年に比べて紹介する内容が少なめです。というのも、公式ホームページから事前の一般公開のアナウンスがなく、展示車両も少なかったりと、少し寂しい一般公開でした。

今年の1発目は「HD300-503」号機の展示です。





毎年同じ場所に同じ機体が展示されています。

実は、HD300形機関車は3か月ごとに交番検査が実施されており、毎年9月の苗穂工場一般公開の際は、必然的に503号機が展示されるという流れになっています。

ちなみに、昨年の9月は7回目の交番検査で苗穂車両所に入場中だった際に展示されました。今回は11回目の交番検査を受けるために苗穂車両所に入場していた際に苗穂工場一般公開と重なりました。

同機は9月19日に苗穂車両所を出場しているようです。

交番検査がどれくらいの時間を要するのか不明ですが、1カ月かからないとすると、単純に12カ月÷4回(昨年7回目➡今年11回目)で1年に少なくとも4回にわたって苗穂車両所に入場していることになります。検査周期と重なる関係で苗穂工場の一般公開が毎年9月であれば、来年も同機は展示されることになります。



HD300形機関車は老朽化した入換用のDE10形ディーゼル機関車を置き換えるために2010年に登場しました。昨年9月の時点で全国に24両が配備されていましたが、その後も増備が進んでいるようで、今年は5両増えて29両が全国に配置されているようです。

内訳は、新鶴見機関区に17両、岡山機関区に9両、苗穂車両所に3両です。北海道内の在籍数に変化はなく、引き続き苗穂車両所に500番台が3機在籍し、札幌貨物ターミナル駅構内での入換作業で運用されています。

HD300形機関車は、ディーゼル機関で主発電機を駆動し、発電した電力を蓄電池、主変換装置を介して主電動機(モータ)へ伝える、シリーズハイブリッド方式を採用しています。JR北海道が開発してきたキハ285系のようなエンジンとモーターを併用するMA方式(モーターアシスト式ハイブリッド)ではありません。

番台区分は試作車が900番台、暖地仕様が0番台、寒冷地仕様が500番台となっています。北海道に配置されているのは500番台であり、暖地仕様と比べて寒冷地対策が強化されています。

寒冷地対策の一例として、粘着性能向上させるために台車に設置されている「セラジェット」と呼ばれる装置が0番台が8ヶ所に対して、500番台は2倍の16ヶ所に増強されています。

粘着性能向上は一般的には空転及び滑走対策であり、降雨や降雪によってそのリスクが発生しやすくなります。空転や滑走によってレールや車輪の表面に傷がつき、車両への負荷はもちろん、メンテナンスコストを増大させてしまう要因になります。

最高速度は力行時で45km/h、回送時で110km/hです。車重は60.0tです。

札幌貨物ターミナルで確認することは可能ですが、構内は広く、千歳線や函館本線から離れた位置で入換作業を実施しているため、自走シーンを確認することが難しい状況にあります。道内では貴重なシリーズ式ハイブリッド車両ですが、まだまだその様子を把握しきれていません。動画などを確認しながら様子を確認するしかなさそうです。

続きます



記事とは関係ありませんが、以前、オーバーレイ広告についてコメントをいただきました。

オーバーレイ広告とは、スマートフォンのPC表示で閲覧する際にスクロールしたときに上下についてくる広告です。これが閲覧する際に邪魔になるという内容でした。

FC2ブログの設定から対策はしてみましたが、オーバーレイ広告について調べてみると、iPhoneで閲覧する際はオーバーレイ広告が消せないようです。現時点で完全に広告を消すような方法はないようです。ほかにもスマートフォンの設定の仕方や閲覧方法(モバイル版・PC版)によって表示の有無があるようです。

ご理解の程、よろしくお願い致します。








↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
≪前のページ≪   1ページ/1191ページ   ≫次のページ≫