FC2ブログ

 ・789系0番台による特急「カムイ19号」が運行開始 ・789系0番台HE-104編成+HE-204編成(KAMIKAWAラッピング編成)のグリーン車・普通車の座席のシート生地の変更 ・完全に行き場を失った789系0番台増結ユニット ・特急「ライラック」代走の789系1000番台の運行体系に変化 ・【コラム】789系0番台増結ユニットの今後は? ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:785・789系のエントリー一覧

  • 789系0番台による特急「カムイ19号」が運行開始

    本日から札幌~旭川間の「カムイ」・「ライラック」について、新型コロナウィルスの影響による利用減少に伴い、事前に発表されていた計画運休が実施されています。運休となる列車は5往復です。札幌駅と旭川駅を30分に発車する列車を中心に運休が発生しています。旭川駅で「大雪」や「サロベツ」との接続を担う「ライラック」は、運用の関係で運休列車は少なく、その代わりに「カムイ」で運休が多く発生しています。運用変更により...

  • 789系0番台HE-104編成+HE-204編成(KAMIKAWAラッピング編成)のグリーン車・普通車の座席のシート生地の変更

    789系0番台HE-104編成+HE-204編成(KAMIKAWAラッピング編成)が昨年10月に一部仕様を変更して営業運転に入っています。外装の変更点は前照灯の一部がLED化されています。キハ261系1000番台の7次車と同様になっています。それ以外はおそらく変更ありません。内装をチェックしていきましょう。対象列車はグリーン席利用の見込みが少ない深夜の特急「ライラック48号」です。残念ながら、従来タイプのグリーン席を利用した際、訪日外...

  • 完全に行き場を失った789系0番台増結ユニット

    789系0番台は札幌~旭川間の特急「ライラック」として1日に14往復が運行されています。冬季における車両不具合が多いことは何度もお伝えしてきました。一方で同番台には違う問題も抱えています。789系0番台は「ライラック」として使用されていますが、全ての車両を使用しているわけではありません。かつての増結ユニット2両編成×2本が苗穂工場で留置されています。昨夏に所属先の函館運輸所(函ハコ)から苗穂工場へ移送されました...

  • 特急「ライラック」代走の789系1000番台の運行体系に変化

    札幌圏もようやく冬が近づいてきました。積雪も確認され、いよいよ数ヶ月間にわたる厳しい冬がやってきます。冬によく見られる列車といえば・・・789系1000番台による「臨時特急」です。どういった経緯で運行されるかというと、2枚目の写真の789系0番台による所定の「ライラック」の編成が冬季を中心に車両故障に見舞われます。この関係でリタイアした編成の代わりに789系1000番台による「臨時特急」が同時刻で代走しています。789...

  • 【コラム】789系0番台増結ユニットの今後は?

    789系0番台が道央圏に転用し、札幌~旭川間で「ライラック」として営業運転を開始してから2年が経過しました。2年が経過し、問題点も浮上してきました。その1つが冬季における車両故障です。重要機器取替工事も控えているようなので、そこで問題が解決できるのか気になるところです。一方、「スーパー白鳥」の増結用として重宝された増結ユニットは、基本編成が道央圏に転用された後も、しばらくそのまま函館の五稜郭車両所に留置...

≪前のページ≪   1ページ/28ページ   ≫次のページ≫