・2018年度も現役続投となる785系 ・札幌~旭川間で活躍した785系の解体が始まった1年前 ・札幌~旭川間から785系が撤退して1年、有終の美を飾った最終日のL特急「スーパーカムイ46号」 ・特急「ライラック」に使用する789系0番台に優先スペースを新たに設置 ・「生かし車両」でありながら車籍は既に抹消!解体を免れた「モハ784-501」(uシート車) ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:785・789系のエントリー一覧

  • 2018年度も現役続投となる785系

    今年度の事業計画が既に発表されていますが、快速「エアポート」用の733系の増備やキハ261系の増備がある一方で、引退となる車両は予定されていません。今年度で動向が気になるのが785系でした。同車は2017年3月のダイヤ改正を機に、1990年のデビュー当初から基本編成を組んでいたNE-1編成からNE-5編成の5両編成×5本が引退となりました。その後、苗穂工場と旭川運転所(旭アサ)で解体作業が実施されました。そのほかにも、2016年3...

  • 札幌~旭川間で活躍した785系の解体が始まった1年前

    1年前のこの時期は、札幌~旭川間で活躍した785系の解体が始まったころです。その前に、札幌~旭川間の営業運転を終えた4日後の3月7日には試1192レにて、NE-3編成が廃車回送第一弾として苗穂にやってきました。そして、3月10日あたりから、785系の解体作業が始まりました。このとき廃車・解体は1990年の営業運転開始当初から基本編成を組んでいた5両編成×5本が該当し、NE-3編成から解体作業に入りました。編成のトップナンバーでは...

  • 札幌~旭川間から785系が撤退して1年、有終の美を飾った最終日のL特急「スーパーカムイ46号」

    早いもので、明日は3月4日となります。そう、1年前の3月4日といえばダイヤ改正が実施された日であり、789系0番台が道央圏に転用され、「スーパー白鳥」から「ライラック」となり再出発しました。一方で、789系0番台の転用によって札幌~旭川間から785系が消えると同時に、785系のデビュー当初から基本編成として活躍していた5両編成×5本がダイヤ改正前日となる昨年の3月3日で営業運転を終了しました。ダイヤ改正数日前から運用調整...

  • 特急「ライラック」に使用する789系0番台に優先スペースを新たに設置

    年明けから特急「ライラック」の運休が多く、789系1000番台による「臨時特急」が頻繁に確認されています。1編成が苗穂工場に入場しており、車両故障の理由も考えられますが、加えて、789系0番台は小規模な変更が実施されており、これも代走を余儀なくされる原因の1つかもしれません。特急「ライラック」に使用する789系0番台に優先スペースを新たに設置しています。先日、苗穂工場敷地内にある鉄道技術館一般開放の際、1月の重点実...

  • 「生かし車両」でありながら車籍は既に抹消!解体を免れた「モハ784-501」(uシート車)

    今月発売の鉄道雑誌に2017年上半期における車両の動きについて掲載されています。JR北海道の欄で取り上げられていますが、今年度に入って廃車が確定しているのが3月で営業運転を終えた785系のNE-1編成とNE-5編成です。いずれも4月30日付で車籍が抹消されているので、正式に廃車となりました。そのような中、NE-1編成のuシート車として組み込まれ、苗穂工場で解体を免れた「モハ784-501」についても、同日付で廃車となっています。...

≪前のページ≪   1ページ/26ページ   ≫次のページ≫