fc2ブログ

 ・室蘭本線とH100形 ・不採算路線にも投入されるH100形(DECMO) ・ダイヤ改正を機に、根室本線の新得~釧路間からキハ40形気動車が撤退 ・釧路管内で営業運転を開始したH100形・デクモ ・函館本線の長万部~余市間の廃止決定で活躍の場を追われるキハ201系 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:気動車のエントリー一覧

  • 室蘭本線とH100形

    先日室蘭方面に行きまして、H100形デクモの営業運転を開始してから初めて様子を見に行くことができました。スケジュールの関係で苫小牧~東室蘭間の様子は1枚もありませんが、写真を撮影したり、乗ったりするのであれば、東室蘭~長万部間がオススメです。全ての列車がH100形で運行されており、現在は豊浦までの列車が大半となり、例えば東室蘭駅から主要駅の伊達紋別駅や洞爺駅まで乗って引き返すというスケジュールを組んでも、1...

  • 不採算路線にも投入されるH100形(DECMO)

    以前、北海道のローカル気動車の主役になりつつあるH100形の今後について以下の記事で紹介させていただきました。参考記事:「JR北海道グループ中期経営計画2023」からみる今後の車両の老朽取替・新製計画参考URLの記事とともに、上記の「JR北海道グループの中期経営計画2023」について取り上げましたが、これ以降に一度更新されており・・・最新のものがコチラ。運輸・車両部門の黄色枠のキハ40形気動車の老朽取替について、「H10...

  • ダイヤ改正を機に、根室本線の新得~釧路間からキハ40形気動車が撤退

    半月ほど紹介が遅くなってしまいましたが、ダイヤ改正を機に、根室本線の新得~釧路間からキハ40形気動車が撤退しました。今回は写真メインで紹介していきます。既に動きがあり、一部車両は旭川に向かったようです。老朽化の激しい車両は今回のダイヤ改正を機にお役御免になりますが、一部車両は転用とみられる動きがありました。その代表例が道東森の恵み号。本日インスタグラムで動向について知り、旭川へ廃車回送されたものと思...

  • 釧路管内で営業運転を開始したH100形・デクモ

    ダイヤ改正で釧路管内でもH100形が営業運転を開始しました。今までキハ40形気動車が走っていた根室本線の新得~釧路間ですが、ダイヤ改正を機に、普通列車と快速列車全てがH100形に置き換えられました。フツーは徐々に置き換えるのが一般的ですが、一気に置き換えるというH100形の増備のハイペースぶりが伺えます。花咲線や釧網本線では既存の気動車による運行が続いています。しかし、ほとんどの列車がキハ54形での運転であり、釧...

  • 函館本線の長万部~余市間の廃止決定で活躍の場を追われるキハ201系

    今回はキハ201系について。写真右の赤ラインの列車なら札幌圏で腐るほど見かけると思いますが、左側のように青ラインの車両もあるのです。しかもパンタグラフのない気動車です。特定の列車しか入らないので、狙わないとほぼほぼ乗れない車両です。この車両は函館本線山線から札幌直通の所要時分短縮を目的に投入されましたが、山線区間の長万部~余市間の廃止が決まってしまい、キハ201系の活躍の場がなくなってしまいそうなのです...

≪前のページ≪   1ページ/32ページ   ≫次のページ≫