FC2ブログ

 ・苗穂運転所の旧扇形庫付近に留置される6月まで活躍したグリーン車たち ・「キロハ182-3」の方向幕が取り外される ・キハ183系旭山動物園号×フラノラベンダーエクスプレス ・多客臨に代走運転、6月は多忙だったノースレインボーエクスプレス ・臨時「北斗85号」運転に伴う、キハ183系の函館運輸所への返却回送列車 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:キハ183系のエントリー一覧

  • 苗穂運転所の旧扇形庫付近に留置される6月まで活躍したグリーン車たち

    9月下旬あたりから、苗穂運転所(札ナホ)構内の旧扇形庫付近に6月末まで特急「オホーツク」・特急「大雪」のグリーン車として主に使用したキロハ182形0番台、キロ182形0番台の計6両が留置されています。「オホーツク」と「大雪」の編成変更が一部を除いて今年の7月1日からでした。7月以降は、「北斗」で使用されていた車両を転用したことで老朽化した0番台のグリーン車を営業運転から撤退させました。ここでようやく、キハ183系の...

  • 「キロハ182-3」の方向幕が取り外される

    ちょうど札幌・旭川~網走間の「オホーツク」・「大雪」が編成変更を実施して1カ月が経ちました。編成変更に伴い、「サロベツ」や「北斗」から転用された車両を中心に運行されるようになったわけですが、キハ183系の平屋型グリーン車がここでお役御免となりました。先日まで「キロハ182-3」が苗穂運転所(札ナホ)の旧扇形庫付近でほかの車両と連結して留置されていました。同車は、編成変更直前の時点で既に営業運転に入っている...

  • キハ183系旭山動物園号×フラノラベンダーエクスプレス

    6月30日から8月5日まで札幌~富良野間を乗り換えなしでアクセスする「フラノラベンダーエクスプレス」が2往復の運転となります。現存するリゾート気動車2編成が連日フル稼働します。今年はクリスタルエクスプレスやノースレインボーエクスプレスが使用されていますが、昨年と一昨年の今頃は2往復のうちの1往復にキハ183系旭山動物園号が充当されていましたね。昨年は一昨年とは異なる特製のヘッドマークが装着されると同時に、引退...

  • 多客臨に代走運転、6月は多忙だったノースレインボーエクスプレス

    札幌~富良野間の臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」が6月から今年度の営業運転を開始しています。最盛期は3往復が設定されていましたが、2014年度から3往復から2往復へと変更し、それ以降は2往復の体制が続いています。2往復体制直後は需要に対応しきれず、キハ183系一般車で代走したり、クリスタルエクスプレスを使用する列車がノースレインボーエクスプレスへ変更するなど、着席サービス向上を図った措置が見られました...

  • 臨時「北斗85号」運転に伴う、キハ183系の函館運輸所への返却回送列車

    営業運転中の様子を確認することができませんでしたが、6月23日と30日・7月28日に臨時「北斗85号」が設定されています。当列車は、大宮駅6時ちょうどに出発する「はやぶさ101号」が臨時運行されることによって新函館北斗駅で札幌方面へ向かう特急列車として設定されています。23日運行終了後、苗穂運転所(札ナホ)にて夜間滞泊となりましたが、翌24日の午前中に所属先の函館運輸所(函ハコ)へ向けて車両の返却のための回送列車が...

≪前のページ≪   1ページ/54ページ   ≫次のページ≫