FC2ブログ

 ・今シーズンもお披露目が始まりました!!道の駅「あびらD51ステーション」のキハ183系スラントノーズ車 ・苗穂工場でキハ183系の解体始まる ・苗穂工場に留置中のキハ183系の中間車がいよいよ解体線へ ・昨年に引き続き、離脱車の発生が予想されるキハ183系 ・崎守埠頭に放置され続けているキハ183系初期車 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:キハ183系のエントリー一覧

  • 今シーズンもお披露目が始まりました!!道の駅「あびらD51ステーション」のキハ183系スラントノーズ車

    皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?本州方面は緊急事態宣言が発令されていた地域もあったはずです。基本的には自宅中心で期間中を過ごし、買い物などで少し外に出たぐらいでしょうか?管理者も散歩の傍ら、近場でサクラと一緒に列車を撮影したり、タイヤ交換に追われる日々でした。5月4日だけ札幌は天気が良かったので・・・ドライブの途中で道の駅「あびらD51ステーション」に寄りました。その後、”は...

  • 苗穂工場でキハ183系の解体始まる

    いよいよ今春も苗穂工場で車両の解体が始まりました。ダイヤ改正前後から苗穂工場でキハ183系の中間車が多く留置されるようになりました。大半の車両は離脱車のようで、先週から解体作業が始まっています。2枚目の写真で、荷棚?か何かの様子が確認できます。昨年と今年で特に500番台などのDML系エンジン搭載車の廃車が急速に進んでいます。実際にあと何両在籍しているかまでは把握していませんが、ハイデッカーグリーン車を含めて...

  • 苗穂工場に留置中のキハ183系の中間車がいよいよ解体線へ

    苗穂工場に数両留置されているキハ183系。中間車が多いですが、今週末にいよいよ一部車両が解体線まで移動しました。この光景をみると、今春に解体されそうです。今回は中間車が多いですね。Twitterをみていると、500番台車が解体されるようです。1986年に製造されていますから、今年で車齢35年。北海道という厳しい環境下を35年よく頑張れたな、という感じです。外装も然り、車体やさまざまな機器など、見えない部分では腐食が酷...

  • 昨年に引き続き、離脱車の発生が予想されるキハ183系

    先々週の土曜日にキハ183系が新たに3両苗穂工場に入場したような様子が伺えました。おそらく、その前日の金曜日の夕方に苗穂工場に入場したのかもしれませんね。車番は「キハ182-509」、「キハ182-510」、「キハ183-4558」でした。外装もボロボロ、、、。こちらは、おそらく冬から置かれている先頭車。長らく動きがないので、こちらも戦力外通告を受けたのかもしれません。車番は「キハ183-8564」でした。旧「北斗」用の機関換装車...

  • 崎守埠頭に放置され続けているキハ183系初期車

    先日室蘭方面に行った際、およそ1年ぶりに崎守埠頭に寄ってきました。相変わらず、キハ183系初期車が柵に囲われた状態で放置されていました。行き先もなく、解体されることなく、365日潮風を受け続ける日々、、、。昨年よりも車体の劣化が進んでいました。ちなみに、先日訪問したところ、崎守市街寄りが新たに土砂堆積場になっており、重機や大型ダンプが出入りしていました。柵などはありませんが、関係者及び関係車両以外の立入...

≪前のページ≪   1ページ/61ページ   ≫次のページ≫