FC2ブログ

 ・ブルーシートで冬囲いされたキハ183系国鉄色復元車 ・今冬も長い冬眠に入ったクリスタルエクスプレス ・新苗穂駅前にキハ183系7両が留置 ・キハ183系スラントノーズ車の国鉄色復元車現る!! ・キハ183系5000番台ニセコエクスプレスのラストランから1年 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:キハ183系のエントリー一覧

  • ブルーシートで冬囲いされたキハ183系国鉄色復元車

    先日、久しぶりに苗穂工場敷地内にある鉄道技術館の一般開放に行ってきました。施設内見学のほかにも、目的はこれです。キハ183系の国鉄色復元車2両が冬を前にブルーシートに覆われました。先頭部分が向かい合わせで置かれているようです。今年の1月1日からおよそ3カ月にわたって、北海道の安平町(あびらちょう)でキハ183系スラントノーズ車を保存すべく、北海道鉄道観光資源研究会が主催のクラウドファンディング『北海道・鉄道...

  • 今冬も長い冬眠に入ったクリスタルエクスプレス

    北海道も厳冬期が近づき、冬期の多客臨の設定の予定がないクリスタルエクスプレスは、それを前に苗穂運転所(札ナホ)の旧扇形庫付近で冬眠に入りました。近年は毎冬留置される恒例の場所ですね。しかし、この写真おかしいと思いませんか?1枚目の写真は12月に入ってから撮影したものです。今年の札幌は12月上旬にも関わらず、雪が積もっていません。記事作成中の現在は雪ではなく、雨が降っています。このようなことがあるんです...

  • 新苗穂駅前にキハ183系7両が留置

    新苗穂駅移転開業後に、キハ183系の一部車両が自由通路のほぼ真下から苗穂運転所(札ナホ)方面へ向かって7両が留置されるようになりました。夜間のため、新苗穂駅ホームからの撮影です。新苗穂駅4番線側から真向いにキハ183系が7両留置されています。画質は乱れていますが、1両ずつ見ていきましょう。新駅舎側及び自由通路側から「キハ182-404」「キハ182-413」「キハ183-405」「キハ183-406」「キハ182-405」「キハ182-406」と「...

  • キハ183系スラントノーズ車の国鉄色復元車現る!!

    先日、苗穂工場敷地内でキハ183系スラントノーズ車の国鉄色復元車の姿が確認されました。これが実際の写真です。車番は「キハ183-220」でした。今年3月まで札幌・旭川~網走間を走行する「オホーツク」や「大雪」で活躍し、3月30日付で廃車となりました。今回取り上げている国鉄色復元車は来年4月に安平町で保存される予定です。当ブログでも何度も紹介しましたが、1月1日から3カ月弱にわたって、北海道の安平町(あびらちょう)で...

  • キハ183系5000番台ニセコエクスプレスのラストランから1年

    昨年の2017年10月29日といえば、北海道で4番目のリゾート気動車「ニセコエクスプレス」のラストランの初日でした。本当の営業運転撤退の日ではありませんが、営業運転を終了する催しから1年。時間の流れは本当に早く、昨日のことのように思い出します。ラストランは小樽駅で撮影しました。完全ではありませんでしたが、外装が極力登場当時のものに戻されました。前照灯の間にある愛称表示器が久々に登場時の「Niseko」の文字を掲出...

≪前のページ≪   1ページ/55ページ   ≫次のページ≫