fc2ブログ

 ・札幌〜釧路間の特急「おおぞら」の運用 ・オールキハ261系化・基本4両編成で再出発した特急「おおぞら」 ・【2022年3月12日(土)ダイヤ改正レポートその10】札幌~函館間の特急「北斗」 ・【2022年3月12日(土)ダイヤ改正レポートその5】一部列車で時刻修正が実施される特急「とかち」 ・【2022年3月12日(土)ダイヤ改正レポートその4】一部列車で時刻変更を実施する特急「すずらん」 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:特急列車のエントリー一覧

  • 札幌〜釧路間の特急「おおぞら」の運用

    今回は札幌〜釧路間で運行している特急「おおぞら」の運用について紹介していきます。今年3月ダイヤ改正以降、全ての列車がキハ261系による運行となりました。運用は引き続き、札幌運転所(札サウ)所属車と釧路運輸車両所(釧クシ)所属車で分かれています。札幌車は、2020年3月からキハ261系化された3往復が該当します。札幌駅へ車両を送り込む際、平日限定で「ホームライナー」の運転もあります。車両は特急「とかち」と共通で使用...

  • オールキハ261系化・基本4両編成で再出発した特急「おおぞら」

    6往復全てがキハ261系化された特急「おおぞら」。ダイヤ改正から数日が経過し、新たな運行体系もわかってきました。ここ数日の特急「おおぞら」を撮影しました。どの列車もキハ261系になりました。ダイヤ改正以降、従来のキハ283系の3往復については、釧路運輸車両所(釧クシ)所属の車両が充当され、従来からキハ261系だった3往復については、札幌運転所(札サウ)所属の車両が充当されています。釧路車は昨年から営業運転を開始...

  • 【2022年3月12日(土)ダイヤ改正レポートその10】札幌~函館間の特急「北斗」

    ダイヤ改正以降の特急「北斗」について見ていきましょう。3月のダイヤ改正では、新函館北斗駅で北海道新幹線との接続改善が図られます。従来より要望が多かった接続時分の短縮です。これは主に在来線側、特急「北斗」で時刻を修正することで接続時分が改善されています。これによって、特急「北斗6号」、特急「北斗8号」、特急「北斗10号」、特急「北斗20号」で現行よりも12分~14分接続時分が短縮され、特急「北斗6号」を除いて概...

  • 【2022年3月12日(土)ダイヤ改正レポートその5】一部列車で時刻修正が実施される特急「とかち」

    3月のダイヤ改正レポートです。札幌~帯広間の特急「とかち」について。札幌~釧路間で運行する特急「おおぞら」で、一部列車で時刻修正が実施されていることにより、特急「とかち」も上下2本で時刻修正が実施されています。微々たるもので、大きく影響するわけではありません。以下のとおりです。スマートフォンで閲覧の際は、スマートフォン版での閲覧をお願いします。【札幌➡帯広】列車名運行時刻所要時間特急「とかち1号」札幌...

  • 【2022年3月12日(土)ダイヤ改正レポートその4】一部列車で時刻変更を実施する特急「すずらん」

    3月ダイヤ改正以降の特急「すずらん」についてです。昨年3月のダイヤ改正で、新型コロナウィルス感染症の影響によって、利用が大幅に落ち込んでいた特急「北斗24号」が廃止されたことにより、特急「北斗22号」の札幌駅発車時刻を従来の特急「すずらん10号」の時刻に繰り下げ、特急「すずらん10号」は新たに19時台に札幌駅を出発するダイヤになりました。今回は大幅な変更はありませんが、一部列車で運行時刻が繰り下げられています...

≪前のページ≪   1ページ/21ページ   ≫次のページ≫