fc2ブログ

 ・小樽方面にも乗り入れるようになった特別快速「エアポート」 ・全ての快速列車が停車するようになった桑園駅(S02) ・日中毎時6本運転へ!区間快速タイプを新設した「エアポート」 ・2024年3月16日ダイヤ改正情報その13:停車駅が増える快速「ニセコライナー」 ・2024年3月16日ダイヤ改正情報その9:日中の時間帯は1時間あたり6本に増強する「エアポート」 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

カテゴリ:快速列車のエントリー一覧

  • 小樽方面にも乗り入れるようになった特別快速「エアポート」

    ダイヤ改正を機に、日中の時間帯にも設定されるようになった特別快速「エアポート」。一部を除いて小樽駅発着となっており、札幌〜小樽間においても初めての入線となっています。いまだ慣れないエアポートの号数表示。ダイヤ改正以降は列車番号の下2桁と号数が同じになっていることぐらいで、以前のように、時間帯によってわかりやすい号数表示が振られている運行体系ではなくなりました。日中の小樽駅では、17分、33分、53分が札...

  • 全ての快速列車が停車するようになった桑園駅(S02)

    ダイヤ改正より、札幌駅の1つ隣の桑園駅に快速列車の全てが停車するようになりました。普通列車自体の本数が削減されましたが、特別快速「エアポート」、快速「エアポート」、快速「ニセコライナー」の計45本が新たに停車するようになりました。これにより、小樽方面の快速列車と学園都市線との乗り換え駅も桑園駅となります。従来は快速列車が通過していたので札幌駅でしか乗り換えできませんでしたが、これにより45本中27本で従...

  • 日中毎時6本運転へ!区間快速タイプを新設した「エアポート」

    本日はダイヤ改正日!日本全国で最も大きな話題といえば、北陸新幹線の敦賀延伸ですよね。昨日をもって、特急「サンダーバード」と特急「しらさぎ」の金沢駅乗り入れも終了し、北陸の鉄道の話題が絶えません。北海道でも大規模なダイヤ改正が実施され、その中でもダイヤ上で特急よりも優先度が高い小樽〜札幌〜新千歳空港間の「エアポート」の日中毎時6本運転がスタートしました。2020年3月のダイヤ改正で従来の毎時4本運転から5本...

  • 2024年3月16日ダイヤ改正情報その13:停車駅が増える快速「ニセコライナー」

    今回は、札幌と倶知安方面を結ぶ快速「ニセコライナー」について。朝と夕方に1往復設定されている倶知安方面直通の快速列車です。現在はキハ201系のみが使用されています。以前はキハ150形による列車も設定され、日中の時間帯にも運行されていましたが、現在は廃止されています。快速「ニセコライナー」は、ダイヤ改正を機に、前回紹介した桑園駅停車拡大に加え、手稲〜小樽間についても各駅停車化されます。これにより、快速列車...

  • 2024年3月16日ダイヤ改正情報その9:日中の時間帯は1時間あたり6本に増強する「エアポート」

    少し空いてしまいましたが、ダイヤ改正情報です。今回は小樽・札幌〜新千歳空港間の「エアポート」について。今回のダイヤ改正では、日中の時間帯に毎時6本運転に増強します。これに合わせて、従来の快速タイプのほかに、区間快速タイプと特別快速タイプの計3種類での運行となります。日中毎時6本運転の際の区分の詳細は以下のとおりです。・特別快速:日中毎時1本運転。一部を除いて小樽発着となり、北広島、恵庭、千歳は通過。・...

≪前のページ≪   1ページ/6ページ   ≫次のページ≫