fc2ブログ

 ・石北本線で使用予定のキハ283系に沿線自治体にまつわるラッピングを実施 ・"HET183"から"FURICO283"へ〜2023年春、キハ283系が石北へ ・残るキロ282形の解体が始まる ・一部は「一休車」扱いとなっている苗穂のキハ283系 ・札幌〜岩見沢間で実施されているキハ283系の試運転 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:キハ283系のエントリー一覧

  • 石北本線で使用予定のキハ283系に沿線自治体にまつわるラッピングを実施

    ダイヤ改正資料も発表され、来年3月から石北本線で使用されることになったキハ283系。先日、沿線自治体にまつわるラッピングを実施することも発表されました。ラッピングは全部で8種類あり、沿線自治体それぞれのデザインが7種類、特別デザインのものが1種類あります。先頭車は11両有し、左右で違う種類のラッピングを貼ります。これにより、ラッピングの枚数は22枚になります。沿線自治体それぞれのデザインのものを3枚ずつ貼って...

  • "HET183"から"FURICO283"へ〜2023年春、キハ283系が石北へ

    苗穂運転所(札ナホ)転属となっているキハ283系。長らくその動向が注目されていましたが、今年7月に正式に発表されたとおり、キハ183系を置き換えるべく、石北特急に転用されることになりました。時期は2023年春。来年3月のダイヤ改正を機に、置き換えられることになるでしょう。今現在でわかっていることは、比較的製造年が新しい残っている25両を継続使用します。特急「おおぞら」ではグリーン車も4両残っていましたが、既に廃車...

  • 残るキロ282形の解体が始まる

    まだ解体されずに残っていたキロ282形の2両ですが、今週に入ってそのうちの1両が苗穂工場で解体作業が始まっています。後日お伝えしようと思いますが、正式にキハ283系が転用されることが決まりました。一方でグリーン車が廃車・解体になりました。現時点では転用が決まったにしても普通車による運行しかできません。昨今、往路は苗穂〜岩見沢間、復路は岩見沢〜札幌間でキハ283系が試運転を実施しています。おそらく所定の編成が...

  • 一部は「一休車」扱いとなっている苗穂のキハ283系

    札幌〜岩見沢間で試運転の動きが見られるキハ283系。先日まで一部車両は苗穂駅に繋がる自由通路からその様子を間近で確認することができました。雨の日に撮影したので、一部分が霞んで見えます。申し訳ありません。よくよく車両を観察すると・・・「一休車」の表示が確認されます。一部車両は休車扱いとなっているようです。この「一休車」とは、国鉄時代からの表記で、当分使用予定がない車両等を再度走らせることを前提に休車と...

  • 札幌〜岩見沢間で実施されているキハ283系の試運転

    昨今、札幌〜岩見沢間でキハ283系が試運転を実施しています。厳密には、往路は苗穂〜岩見沢、復路は岩見沢〜札幌です。本日から試運転幕を表示して運行していたので、題名も「試運転」と紹介させていただきます。写真はネタになってしまったので、後日SNSの方で紹介したいと思います。昨今の札幌〜岩見沢往復のほか、先日は同じ4両編成で旭川運転所(旭アサ)へ回送されています。編成は写真と同じように、旭川方にキハ282形0番台を...

≪前のページ≪   1ページ/31ページ   ≫次のページ≫