・現行「スーパーおおぞら」の札幌車7両編成もまもなく見納め ・キハ283系の簡易運転台 ・キハ283系で側窓ポリカーボネート板の更新を実施 ・数年ぶりに復活!!9両編成のキハ283系「スーパーおおぞら」 ・FURICO283と化け物気動車が営業運転開始から20年 ▼もっと見る

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

カテゴリ:キハ283系のエントリー一覧

  • 現行「スーパーおおぞら」の札幌車7両編成もまもなく見納め

    ダイヤ改正を控え、世間はキハ183系初期車や「北斗」の定期列車運行終了などの話題が盛りだくさんですが、札幌と釧路を結ぶ「スーパーおおぞら」についても、現行の札幌車の7両編成が見納めとなります。「スーパーおおぞら」で使用するキハ283系は、札幌運転所(札サウ)所属車(以下、札幌車)と釧路運輸車両所(釧クシ)所属車(以下、釧路車)に分かれます。主に車番が偶数の車両が札幌車、奇数の車両が釧路車になります。基本...

  • キハ283系の簡易運転台

    先日の札幌運転所(札サウ)から苗穂工場への試1191レでキハ283系の中間車が輸送されました。見慣れた光景だったので、残念ながら車番は控えていません。ですが、当ブログでは過去に取り上げたことはなかったと記憶しているので撮影してみました。2000番台のうちのいずれかだと思われます。中間車には3000番台も存在しており、2000番台と同一の車体構造となっていますが、簡易運転台は準備工事となっていますね。前回掲載した記事...

  • キハ283系で側窓ポリカーボネート板の更新を実施

    先日、キハ283系を見かけた際、何か違和感があったので様子を見てきました。今回確認した当該車両は釧路運輸車両所(釧クシ)に所属する「キロ282-5」です。何か違和感がありませんか?管理者が注目したのが側窓です。よくよく見たらブラックアウト加工が新たに施されています。他の車両を確認すべく、札幌運転所(札サウ)所属の「キロ282-6」も確認しました。こちらは違和感なく、側窓にブラックアウト加工が施されていませんで...

  • 数年ぶりに復活!!9両編成のキハ283系「スーパーおおぞら」

    5月22日の特急「スーパーおおぞら3号」から4日間、一部の「スーパーおおぞら」で9両編成を確認することができました。いろいろと情報を探していると、おそらく5月25日の特急「スーパーおおぞら10号」が最後だったと思われ、数年ぶりに9両編成での運転が確認されました。様子を確認することができたのでお伝えします。写真は全て5月24日に撮影しています。札幌駅5番線の電光掲示板を確認していみると、当日の特急「スーパーおおぞら...

  • FURICO283と化け物気動車が営業運転開始から20年

    北海道では、3月で営業運転開始から20年を経過した気動車が2形式存在します。<キハ283系>まずはキハ283系です。試作車は1995年に製造されていますが、さまざまな走行試験を経て営業運転を開始したのは1997年3月22日のダイヤ改正からです。札幌~釧路間の「スーパーおおぞら」3往復で営業運転を開始しました。運行開始当初は最速列車が3時間40分(2号)で運行されていました。その後、早々とキハ281系から製造を移行したこともあ...

≪前のページ≪   1ページ/26ページ   ≫次のページ≫