fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

札幌駅の電光掲示板に小樽着快速「エアポート」のみ(終着 小樽)と表示される理由は

長々とした題名ですが、1年ぐらい前からでしょうか、快速「エアポート」の小樽行き列車のみ、「終着 小樽」と表示されるようになりました。

fverergrferg3erf3werfw3fw2fewfwefwefwefwefwef.jpg

札幌駅ホームにある電光掲示板は、写真のように一番上に次の発着する列車名と行き先、2段目にその列車の詳細や停車駅などが表示されるようになっています。

但し例外もあり、一番上の段が「回送」の場合は、2段目に列車名と行き先、3段目にその列車の詳細や停車駅が表示されることになります。

この札幌駅の電光掲示板で小樽行きの快速「エアポート」のみ、写真のように(終着 小樽)と表示されるようになっています。

逆に新千歳空港行きや他の特急列車、「いしかりライナー」などには見られず、小樽行きの快速「エアポート」のみ見られる表示です。なぜこのようになっているのかが不思議でなりません。

考えられる理由としては、利用客の乗り間違いを防ぐためです。「エアポート」(Airport)は英語で空港という意味です。そういった名前の列車であれば、空港に行けるものだと勘違いしてしまう場合があると思います。札幌以遠で快速「エアポート」を名乗るのは小樽発着の場合のみです。

観光客だと札幌圏の地理がわからないという方もいると思います。そういった利用客のために表示しているのではないかと思います。過去に乗り間違えた例がいくつもあったという可能性が高いのではないでしょうか。外国人観光客であれば、ローマ字表記がされていてもなおさらだと思います。

JR東日本では、成田空港へアクセスする快速「エアポート成田」という列車があります。「エアポート成田」を名乗るのは成田空港へ向かう下りのみで、成田空港発は単なる快速列車として運行されています。おそらく、空港へ向かう列車というのを名称で分けてわかりやすいようにしているのではないでしょうか。

「エアポート成田」からすると、工夫点が不足していると思いますが、少しでもわかりやすく表示してくれた方が利用する側にとっては有難いですね。

P1240418fd.jpg













↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2312:承認待ちコメント by on 2014/04/12 at 00:08:19

このコメントは管理者の承認待ちです

2313: by 管理人 on 2014/04/12 at 14:16:02

>>2014/04/12 at 00:08:19にコメントをくださった方へ

初めまして。

日本国土でいったら、函館寄りが南かと思いますが、地図上では南は下なので、小樽駅よりも南側にある駅ということで南小樽というのは間違っていないような気がします。

要は小樽市や小樽駅から見て南の方角(地図では下側)に位置するので、南小樽ではないでしょうか。

現在の小樽駅と共に過去に何度か駅名を変更しています。小樽市街の中心と勘違いする利用者が多かったため、現在の南小樽駅という名称となっているようです。そのほかにも、周辺所在地の入船という駅名にする計画もあったようですが、反対する地元住民等もいたようで、現在の駅名となっているようです。


今回は一部記事内容と逸れるので、公開は見合わせていただきます。

長文失礼しました。

▼このエントリーにコメントを残す