FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

快速「エアポート」は現状のままで十分!!

札幌圏の鉄道において、快速「エアポート」は普通列車以上に利便性の高い列車であり、利用者数も多い列車です。いかなる特急列車が走行しようと、先行して快速「エアポート」が走行していようが、札幌圏では快速「エアポート」のダイヤが中心となって他列車が設定されていると言っても過言ではありません。

3月のダイヤ改正で旭川発着の「スーパーカムイ/エアポート」が廃止され、札幌駅で系統分離されたことで3ドア6両編成に車両が統一されたことで混雑緩和などの利便性が向上しました。それに伴ってダイヤも変更されましたが、これに伴って格上の特急列車のダイヤも小規模ながら変更されており、札幌~新千歳空港間は快速「エアポート」が主軸となっていることは間違いありません。

空港アクセスのみならず、地域住民の移動手段としても幅広く利用されていることも魅力の1つであり、普通列車以上に身近な列車と言えます。

そんな快速「エアポート」にゴールデンウィーク後に報道があり、来年春から新千歳空港に発着する航空機の発着枠が3割増え、利用客の増加が見込まれている中で、快速「エアポート」の在り方について記事にされていました。

少なくとも、来春に特急「サロベツ」と特急「オホーツク」の減便や運行区間の縮小などが盛り込まれた変更があるので、ダイヤ改正は実施すると思われますが、新千歳空港の航空機発着枠拡大に伴う、快速「エアポート」の増便などはしない方向で現在市進められているようです。

その後、JR側が前向きな姿勢を見せるものの、個人的にはかなり無理な要望だと思っています。

まずはJR側からの回答として、快速「エアポート」を増備する場合は車両を新たに新造しなければならないことやシステムの改修などを実施する必要があり、経営難の状況の中で実施することが難しい状況にあると思います。

さらに、運行経路となる千歳線では、普通列車、快速列車、特急列車、貨物列車が頻繁に行き交い、現状よりも列車の本数を増やすことが困難です。現在でも貨物列車の存在が旅客列車の足かせとなっていることは言うまでもなく、東京方面に向かう上りの貨物列車は、札幌貨物ターミナル駅を出ると、千歳線の下り線を一度渡ってから同線の上り線へ渡るので、場合によっては同線の札幌方面からくる列車と、札幌方面に向かう列車が一時的に制限が発生し、その後、遅れが発生しやすく、後続の列車にも影響する場合が多々あります。新札幌駅前後で信号機の関係でトロトロ運転が実施される理由の一部がこれに当てはまると思います。

報道では、これを立体交差化して旅客列車への影響を減らすような内容も記載されていますが、信号のシステムの改修も合わせて実施する必要があり、数十億円の費用が見込まれています。現状のJR北海道の経営難の状態からすると、とても現実的ではありません。

さらに、新千歳空港駅では、2面1線構造となっており、現状の運用からすると、これ以上の増発は困難と言わざるを得ません。南千歳駅~新千歳空港駅間の連絡線も単線となっています。さらに、新千歳空港駅では6両編成対応のホームなので、現在の快速「エアポート」を増結対応することも難しいです。このように、現状のままの設備で列車を増発させることはほぼ不可能です。

列車の増発が不可能というのはゼロではありませんが、現状の設備ゆえ、高頻度な折り返し運転が実施されることへの遅延対策が必要となってきます。万が一、列車で遅れが発生した場合、現在よりも本数が増えたとするなら、前後の列車にも間違いなく影響してきます。現在でもそのような傾向があり、列車を増発した時点で、間違いなく向き合う問題となるわけですから、新たな問題をつくって世間やマスコミにギャーギャー騒がれるよりは、現状を維持していた方が無難に思います。

何といっても、データイム15分間隔という現在でもわかりやすいダイヤで運行しているので、このわかりやすい・認識されやすいパターンダイヤを崩してまでそうした措置をとる必要があるのか疑問に思います。個人的には、利便性の高い輸送体系を維持した方が新たな問題を生まずに済むので、現状維持が望ましいと考えています。JR側も何も対策をしているわけではなく、3月のダイヤ改正で旭川発着列車を廃止し、札幌駅で系統分離する体系に見直し、3ドア6両編成の車両に統一したことで1割ほど輸送力増強を図っています。

函館まで新幹線開業すると、莫大な経済効果を生むような報道内容やコラムを何度も見ましたが、実際に開業してみて莫大な経済効果はありましたか??

鉄道輸送は大幅に前年比を向上し、「スーパー北斗」系も利用者増になったようですが、当初の予定からだと下向きではないでしょうか??

毎回こうした流れで世間が・マスコミが騒ぎますが、結果としては現状の措置のままで十分だったというケースも多いのではないでしょうか。新千歳空港に3割の発着枠が増加するからといって、必ずしも利用増になるというのでしょうか??

個人的には、初年度ぐらいは様子を見て改善措置が必要であれば、徐々に見直していく方法の方が無難に思います。資金難ゆえ、現状の設備の更新等は遠まわしの表現でできないと言っているようなものなので、それであれば、快速「エアポート」の充当車両を定員数の多い733系に統一するなど、現状の設備でも輸送力が確保できるような体制が一番望ましいのではないでしょうか。

報道に記載されていた輸送力が増強されなければ足かせになり、「観光客の印象を悪くする」というのは、何も考えていない口だけのようなものであり、気にする必要は全くありません。

輸送力増強を実施したいのであれば、全てJRに一任するのではなく、資金を提供するなどの措置を実施してもらいたいです。列車の運行区間縮小や減便などで沿線自治体から不満が相次いでいますが、JRに依存するのではなく、協力や提供してはどうですか。今回の件もこのままでは何も進展しません。

口ばかりの自治体や団体は、相手にしない方がいいですね。


P1470110cde.jpg









↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4775: by ナナッシー on 2016/05/29 at 13:32:40

こんにちは
今のダイヤでもよく詰まっているのにこれを1時間あたり5本にするとか無理難題です。
個人的には20時以降の札幌発の快速エアポートを増発すればそれで充分だと思います。
快速エアポートは空港客よりも沿線住民の方がよく利用されていますね。

4776: by バターロール on 2016/05/29 at 14:40:15

個人的には、エアポートの増発よりは普通列車の増発や編成増強をしてほしいですね。特に先のダイヤ改正で17時台の上りの普通が2本しかなくなったのはけっこう不便です。毎時間帯3両でもいいから確実に4本設定してくれた方が嬉しいです。

ただ、エアポートが慢性的に混雑しているのは事実です。今すぐできることといえば733系に統一だと思います。しばらく様子を見て状況がひどいようであれば少しずつ改善していけばいい話です

4777: by すずらん1号 on 2016/05/29 at 17:24:16

増発云々よりも、今日みたいに信号関係故障で運休とか、車両不具合で運休ということがないようにしてほしいです。天災は防ぎようがありませんが、人災みたいなものですからね・・・



4778:混雑解消の考察 by mitaka on 2016/05/29 at 18:19:35

確かに大きな投資は難しいですね。
以前、東京の中央線沿線に住んでいましたが、昼間の利用者は快速と緩行電車を上手く使い分けていました。中央線快速の方が混んでいますが、通学生徒たちは空いている総武線直通緩行を利用する傾向が強くなっています。

千歳線利用者に関して、特に北広島駅で利用者が快速に集中しているのが理解できません。新千歳空港で満員になっている札幌駅行きエアポートが北広島に到着すると、座席に余裕のある普通列車から、高齢者を含めて大勢乗り換えて混雑が増します。中央線では緩行電車に座れた乗客は、快速に無理して乗り換えない傾向が強まっています。

対策としては札幌と南千歳の間で特急自由席を格安で開放させて、空港利用客の一部を誘導してはどうでしょうか。南千歳の乗り換えになりますが、北広島での混雑を見たくない常連客は多くなっていると思われるので、結構需要があるはずです。座席に座っていても立客のため息や座れなかった子供の文句を聞き続けるのは愉快ではありません。

4779:全く同感です! by レイルサイドたわし on 2016/05/29 at 18:42:47

的確な問題提起やリポートをいつもありがとうございます。

記事の内容について全くその通りだと思います。実際に積み残し発生等の問題が出ていないにもかかわらず、安易に現状を変更することは更なる混乱を生む原因です。旅客輸送も大切ですが、それ以上に重要なのが貨物輸送です。様々な物資を安全に定期的に輸送してくれるからこそ我々の生活が成り立っている訳で、鉄道にだけ負担を背負わせるような昨今の風潮や報道はいかがなものかと思います。

特急の区間短縮問題についても、列車自体を廃止するわけではなく何ら問題ありません。乗換が負担と言うならば同一ホームでの移動など少しの工夫をすればよいだけです。「鉄道がなければ地域が衰退する」なんて理論は口だけだして提案や負担をしない地域のエゴ以外の何物でもありません。苦情や批判はするが応援はしない、では何も変わりません。

鉄道や交通に関する問題は特に「点でなく面で考える」必要があるかと思っています。

4780: by 道南出身の北大生 on 2016/05/29 at 20:06:36

 こんにちは。
 最近、エアポート見ていると、733系ばかりで721系あまり見かけなくなったなと感じています。721系の使用はなるべく避けているのでしょうか?
 仮に、南千歳の駅がそのまま千歳空港のままだったら、千歳止まりの普通を延長したり、短距離利用の特急割引的なシステムでも作れば輸送力の足しにできたりしたかもしれませんが…空港ターミナルまで距離があるから鉄道の利用増になっているかは微妙ですからね。
 空港駅の乗降客が28000人/日で大半が札幌まで行くと仮定した場合、運賃1000円としても2800万円/日がJRに入ってくることになります。現状通勤通学利用増がほぼ頭打ちになっている状況で空港客は増収が期待できる数少ない要素ですが、JRとしては北海道新幹線やローカル線の整理等で下手な行動はできないのでしょうね。

4781: by オクハテ510 on 2016/05/29 at 22:25:02

増結は設備的に困難と思われるので、二つ対策を考えました。

① 混雑時の10分間各運転
 メリット:現有設備で対応可
 問題事項:千歳線線路容量的に普通列車の削減を伴い、通過駅はより不便になる。

② 緩急接続を北広島から島松に変更。
 メリット:北広島で各駅に接続できなくなることで3両でもガラガラな各駅停車へ利用者分散を図る。
 デメリット:北広島以南の快速通過駅から札幌への到達時間が延びる。 

いずれも快速通過駅に不便を強いることが懸念になります。

4785:全くその通り! by ピカチュウの休日倶楽部 on 2016/05/30 at 14:24:07

口だけで金を出さない。

全くその通りですね。

とは言え6両では役立たず。

もう1両位は、何とかならんかとも思いますが…。

とは言え、エアポートの客は単価が安いから、投資も慎重にならざるえないのでしょうね。

話題から逸れますが、オホーツクとサロベツの概要がマスコミ発表されましたね。

私はグリーン車大好き人間なので、オホーツク接続便だけでも良いから、カムイにグリーンが欲しいと思うのですが…、無理かな。

4787: by フッチー on 2016/05/30 at 21:54:49 (コメント編集)

この記事を見て私も管理人さんに同意します。
jrを叩くマスコミは全く信用していません。
むしろそれに釣られ叩くアホは哀れなやつだと思います。
やっぱりマスコミはマスゴミですね。

4788: by KS on 2016/05/31 at 21:12:48

私もその通りだと思います。
何で航空機が増便するからといってJRもそれに併せて増発しなければならないのでしょうか。

しかも増発しない方針と知ればここぞとばかりに批判するしょうもない北海道新聞。

あんな新聞社が北海道の代表だと思うと道民として腹立たしいです。

4789: by 宗谷 on 2016/05/31 at 23:49:26

仰る通り今の段階では増便等する必要はないでしょうね。莫大な費用をかけて効果がなければ余計JRは悲惨なことになります。実際に需要が上がり、要望が強くなってからで大丈夫かと。

メディアも自治体もJR北海道だから何を言ってもいいと思っているのでしょう。特にメディアはJR側のトラブルと不可抗力なトラブルを混合し、トラブルは全てJRが悪いかのように報道しているのが腹立たしく感じます。先月の八雲の倒木や今回の人身事故までJRが悪いかのように報道をしていたテレビ局(UHB等)がおり唖然としました。(倒木は多少責任があると思いますが)

また、自治体も「利用しないし支援もしないけど維持しろ!」という態度も何だかなぁと思います。私の地元自治体もそのような態度で残念でした。自治体の財政も苦しいのは理解してますが、ただ文句を言っているだけでは何も解決しません。少々無茶な言い方ですが、本気で鉄道を残したいなら小幌駅の時の豊頃町のような行動が必要かと思います。

今何をすべきなのかをJR、国、道、自治体は真剣に考えて、お互いに協力しなければ北海道は衰退するばかりだと思います。

長文、乱文失礼しました。

4793: by 管理人 on 2016/06/02 at 01:35:10

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

現状よりもデータイムの本数を増やす場合、線路設備の改善が必要です。現状の設備のままでは無理です。

詳しく調べていませんが、早朝や夜間の時間帯に発着枠が拡大されるのであれば、設定が可能な場合もあります。

ですが、報道内容はデータイムの本数増加についての内容だと思われます。地域住民の足としてもバランスのよいダイヤが組まれているので、これを崩してまで増発する必要があるのか疑問です。

4796: by 管理人 on 2016/06/03 at 20:54:06

>>「バターロール」さん、コメントありがとうございます。

普通列車の本数は減りましたが、6両編成で運行する列車が増えて混雑緩和という点では改善されていると思います。

現在の経営状況からみて、即対応することは難しいので、徐々に改善する方向で調整した方が無難だと思います。

4797: by 管理人 on 2016/06/03 at 20:57:48

>>「すずらん1号」さん、コメントありがとうございます。

連日輸送障害が続いていましたが、こればかりは仕方ないことだと思います。

常に定時運行に努めてほしいことは言うまでもありませんね。

エアポートの時刻も変更されたことで、遅延などは減っていると思いますよ。

4798: by 管理人 on 2016/06/03 at 21:09:16

>>「mitaka」さん、コメントありがとうございます。

JRを使用することはもちろん多いですが、普通列車を敬遠している傾向があります。

普通列車の方が主要駅に先に到着するダイヤでも後続の快速を利用したりする光景が一般的です。ほとんどの方が快速が停車しない駅への利用を除き、快速列車を利用していると思います。

札幌圏で使い分けは、停車駅によってという意味が強いと思います。または早く目的地に到着できるということぐらいです。

空席が目立つ特急列車もあるので、乗り換えという手間はありますが、空席の有効活用及び上乗せされる乗車料金で特急列車を有効活用する方法もアリかもしれませんね。

4799: by 管理人 on 2016/06/03 at 21:21:35

>>「レイルサイドたわし」さん、コメントありがとうございます。

北海道新幹線開業もそうですが、予定段階から増便を強いるような方法やJRに全て一任するようなやり方では、上手く旅客輸送を実施できるはずがありません。

鉄道のみならず、バスや航空機などの他の公共交通機関にも同じことが言えます。

経営状況が厳しく、現状の設備ではこれ以上の増発が困難なことは日頃乗車していれば理解できます。無理に増発しても新たな問題を生み、さらなる要求が生まれます。

現状のまま発着枠拡大措置を迎え、改善が必要であれば徐々に実施していく方法が望ましいと思います。

4800: by 管理人 on 2016/06/03 at 21:30:30

>>「道南出身の北大生」さん、コメントありがとうございます。

721系も頻繁に確認します。空港アクセスが主だと思いますが、地域住民の足としての機能も重要です。

増収という面からも期待はできそうですが、ローカル輸送が減便という背景から、偏ったサービスが指摘されるような気がしてなりません。仰る通り、この辺りは慎重な姿勢になっていると思います。

徐々に改善していった方が無難だと思います。

4801: by 管理人 on 2016/06/03 at 22:14:45

>>「オクハテ510」さん、コメントありがとうございます。

現状の輸送体制が整っている以上、これに手を加えることでバランスが崩れます。

全体のダイヤのバランスも乱す要因ともなるこれ以上の増発は、早朝や深夜んどを除いて慎重に進めてほしいです。

充当車両を定員数の多い733系を優先的にさせるなど、その程度でいいと思います。

4803: by 管理人 on 2016/06/03 at 22:54:31

>>「ピカチュウの休日倶楽部」さん、コメントありがとうございます。

同じ6両編成でも、721系から733系に変えるだけで混雑緩和策になると思います。

徐々に改善していけばいいと思います。現状の経営状況からでは、設備の更新などは難しいでしょう。

4804: by 管理人 on 2016/06/03 at 23:00:53

>>「フッチー」さん、コメントありがとうございます。

新聞社が叩いているのか、旅客輸送関連の関係者が叩いているのかよくわかりませんが、以前から取材している内容も含めて現状では厳しいということが記事を作成する以前から理解できていなかったのかが疑問です。

もう少し中身のある記事を作成してほしいです。

4805: by 管理人 on 2016/06/03 at 23:06:13

>>「KS」さん、コメントありがとうございます。

発着枠拡大は利便性は向上しますが、必ずしも利用客増にはならないと思います。

徐々に改善していくのがいいと思います。報道機関に流されてはいけませんね。

4807: by 管理人 on 2016/06/03 at 23:33:29

>>「宗谷」さん、コメントありがとうございます。

改善が必要な箇所があれば、徐々にしていけばいいと思います。当初から無理やりする必要はありません。

こうした出来事は全て口ばかりで支援する様子はありません。JRに強い要望を出すのであれば、それ相応の支援が必要なことは言うまでもありません。

不必要だから現状維持や削減するのであって、必要であれば、自治体側などからアクションを起こして必要であることをアピールし、重ねて支援していくべきだと思います。

今回の報道内容もそうしたアクションが見られず残念です。

4811: by 龍 on 2016/06/04 at 18:20:48 (コメント編集)

快速「エアポート」の増発は、現状では不可能ですよね。千歳線は普通や快速、特急、貨物、回送と、ひっきりなしに列車が通過する過密路線です。全線複線化されているとはいえ、これ以上増発するには普通列車や貨物列車が後続の快速・特急を待避する駅が少なすぎます。旅客列車に限定すれば、待避が行われている駅は上野幌や北広島くらいでしょう。

これは千歳線だけの問題ではなく、北海道新幹線の札幌駅の位置をめぐる問題にも関連することですが、「札幌駅止まりの列車が多く効率が悪い」「札幌駅をまたいで運転される列車が、札幌駅で停車する時間が長すぎる」という指摘がありました。しかし、実際には札幌駅を出たら、小樽方面は手稲駅、岩見沢方面は江別駅まで、まともに通過待ちができる駅がありません。厳密には厚別駅や白石駅(千歳線の下りのみ)でもできますが焼け石に水で、ほとんどの列車が長時間札幌駅で待たされることには変わりありません。

また、札幌駅のホーム全てが、全ての路線に対応しているわけではありません。1〜3番線からは学園都市線に出入りできず、8番線以降からは函館本線(小樽方面)に行けません。また、1番線からは函館本線(岩見沢方面)と千歳線に入れず、反対に函館本線(岩見沢方面)や千歳線から来た列車は9番線以降に入線できません。下手に増発したり、直通列車を増やすとなると、札幌駅とその前後の配線を根本的に見直さなければならず、これでは時間もコストもかかりすぎます。

せいぜい、「いしかりライナー」の小樽〜札幌間の一部を「エアポート」に吸収して札幌止まりの「エアポート」を減らすとか、学園都市線と函館本線・千歳線の直通運転をなくして完全に分離するとか、今改正でも見られたように3両編成ずつの2列車を6両編成の1列車にまとめるか。それくらいしかできることはないと思います。

4822: by 管理人 on 2016/06/05 at 22:21:19

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

千歳線の線路容量がほぼ限界なので、これ以上の増発は不可能だと思います。増発するためには、普通列車や貨物列車の本数削減など、大きな見直しが必要となるでしょう。

JR発足当初から待避設備の少なさは問題視され、足の遅いディーゼル特急や客車の優等列車から逃げ切るために開発された車両が721系でした。

現在ではその性能に合わせられたうえで容量の限界に達しているので、普通列車や貨物列車の本数削減または地下鉄級の加減速性能を持たせた車両を投入しない限りは無理ではないでしょうか。

他にも、苗穂運転所の入出庫関連なども関係していると思われ、根本的に増発を妨げる要因となる箇所がたくさんあります。

いずれもそれら設備を変えていくことは現状では不可能なので、増発はほぼ無理だと思います。改善するとすれば、721系0番台置き換え時に快速「エアポート」用の733系を増備し、車両を統一して定員数を多くする方法ぐらいでしょうか。

5224: by シニアパートナー on 2016/10/18 at 09:54:03 (コメント編集)

快速エアポートの増発計画に関する報道が出ました。http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20161017-OYTNT50029.html

いま国は交通系インフラについて、積極的な投資予算を組んでいます。今年度も第2次補正予算を成立させ、リニア新幹線建設前倒し、整備新幹線の建設加速、空港整備促進などを織り込んでいます。

この報道もこの一環と思います。国が積極的に民間企業に投資支援を行う法改正も行いました。新千歳空港の発着枠増による利用者増加は、航空分野だけではなく、付帯輸送に眼を向けたトータルな検討と思います。

JR北海道だけに投資をさせることはなく、国が投資支援を行うはずです。(因みにリニア新幹線では、国がJR東海に3兆円の財政投融資を実行します)

技術的な問題(貨物列車対策や待避線増設等)は解決されるものと思います。

5228: by 管理人 on 2016/10/18 at 23:43:27

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

昨日、同じ記事を確認したので、当ブログでも早速記事として掲載しました。

国の手厚い支援が受けられることを期待します。台風の一連の被害にも支援を検討しているようで、どのように進めていくのか気になります。

車両の増備よりも、現有設備を増発用に改良する必要があり、利便性を損なわないで増発が実施されるといいですね。

▼このエントリーにコメントを残す