プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>

フリースペースその1

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

函館運輸所のN183系9両が苗穂運転所へ転配

3月のダイヤ改正では、キハ261系1000番台の27両が函館運輸所(函ハコ)へ転属となっていますが、動きがあるのはキハ261系だけではありません。

函館運輸所に所属するキハ183系(500番台以降)9両も特急「オホーツク」・特急「大雪」の使用に合わせて苗穂運転所へ転属となっているようです。

これは、キハ261系1000番台の転属についても記載されていたJR北海道の「車両部ニュース」2017年3月第11号で発表されています。



こちらが確認した資料になります。写真は加工して一部抜粋してあります。

話題は逸れますが、ヘッドマークデザインも記載されており、「宗谷」と「サロベツ」は宗谷地方のイラストのみのシンプルなヘッドマークデザインになったようです。

よくよく確認してみると、「SUPER SOYA」の文字が消えた分、イラストが若干大きくなっています。固定式であり、「スーパー宗谷」専用としてデビューした結果がこうなってしまいました。

列車番号とともに記載され、一番下の部分になりますが・・・


<<札幌~網走間>>

札幌~網走間2往復を「オホーツク(183系、4両)」、旭川~網走間2往復を「大雪(183系4両)」として運転します。列車番号は「オホーツク」が71D~、「大雪」が81D~となります。これに伴い函館運輸所所属のN183系9両が苗穂運転所に転配となります。



上記のような記載があります。






実は、ダイヤ改正前日の3月3日に既に動きがあったようで、函館運輸所から苗穂運転所へ向けてキハ183系(N183系)6両が回送されています。臨時「北斗91号」のスジを使って回送されたようです。

上記の2枚の写真はダイヤ改正後に撮影した写真です。函館運輸所に所属し、臨時「北斗」や集約臨として活躍していた「キハ183-406」が苗穂運転所構内で入換中でした。

500番台以降の先頭車で唯一とかち色として残存する車両なので、鉄道愛好家からも注目度の高い車両です。

過去にコメントで教えていただきましたが、3月3日に苗穂へ回送された6両とは・・・


500・1500番台
キハ183-1504キハ183-1505キハ182-512



400番台(出力適正化改造)
キハ183-406キハ182-406キハ182-413




とりあえず、これら6両がダイヤ改正前日の3日に苗穂へ回送されているようです。

既に特急「オホーツク」や特急「大雪」で定期運用に入っているようです。



参考記事:「北斗」から「オホーツク」へ!!函館からの転用車が営業運転開始(2017年3月11日更新)









当ブログではその様子を既に取り上げています。3月9日の特急「オホーツク3号」では、「キハ183-1505」や「キハ182-512」といった函館運輸所に所属していた車両が連結されていました。いずれの2両も3日に苗穂に回送されてきた車両です。

400番台車については確認していませんが、Twitterの方で確認してみると、こちらも営業運転に入っているようです。

既に苗穂へ回送された6両はいずれも定期運用で確認できるようですが、今回のダイヤ改正を機に9両が苗穂運転所へ転属となっています。残り3両を車両配置表などを通じてにらめっこしていましたが、予想があまりつかず・・・

ですが・・・


400番台(出力適正化改造)
キハ183-405キハ182-404キハ182-405



出力適正化改造を受けた400番台は6両が存在しますが、その半数がダイヤ改正後も見当たりません。残りの3両は確認されていない400番台車3両になると予想しています。

尚、9両のみの転属であれば、特急「北斗6号」及び特急「北斗19号」の1往復に使用してきたN183系のうち、500・1500番台の車両が一部残る計算になります。

実はそれらの車両がダイヤ改正以降も使用されており、3月9日の特急「北斗17号」では、N183系を使用して運行されました。また、3月15日の特急「北斗13号」にもN183系が使用されたようです。

このように、通常時使用する7550番台で車両故障などが発生した場合は、N183系で代走するような運行体系がとられていると思われ、ハイデッカーグリーン車であるキロ182形500番台を含めて、引き続き一部のN183系が函館に残留する車両配置になると思われます。


残りの3両がどの車両になるか気になります。おそらく、まだ苗穂にも回送されていないと思われます。特急「オホーツク」・特急「大雪」では連日異なる編成を楽しむことができるようで、まずは0番台が活躍する2017年度末まで続きそうです。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6008: by old_revolution on 2017/03/19 at 21:49:05

何となく悲壮感漂う車両繰り、転配ですね。会社がああいう状態なので仕方ないですけどね。。

しかし宗谷/サロベツのヘッドマークは間違いじゃなくてあれで行くとは思いませんでした。

6009: by ナナッシー on 2017/03/20 at 08:01:50

おはようございます
現にN183系はNN183系の代走に入っていますからね。
N183系がA10でNN183系がA6なので、代走時の方が車両性能が良いことになりますね(笑)
ダイヤもほぼ変わらずに走行出来るのもポイントです。

6010: by 龍 on 2017/03/20 at 20:16:17 (コメント編集)

これまで主に波動輸送用に起用されていた400番台が、優先的に苗穂へ転属したということですね。「北斗」6・19号に使われていた500・1500番台は多数が函館に残っていますが、「北斗」の代走要員ということでしょう。

キロ182形500番台も含めて残しておけば、「北斗」編成の大きな変更を避けられます。出力の低い400番台を「北斗」に極力起用しないようにしただけでなく、車両繰りが厳しい「オホーツク」や「大雪」の車両補充も兼ねていて、理にかなったやり方だと思います。

6011: by 管理人 on 2017/03/20 at 22:12:48

>>「old_revolution」さん、コメントありがとうございます。

今まで先頭車両が不足していることを当ブログでも伝え続けてきました。運用数削減と先頭車両の転属はこれほど有難いものはありません。

9両だけでもダイヤ改正前後で全然違います。実際はというと、やはり安定した輸送が目につきます。

「宗谷」と「サロベツ」はあのイラストのままのようです。固定式という構造と運用変更が17年を経て欠点となりましたね。

6012: by 管理人 on 2017/03/20 at 22:15:53

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

重要機器取替工事施行後、N183系の方が速度種別が上になっています。さらに、最高運転速度も変わらなくなったので、代走措置となっても遅延が発生せず、安定した輸送が実施されていると思います。

6013: by 管理人 on 2017/03/20 at 22:21:53

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

400番台は最高運転速度が110km/h対応だったはずです。「北斗」の代走として重宝しても、遅延が発生しやすい状況にあるため、400番台の性能でも十分に使用できる「オホーツク」・「大雪」用に回されたと思います。

400番台は苗穂車の車両不足によって昨年の1月から一定期間貸し出されていたので、そこそこ実績もあります。それぞれの列車の特性を生かし、考えられた車両繰り(転属)となっていますね。

6018:北斗もなかなかやりくりが大変でしょうね by 千葉日台 on 2017/03/21 at 23:30:33

思うにNN183は120kmでしか運転しないのであればN183とブレーキ比を合わせて連結できる改造にする方がいいような気がします。納期や金額とやりくりを天秤にかけてメリットがあれば、でしょうが。

将来的にはNN183もオホーツク系統に転用の可能性があるのであれば猶更です。

ちなみにNN183は460馬力となりましたが、石北線系統はもともとの183が使われていてキハ182でも440馬力です。

車両重量が軽くなっている事も含めて走行性能的な後戻りはないでしょうね。

6025: by 管理人 on 2017/03/22 at 13:13:11

>>「千葉日台」さん、コメントありがとうございます。

130km/h運転を実施していないので、従来車との併用も可能なように戻せばもっと融通は利きます。

重要機器取替工事施行前(減便後)と同程度の走行性能は確保しているようですが、速度種別は下がっています。日頃確認していると、速度が上がるにつれかったるさを感じるような雰囲気です。

それでも、先頭車の出力を向上させることにより、エンジン自体も軽くなっているようで、少しでもカバーできるような体制としてあったはずですよ。

▼このエントリーにコメントを残す