FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

785系NE-2編成も苗穂工場へ・・・

785系NE-2編成が苗穂工場に留置されていました。





苗穂工場敷地内の鉄道技術館の裏手に留置されていました。

どうやら、3月24日に札幌運転所(札サウ)からの試1191レで苗穂工場へ回送されてきたようです。このタイミングで苗穂工場へ運ばれるということは、NE-3編成と同様、このあと解体線に移動して解体作業が実施されると予想しています。



NE-2編成は、ダイヤ改正前日まで札幌~旭川間で「スーパーカムイ」に充当していた編成の1つでした。写真は3月2日に旭川駅で撮影したL特急「スーパーカムイ36号」です。



最終日も「スーパーカムイ」に充当されていました。最終営業列車はL特急「スーパーカムイ37号」でした。本来であれば、旭川滞泊となる運用ですが、翌日のダイヤ改正から「ライラック」が運行する時間帯の列車になるため、そのまま札幌まで回送されてきました。

写真はその札幌駅へ到着したときの様子です。管理者自身が本線を自力で走行する姿を確認したのはこれが最後でした。

NE-501編成とNE-502編成は引き続き特急「すずらん」で活躍しているようですが、NE-1編成~NE-5編成については、解体されたり、疎開されたり、行先表示器が取り外されたりして、今後定期運用に就くような雰囲気は見られません。

先に解体作業が実施されているNE-3編成と同様、まだまだ使えるような雰囲気を出していますが、登場から27年、北海道の厳しい条件下のもとで使用されてきました。機器的なものは既に限界を迎えていることでしょう。

リニューアルが施行されたのが2006年秋頃でした。リニューアルから10年しか経過していないので、少々勿体ない気がしますね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6077:期待の矢は、見る影も無く…! by ピカチュウの休日倶楽部 on 2017/03/29 at 19:31:41

改正後の785系の凋落ぶりは、見るに耐えられないですね。

北海道の期待新星も今や昔。

抜本的なテコ入れにはならず、そんな北海道の未来を暗示するかのごとく、次々と…。

私は残念ながら、乗った事が無く、そう言った点でも憧れの車両です。

すずらんで活躍してるうちに行きたいですが、千葉からだと北海道は遠いし、金もJR北海道並だし…。

6081: by 管理人 on 2017/03/29 at 22:51:44

>>「ピカチュウの休日倶楽部」さん、コメントありがとうございます。

登場から27年経過している割には、内装や外装はまだまだしっかりしていると思います。10年前にリニューアルされた影響もありますね。

30年弱経過した車両とは思えない乗り心地の良さ、快適性があります。乗車できるチャンスもあと数年だと思いますよ。

▼このエントリーにコメントを残す