FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

外妻部分が損傷した「キハ260-1308」が苗穂運転所裏手に留置

3月中旬ごろに札幌運転所(札サウ)構内で外妻部分の損傷が確認された「キハ260-1308」ですが、当該車両は現在、苗穂運転所(札ナホ)の裏手に留置されています。



苗穂運転所の裏手に足を運ぶと、在籍車両とは異なる車両が留置されているのが目につきます。新塗色化されたキハ260形1300番の増結用中間車であろう車両です。







よくよく確認すると、車体外妻部分が損傷しているのが確認できます。

3月中旬ごろ、札幌運転所で写真のような状態で留置されていたようで、数日後に試1191レにて苗穂(苗穂工場か苗穂運転所か不明)に運ばれた情報を確認しました。

それ以降、修繕作業をせずに苗穂運転所裏手に放置されている状態が続いているという流れだと思います。

営業運転時は編成の中間に連結されるため、踏切事故などが発生しても車両そのものに損傷は発生しにくいと思います。損傷部分がかなり上部であり、営業運転の最中にできたものとは考えにくいです。おそらく、札幌運転所で入換作業中に何らかのミスによってできたものではないでしょうか。

それにしても、鉄道車両の車体を歪ませるほどの損傷具合からして、かなり大きな力を加えないとこのような歪みはできないはずです。力が加えられたことで車体外妻部分から乗降扉までのスペースにくっきりと車体に力が加えられた跡も確認できます。

鉄道車両の構造そのものはわかりませんが、妻鋼体と呼ばれる部分だけが損傷していると思われ、かろうじて妻柱の部分は損傷を回避できたのではないでしょうか。妻柱が損傷すると、おそらく車両そのものが歪んでしまうため、修復が不可能で廃車となるのではないでしょうか。

資料などで少し調べてみましたが、今回は車両の重要な骨格部分への影響は少ないと思われ、いずれ修繕作業を実施したのち営業運転に復帰すると思われます。この状態から車体を修繕できるのか不明ですが、側板(側鋼体)を丸ごと新製または交換なども視野に入れる必要があるのではないでしょうか。

自分もマイカーを所有していて、トラックにぶつけられた経験がありますが、一見小さそうに見える傷も修理に出せば高額なことが多々あります。特にディーラーに持っていくと余計高くなりますね。

なので、今回の修繕費用も損傷具合に見合わない高額なものになると予想しています。

当該車両は自社で新塗色化された車両です。キハ261系1000番台は一部車両が札幌運転所から函館運輸所(函ハコ)に転出した関係で、主に「スーパーとかち」として運用する車両が少なくなっています。ゴールデンウィーク期間中など、繁忙期期間中の増結が抑制され、この影響が少なからず出る可能性があります。

いずれ復帰すると思われますが、復帰までにかなりの時間を要することは間違いないでしょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6173:入換中の事故かも by かずぴー on 2017/04/11 at 20:15:35

かつて札幌運転所構内で入換中のキハ182-9が、検車庫の門にぶつかり、同じように妻面が損傷したそうです。ネットで画像を見ましたが、損傷箇所が今回の車両と当時の車両ので似ているように思います。キハ182-9はその後、修繕することなく廃車となってしまったようですが、今回はどのようになるのでしょう。

6176: by 管理人 on 2017/04/11 at 23:19:03

>>「かずぴー」さん、コメントありがとうございます。

仰っている損傷事故がいつだったのか不明ですが、場合によってはキハ183系は予備車両が豊富にある時期であり、1両程度なら失っても影響がなかったことも早期に廃車となった理由として挙げられると思います。

今回の場合は予備車両が豊富にあるとは考えにくい状況であり、元々の製造費用が高額なため、簡単に代替車両を製造できる状況でないことは、経営難によって製造費用を捻出できない昨今の状況から明らかです。

個人的には、今回の損傷は軽い方だとみており、いずれ復帰するのではないかと予想しています。

6263: by ERGA-1064 on 2017/04/28 at 15:38:44 (コメント編集)

ブルーシートで養生してないと、内部に雨水等が浸入してダメージが大きくなるような気もしなくはありませんが。
785系の解体が一段落しないと、直すか壊すか方向性がはっきり読めない気がします。
廃車にするとしても、エンジンや台車は無傷かと思いますので、車体のみ新製で対応でしょう。

6266: by 管理人 on 2017/04/28 at 22:15:42

>>「ERGA-1064」さん、コメントありがとうございます。

雨水の浸入で車体の陳腐化などが進む可能性も否定できません。ですが、写真で確認する限りでは車体一部分の歪みなのでブルーシートで被わなくても問題ないと思います。

今は廃車・解体ラッシュなので手がつかられない状態だと思います。なのでこうした運転所の端っこにひっそりと置かれている状況が続いていると思われます。

動向が気になりますが、新製費用も高額なので、廃車とするにしても一部機器流用などで再び復帰することでしょう。

▼このエントリーにコメントを残す