FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

「マヤ34-2008」の後継車、マヤ35形在来線用軌道検測車を発表

JR北海道の今年度の事業計画に「高速軌道検測車を新製する。」と記載されていました。これまで使用されてきた老朽化した「マヤ34-2008」を置き換え、新たに高速軌道検測車が新製されます。

詳細については発表されていませんでしたが、4月12日にJR北海道のプレスリリースから詳細が発表されました。

今回発表されたマヤ35形は、エンジンなどを動力を持たない事業用客車となります。運行スタイルは引き続き、キハ40形気動車や機関車に牽引されて検測作業が実施されます。

最高運転速度は110km/hで、キハ40形気動車に牽引される場合は最高運転速度が95km/hになります。

新型の軌道検測車ということで、検測効率が飛躍的に向上しています。例えば・・・


・積雪時の軌道変位が可能に(測定方法の変更)

・線路の状況を撮影する画像処理装置の搭載

・構造物との距離を光波により連続かつ自動で測定可能に(従来は人が定規で測定)


このように、効率よく検測作業を実施することが可能になります。

マヤ35形の外観は北海道新幹線のH5系と同系色のグリーンをベースに、紅葉のオレンジ色と雪原の白が検測車の走行とともに流れ動くイメージになるようです。

車両製作費は検測装置を含めて14億円とされており、キハ261系特急気動車のおよそ4.5倍にあたります。車両は今年の5月に完成する予定です。


マヤ35形の今後のスケジュールは、今年の5月から来年の3月まで車両性能の確認及び、検測装置のデータ検証などの各種試験が実施され、来年の4月から本格的に使用されます。





写真は昨年7月に苗穂工場で撮影したものです。

老朽化が進行していますが、線路データ改ざん発覚後、軌道を検測するシステムの改修が一度実施されていたと思います。改修についての内容は「THE JRHokkaido No,314」の「未来へつなぐ61」に過去に掲載されていました。

安全運行に重点を置いており、今回の軌道検測車の新製もその一環だと思われます。安全運行に重点を置いていながら、その検測車が老朽化した状態では示しがつきませんよね。

同車は最近になって苗穂工場を出場したようです。全般検査のようですが、このタイミングで実施されるということは、マヤ35形が運行を開始たあともしばらく活躍を続けるということなのでしょうか。

いずれにしても、車齢的に現段階から長い活躍は見込めない車両です。「マヤ34-2008」を見つけたら写真を撮影するなどの記録をしておいた方が無難かもしれませんね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6184: by シニアパートナー on 2017/04/13 at 10:13:08 (コメント編集)

マヤ35という、動力をもたない客車タイプを継続したのには、現行の後継車という役割のほか、投資費用を出来るだけ抑えたい意向もあると思います。費用14億円の記述の横に国からの支援案件と書かれており、贅沢な買い物は出来ない意図が読み取れます。

資金が潤沢なら、JR東が所有しているキヤE193系のようなオールラウンド車両がほしいところです。電気計測や信号関係は、この車両を借り受けることになるでしょうね。

マヤ35の本格運用開始は約1年後ということで、それまではいまのマヤ34を整備しながら使用されることになるでしょう。

6185:今回の事故案件はレールだけの問題じゃないと思うんだが by ダッフィー on 2017/04/13 at 18:22:27

2015年末に発生した函館線の嵐山トンネル火災が架線に問題があって起きているんだが、今回の検測車が高速軌道検測と建築限界検測の2つを行うマヤ35を作っても肝心の電気(架線)検測がオミット(割愛)されているのがわからない。
そして、今回はDE10とキハ40によって営業最高速度が決まっているそうだが、これもいずれは置き換えの時期が近いのであるとも限らないので、モヤっとする内容である。
そして、マヤ34とともにJR北海道が保有していたとされている建築限界検測車のオヤ31がWikipediaには現存すると記載されていますがこれは今も現存するんですか?

6186:発表来ましたね。 by フッチー on 2017/04/13 at 19:37:35 (コメント編集)

本州3社みたいに自走するタイプではないのが新鮮ですね。出場が楽しみです。
画像を見る限り架線・信号検測装置がついてないので、引続きEAST-i-Dを借りるようですね。
これで置きかわったら残りは九州車2009号機だけですね。

6188: by 管理人 on 2017/04/13 at 20:22:35

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

動力を持たせることで整備の負担が増えてしまうので、動力を既存の車両で有効活用してやり繰りするようですね。

報道内容等を確認すると、国からの支援ということで、製造費用を抑えなければならなかったことも客車化した理由の1つだと思います。

信号検測装置等は備わっていないので、引き続きJR東日本からEast i-Dを借りることになりそうです。

6189: by 管理人 on 2017/04/13 at 20:29:59

>>「ダッフィー」さん、コメントありがとうございます。

報道等で確認すると、製造費用の中に国からの支援が含まれているため、高額な製造費用を極力抑えたという見方ができます。

動力車やEast i-Dの機能を持たせて製造する場合、動力源などの特殊構造が車両メンテナンスへの影響に与えかねないため、従来通りの事業用客車とし、こちらも製造コストを抑えているように見れます。

昨年4月時点では、札幌運転所(札サウ)に「オヤ31-32」が在籍していますよ。今年度に入ってからは不明です。

6190: by 管理人 on 2017/04/13 at 20:32:55

>>「フッチー」さん、コメントありがとうございます。

製造に国からの支援が含まれており、動力源の省略は高額な製造費用を抑えた見方ができます。信号検測装置等は備わっていないので、引き続きJR東日本からEast i-Dが乗り入れることになりそうですね。

6191: by 龍 on 2017/04/13 at 23:44:24 (コメント編集)

ついに発表されましたね。5月にはもう実車が完成するとのことで、想像以上に動きが早かったのには驚きました。

あと、なぜ客車なのかについてですが、これは海峡線も検測対象として想定しているからだと推測しています。北海道新幹線では、当然新幹線用の検測車であるE926形「East i」があるのでそれを使えばいいわけですが、三線軌条区間の在来線部分や、貨物列車が使用する待避線はそうもいきません。また、青函トンネルは非常時を除いて気動車が自走できず、キヤE193系「East i-D」も電気機関車で牽引されて通過することになります。どちらにせよ機関車が必要なのであれば、必ずしも気動車である必要がありません。

そう考えると、投資費用の抑制という側面と合わせて、自社所有の検測車は動力を持たない客車としても問題ないか、その方がむしろ都合が良かったのかもしれません。

6194: by 管理人 on 2017/04/14 at 19:59:48

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

年度末ぐらいになると予想していますが、意外と動きが早くて驚きました。

「マヤ34-2008」での使用実績と、国からの支援を考慮したうえでの客車化だと思います。従来の方式をほぼそのまま継承することになりそうですが、人員が減らされている昨今では、従来方式を採用した方が乗務員訓練や車両の操作方法に手間をかけずに済むかもしれません。

ただし、牽引する車両や機関車が老朽化しているため、このあとがどのような対応になっていくか気になるところです。

6205:解体の話がなくてもオヤ31は置き換え対象かも by ダッフィー on 2017/04/15 at 22:42:43

マヤ35の業務内容はこの2つの事業客車の補完と言えます。
また、オヤ31の製造年からして老朽化かつローテクになっていますし、車両を持つにも動かなければ固定資産税が、動いてもそれなりの税金がかかるので、このような感じでしょう。

正直な話、JR九州のほうが自前で自走式の検測車を作ったほうがいいような…上場企業だし

6211: by 管理人 on 2017/04/17 at 00:51:49

>>「ダッフィー」さん、コメントありがとうございます。

マヤ35形検測車はオヤ31形客車の役割も担えると思われ、後者は置き換え対象となるかもしれませんね。

「マヤ34-2008」が廃車になれば、残りは九州のみの残存となるはずです。九州は温暖な地域であり、使用条件下でもそこまで過酷ではないので車両そのものの老朽化の進行具合は北海道よりも少ないはずです。まだまだ現役で活躍を続けるのではないでしょうか。

6293:続報 by 龍 on 2017/05/03 at 06:21:28 (コメント編集)

マヤ35形について、動きがありました。メーカーは日立製作所で、5月8日に出場する予定だそうです。もうすぐ、所属先の札幌運転所(札サウ)に姿を現わすことになります。

6294: by 管理人 on 2017/05/03 at 22:43:34

>>「龍」さん、再度コメントありがとうございます。

今年の5月から車両や検測装置の試験が実施されるので、ほぼ予定通りで北海道にやってくるのではないでしょうか。5月中旬ぐらいからもう各種試験が開始され、北海道の至るところで確認できるかもしれませんね。

6393: by うさぎ on 2017/05/21 at 20:26:25 (コメント編集)

マヤ35と思われる緑色の車体、苗穂にて目撃しました。エアポートの車窓からだったので、ほんの一瞬。軌道の安全確保のため大事に使ってほしいです。

6398: by 管理人 on 2017/05/21 at 23:31:24

>>「うさぎ」さん、コメントありがとうございます。

本日苗穂で確認してきたので後日紹介しますね。

▼このエントリーにコメントを残す