FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

希少なスラントノーズ車が入る!!特急「大雪4号」を旭川駅で

先日旭川へ行った際、特急「大雪4号」にスラントノーズ車が入っているという情報をキャッチし、撮影した写真を紹介します。



写真は全て4月16日に撮影しています。旭川駅に入線する特急「大雪4号」です。旭川・網走方先頭車がスラントノーズ車「キハ183-214」でした。



スラントノーズ車が連結された「大雪」は初めて確認しました。車齢は30年以上が経過していますが、置き換え間近で新しい「大雪」のヘッドマークが掲出された姿はとても新鮮でした。



3番線到着後、折り返し準備を済ませて特急「大雪3号」となります。特急「ライラック25号」が到着するまで暫し休息です。



当ブログでは以前、貫通型先頭車充当時に「大雪」のヘッドマークを紹介しましたが、貫通型先頭車はヘッドマークが小さいのが欠点です。

スラントノーズ車のヘッドマークは大きく、いつかリベンジしようと思った矢先にスラントノーズ車が充当されていたので、見事リベンジすることができました。





最後は、今後希少なシーンとなるであろう富良野線のキハ150形気動車やキハ40形気動車との並びです。キハ40形気動車は旭川地区で増えつつあるタイフォンカバーレス仕様となっていますね。

ダイヤ改正後のキハ183系苗穂車の様子を確認していると、3月ダイヤ改正まで特急「サロベツ」の稚内方先頭車として活躍していた3両が札幌方に方向転換されて「オホーツク」・「大雪」で使用されるようになりました。

その3両中1両が苗穂工場に入場したと思われ、その車両不足の関係でスラントノーズ車が確認されるようになりました。ここ最近もスラントノーズ車が「オホーツク」・「大雪」に運用に入っているようです。

3月ダイヤ改正以前は札幌・網走方先頭車としてスラントノーズ車が入っていましたが、ダイヤ改正以降は予備車両的な役割に転じており、引き続き確認できる機会はあるものの、運用に入ることは少なくなりました。

JR北海道の今年度の事業計画で0番台車両は全て置き換えることが予定されており、スラントノーズ車の活躍も残り1年を切りました。スラントノーズ車は旭山動物園号車両を除き200番台となっていますが、高出力化によって0番台から200番台に改番した車両なので置き換え対象になります。

予備車両としての役割で残っているだけであり、連日確認できる車両ではなくなりました。とかち色を纏ったスラントノーズ車が見られるのも今年度限りとなるので、日々の記録がより大事になってきますね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す