FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

「然別」と書いて「しかりべつ」と読みます!

倶知安方面に「然別」という地名があります。何と読むかわかりますか?? ←答え題名に書いてるけど




写真は小樽駅の電光掲示板です。「然別」行きの普通列車が改札中となっていました。



ローマ字で「Shikaribetsu」と表示されていました。「しかりべつ」と読みます。地方独特の地名はその地域に住んでいないとわからない場合が多いですよね。場所は余市と倶知安の間です。

然別駅を発着とする普通列車は3月ダイヤ改正の時点で3往復存在します。上り早朝の1本は札幌発の唯一の列車です。札幌駅から小樽方面に向かう1番列車としての役割もあります。





どのような車両で運行しているか??というと、キハ150形100番台による1両編成です。この日の1952Dは「キハ150-102」が充当されていました。富良野線などで活躍する0番台とは異なり、100番台は客室窓は開閉可能な小窓に変更され、冷房装置は装備せず、客室天井にクールファンを設けています。

配置は気動車の配置が多い苗穂運転所(札ナホ)と思われがちですが、実は100番台は全10両が苫小牧運転所(札トマ)の配置となっています。札幌圏での定期運用はないため、実は長万部を経由して大回りして苫小牧からやってきた車両になります。

100番台の函館本線の山線乗り入れは冬期限定です。正確には秋~冬にかけてでしょうか。同区間で走行するキハ40形気動車の代替として使用されます。

出力が小さいキハ40形気動車のうえ、降雪時の雪の重みによるさらなる出力不足をカバーするための措置であり、夏期になるとキハ40形気動車の運用が増えるようです。実際に細かく確認しているわけではありませんが、写真を撮影した4月現在も確認することができ、キハ40形気動車の老朽化の問題もあって現在は通年使用に変更されているかもしれませんね。

函館本線の山線は赤字路線であるものの、単独で維持することが困難な路線・線区には指定されませんでした。これは平成42年度までに北海道新幹線札幌延伸開業を想定した特殊なケースであり、新幹線が開業すると並行在来線として第三セクターとして経営分離する区間となります。札幌延伸開業までの間はJR北海道が維持・管理を行い、施設のスリム化などで効率的な運営を実施していきます。

今回はすぐ廃止されるような理由で取り上げたのではなく、あくまで日常の様子として取り上げました。どうしても臨時列車や珍しい情報などで偏りがちになってしまいますが、今後は日常の何気ない様子もどんどん取り上げていきたいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6261:山線で思う事! by ピカチュウの休日倶楽部 on 2017/04/28 at 08:26:08

確かに山線は、維持困難には選ばれませんでしたが、新幹線開業による三セク化で、現状が良くなるとも思えないのですがねぇ。

有珠山や昭和新山のリスクとしてのスペアの側面もあるでしょうが、ここ最近はそう言う事態が発生しても、使用されてない様にも思えますしねぇ。

個人的には、新幹線開業と同時に廃止されるか、良くて余市まで残留と言うのが、私の予想ですがどうでしょう?。

6264: by 管理人 on 2017/04/28 at 21:46:15

>>「ピカチュウの休日倶楽部」さん、コメントありがとうございます。

三セク化後はさらに厳しい経営状況となることは確実です。小樽~倶知安あたりは比較的本数も多いので残留するのではないでしょうか。

新幹線が開業すると、火山噴火の迂回運転もする必要があまりなくなります。貨物列車ぐらいでしょうか。

6298:然別といえば by 富嶽601 on 2017/05/04 at 19:04:41 (コメント編集)

道東にも地名がありますよね。然別湖とか、然別演習場とか。
もはや鉄道の話題ではないですが、道東出身の僕には然別湖の方が馴染みのある名前でしたので、コメントしました(然別演習場は、自衛隊に入隊してから知った、実在の演習場です)。

6303: by 管理人 on 2017/05/04 at 22:51:10

>>「富嶽601」さん、コメントありがとうございます。

鹿追?上士幌?に然別湖がありますよね。希少な生物も生息しており、北海道では有名な湖です。

湖の名前に「然別」がつきますが、地名などから命名されたものではなかったはずです。実は昔は然別湖はニセコ方面にあると思っていました。10年以上前の話で懐かしいです。

▼このエントリーにコメントを残す