FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

「TRAIN SUITE 四季島」がついに営業列車として北海道上陸!!

JR東日本の周遊型豪華臨時寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」(トランスイートしきしま)が5月1日から営業運転を開始しました。

事前の報道の通り、青函トンネルを通って北海道の登別駅まで乗客を乗せて来道します。北海道にやってくるのは数あるコースの中からもっとも長い3泊4日のコースとなります。2日目に登別駅に到着し、編成を一旦札幌運転所(札サウ)まで回送。翌3日目の朝に乗客が乗車する東室蘭駅へ向けて再度回送されます。

そして夕方までに青函トンネルを通って本州へ戻るというルートだったと思います。

営業運転開始前から試運転として度々北海道に乗り入れていました。東日本の車両なので当ブログでは扱う機会がほとんどないと思っていましたが、ちょうど臨時「北斗」の撮影時間帯とバッティングしたので紹介したいと思います。





写真は全て5月3日に上野幌駅で撮影しています。

同駅を通過する「TRAIN SUITE 四季島」の回送列車です。当日は同駅を7時49分に通過していきました。

個人的にもデザインがとても気になっていた車両です。斬新の迫力あるスタイルが好きです。自動車もそうですが、最新の鉄道車両も好みのデザインの車両があまりなく、特にJR北海道以外の旅客鉄道会社の最新形式はほぼスルーしていました。ですが、この「TRAIN SUITE 四季島」は久しぶりに好みのデザインの最新車両です。

将来、中央本線で営業運転が開始されるであろうE353系とともに、JR東日本の最新の特急車両のデザインに魅力を感じます。「TRAIN SUITE 四季島」やE353系のような、ずっしりとした重量級を感じさせる迫力あるボディが何とも言えません。E353系もまだ量産されていない車両ですが、必ずや営業列車として投入してほしい車両です。



間近で確認すると、ずっしりとした重量級を感じさせる迫力あるボディの「TRAIN SUITE 四季島」ですが、距離を置いて撮影してみると、あまり全幅が大きいという印象はなく、シャープでスマートな印象です。綺麗なシャンパンゴールドの車体を輝かせながら東室蘭駅へと向かっていきました。

電化区間と非電化区間の両方で走行可能な「EDC方式」を採用しています。北海道内では電車と気動車の運転をそれぞれ見ることができます。札幌圏は電化区間を走行するので電車として運転します。

運行スケジュールを把握していませんが、現時点でとりあえず6月までは北海道入りをする予定となっていたと思われます。個人的にも気に入っている車両なので、東日本の車両ですが、機会があれば今後も取り上げていきたいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6295: by うさぎ on 2017/05/03 at 23:49:32 (コメント編集)

やっぱり、凄い列車ですね。今後も北海道に来てほしいですし、根室くらいまで、行ってほしいです。画像綺麗ですね。ありがとうございます。

6296: by ナナッシー on 2017/05/04 at 07:59:01

おはようございます
この日北斗8号に乗りましたが、四季島は砂原周りで運転された模様です。
北斗8号は大沼駅13時に通過しますが、その後砂原経由で四季島が通過していったそうです。
大沼〜新函館北斗はギャラリーで埋め尽くされていて、特に新函館北斗ではホーム上に約400人集まったそうです。人員整理のため警備員や警察までも出動する騒ぎになったそうです。
ちなみに当方は五稜郭駅で撮影しました。ここにも警察がいましたが、四季島の到着時刻(13時40分)と発車時刻(13時58分)を教えてくれました。駅員よりも詳しかったです。
五稜郭は新函館北斗の20分の1程度でしたので、車両撮影に適してましたよ。

6297:質問です。 by 臨時特急さくら on 2017/05/04 at 18:19:45

質問です。四季島を撮影したいのですが、なかなか都合がつかないため、できるだけ札幌に近い駅で撮影したいと思っています。札幌駅に最も近くて、四季島はどの駅を通過するのでしょうか。回送でも構いません。そのだいたいの時刻も教えていただけると幸いです。お手数おかけします。よろしくお願いいたします。

6299: by 管理人 on 2017/05/04 at 22:16:09

>>「うさぎ」さん、コメントありがとうございます。

久しぶりに新しい車両で好きな車両になりました。札幌圏のみならず、道南方面でもぜひ撮影してみたい列車です。

写真は3枚ともトリミング加工で誤魔化しているだけですよ。

6300: by 管理人 on 2017/05/04 at 22:19:56

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

人口の集中する地域はそれだけ駅にも人が集まりやすくなります。人口集中する地域から少し離れただけで人の流れは大きく変わりますよ。

臨時列車は砂原線を重宝する傾向があります。四季島もルートに選ばれるとは思いもしませんでした。

6302: by 管理人 on 2017/05/04 at 22:42:17

>>「臨時特急さくら」さん、コメントありがとうございます。

早朝の時間帯しか把握していません。正確ではありませんが、参考程度にしてください。

 札幌駅:7時35分頃発
新札幌駅:7時45分頃通過
上野幌駅:7時49分頃通過
南千歳駅:8時15分頃通過

だいたい上記のようなダイヤが組まれていると思います。快速「エアポート74号」の後を走行するダイヤだと思われます。ちなみに、旧美々駅で臨時「北斗84号」の待ち合わせを実施するようです。

あとは編成全体を撮影したいのか、上野幌駅のようなカーブでの走行シーンを撮影したいのかです。後者は通過後しか編成全体を撮影できません。

編成全体を狙っている方が多い傾向にあると思います。Twitterなどのリアルタイムで更新されるSNSなどを確認していると、苗穂駅構内、白石駅構内、平和駅構内はあまり確認できません。編成が長いので撮影しづらい傾向にあるためと思われます。

今回撮影した上野幌駅は駅構内がカーブしているため、先頭側から編成全体に収めるアングルが難しいです。そのため、札幌駅に近い駅でありながら、撮影者は3名程度しかいませんでした。あとは移動距離(運賃)の問題も絡んでくるでしょう。

四季島撮影のために集めた情報や実際に撮影した際の状況はこのような感じです。あとは臨時特急さくらさんの判断でどこを選ぶかです。

長文失礼しました。

6307: by シニアパートナー on 2017/05/05 at 19:30:39 (コメント編集)

youtubeで動画を見てみましたが、EDCという電車と気動車を併せ持つ新しい機構に興味津々です。

将来の鉄道車両の在り方にもなりそうな方式ですね。北海道は電化区間と非電化区間が混在しているので、ひとつの方式として検討されるべきと思います。DCの場合、電気式であることは確かですね。

6313: by 管理人 on 2017/05/06 at 00:48:18

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

EDC方式を投入するには多額のコストがかかりそうな気がします。大量に投入するにはまだまだ無理があるのではないでしょうか。

自重も重くなってしまうため、速達性に優れている方式かというと、現時点ではそのようなことはないですね。

▼このエントリーにコメントを残す