FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2017年のゴールデンウィークはどうでしたか?

今回は少し日記のようにしながら、西の里信号場の周辺の様子をアップしますね。

もう1週間経ちましたが、皆さん今年のゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?

どこかへ遊びにいきましたか?

管理人はずっと札幌にいました。



昨年は知床に5人で行きました。昨年のゴールデンウィーク前半といえば、北海道に寒波が襲い、猛吹雪の中、知床まで車を走らせました。

深夜3時まで騒ぎ、後輩たちにイタ電(北見と札幌市北区あいの里と栃木県をつないだ)したり、往路と復路でルートを変えていろいろなところを見物したり・・・

あれから1年。時間が経つのは早いですね。

北海道は場所によって気候の差が激しいです。鉄道ブログとして話題を少し入れると、その環境に適宜応じて鉄道事業を運営していかなければなりません。東日本も該当すると思いますが、東日本以上に北海道は降雪や気温の寒暖差が1年を通じてとても激しいと思います。

後日紹介していきたいと思いますが、北海道の北見市は冬は-20℃程度まで下がり、夏は内陸のため、+30℃まで一気に上昇します。道北・道東方面だからといってエアコンが不必要な環境ではありません。むしろ東京よりも暑い日はあると思います。

そのような中で、旧世代のディーゼル車が今も第一線で活躍しているので、耐熱性という面でも問題が発生してくるし、北海道特有のパウダースノーや厳冬期にも対応していかなければならない・・・。

都道府県別食料自給率は100%以上を有し、食べ物は美味しい北海道ですが、逆に1年を通じてそうした厳しい気候のもとで道民は暮らしていたり、公共交通機関が毎日走り続けています。

JR北海道を攻めるのではなく、その北海道という厳しい環境を把握したうえで、沿線自治体がごちゃごちゃ言ってる案件は別として、今後のJR北海道を議論していく必要があります。



話は戻りますが、今年は皆がそれぞれバタバタしていたこともあり、どこも行かずに終わりました。行ったとすると先日紹介した西の里信号場ぐらいでしょうか。それ以外は繁忙期輸送期間中の列車を撮影していたぐらいです。

昨年の知床の大雪(おおゆき)で痛い目に遭っているので、今年はゴールデンウィークに夏タイヤに交換しました。同級生と先輩の車も含め、計4台の車の洗車&タイヤ交換をしました。

その代わり、2回ほど飲みに札幌のまちなかまで連れていってもらったぐらいです。お金もあまり使いませんでした。自動車税納税の封筒も届いたので貯金したいと思います。

ということで、ゴールデンウィーク期間中に車で一番遠出した西の里信号場のその周辺の様子について、引き続き紹介したいと思います。





写真のように、西の里信号場に隣接して踏切があります。写真奥の砂利道を上っていくと、最終的に国道274号線に出ることができます。



「東1号線踏切」と書かれていたので、北広島市東1号線踏切というのが正式名称ではないでしょうか。人里離れた野山にあるので、一般の方は使用しない踏切です。踏切内は自動車1台分しか通れないです。





写真のように、撮影ポイントとして有名です。実際に撮影してみるとそのようなことはあまり感じられず、札幌方面へ向かう列車については良いアングルが撮影できる場合がある、程度しか感じられませんでした。



立ち入り禁止の看板やロープが敷かれており、これもいわゆる撮り鉄対策の1つだと思います。この禁止区域内に入れば間違いなく良い写真が撮影できることでしょう。



東1号線踏切や西の里信号場に隣接している札幌恵庭自転車道線(エルフィンロード)です。写真奥に行くと北広島方面になります。ちょうど写真左側を札幌方面に向かう731系普通列車が通過していきます。

先日コメントをいただきましたが、このエルフィンロードがほぼ旧千歳線の跡地を利用しているようで、これを逆側の札幌方面へ向かっていくと、白石区の東札幌まで行くようです。

写真はありませんが、1つ札幌寄りの上野幌駅構内からもエルフィンロードを眺めることができます。恵庭方面へ向けて延伸されている最中だったはずで、比較的新しいサイクリングロードなので走りやすいと思いますよ。

ただし、勾配区間がけっこうあるかもしれませんね。

札幌市街や北広島市街から距離もそこそこあるので、列車の撮影のために自転車やマイカーを使ってこの場所に来るぐらいだったら、違う場所を選んだ方が良いというのが、管理者自身の見解です。思ったほど撮影ポイントとしては活用できそうにありませんでした。

おそらく、今後ほぼ行くことがない西の里信号場とその周辺ですが、周辺の様子が確認できたのでよかったことにします。次回から再び鉄道の話題に戻りますね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6371: by シニアパートナー on 2017/05/14 at 19:33:03 (コメント編集)

西の里信号場付近の様子を教えて頂き有難うございます。

確かに信号場へ向かう農道は、旧千歳線とは全く関係ありませんね。直角に交わっている踏切は、冬季になると閉鎖されるのではないかと。列車の中から眺めた覚えがありますが。

エルフィンロードという自転車道路、綺麗に整備されているようですね。本州からすると中々贅沢な施設と思います。北海道だと神居古潭付近の旧函館本線を利用したものが最初ですね。

鉄道路線が後々道路に変わるケースはよくありますが、鉄道から鉄道に変わった事象もあります。昔話として、旧千歳線の東札幌からかつて定山渓鉄道という北海道最初の民間電気鉄道がありました。その路線の一部が地下鉄南北線(高架部分)に使用されています。

将来、北海道の路線が廃止されたり、経営移管されると風景が一変することも多いです。記憶に留めておくことは、悪くはないと思っています。

6372: by 管理人 on 2017/05/14 at 22:35:12

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

冬期の様子は確認していませんが、周辺に民家もないので閉鎖してもさほど問題ないように思います。冬期に列車で通過した際に再度確認してみたいと思います。

計画では札幌から恵庭まで約30kmの自転車道路となる予定だったと思います。土地の広い北海道ならではの設備かもしれません。冬期間はあまり使用されないこともあり、舗装も綺麗に整っています。

分割民営化後に廃止された道北の天北線も同じように自転車道路として一部区間が整備されていたと思います。ただし、クマ出没地域の看板が立っており、エルフィンロードとは異なる危険地帯になります。

鉄道路線から自転車道路は全国的にもどうでしょうか。確認していませんが、全国的にもほかにもそうした例があるかもしれません。鉄道から鉄道はほとんど例がないと思います。旧千歳線や定山渓鉄道も自身はまだ生まれていない時代です。

教えていただき、ありがとうございました。

6373: by omn on 2017/05/15 at 01:02:55

はじめまして。

豊平に住んでいた頃、東札幌から北広島まで、自転車で往復したことがあり、懐かしく拝読しました。全区間通しで利用する人はあまりいないのでしょうが、札幌市内では生活道路ともなっています。

月寒駅跡、大谷地駅跡なども、確認することができます。また、札幌側の終点である東札幌近辺は、千歳線の旧線跡であるとともに、定山渓鉄道の旧線跡でもありますので、その痕跡なども確認できます。

6374:あれから見ぬ間に by s-kamui on 2017/05/15 at 19:10:35

西の里もスッキリしましたね・・・

6375: by 管理人 on 2017/05/15 at 21:06:10

>>「omn」さん、コメントありがとうございます。

自身もまだ自転車道路が上野幌駅付近までしか整備されていないときに列車を見物しに何度も行ってました。途中までの区間でしたが、懐かしい思い出があります。西の里付近もまだ整備中だった頃だと思います。

白石方面へ行くと大きな公園もあり、小学生の頃は休日になると賑わいをみせていました。現在も大谷地にある北星学園大学も自転車道路が通学路のように使われているので、自転車道路としての役割だけでなく、生活道路として活用されている様子が伺えます。

旧線跡については確認したことがないので、いずれ確認してみたいですね。

6376: by 管理人 on 2017/05/15 at 21:11:00

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

自転車道路ができたことで周辺の土地も整備され、信号場設備も撤去されて本線のみの一線スルーとなるので、昔から比べるとかなりスッキリした印象になると思います。昔は草木が生い茂るただの野山みたいな感じだったと思います。

列車内から自転車道路を利用している方が確認されるので、休日などはそこそこ人通りもあるはずですよ。

▼このエントリーにコメントを残す