FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

爆煙シーンもあり!!臨時「北斗」で登板した旭山動物園号車両

今年のゴールデンウィーク期間中はキハ183系旭山動物園号車両が臨時「北斗84号」及び臨時「北斗91号」に充当されました。

千歳線や道南地区への入線は珍しいため、話題となりました。本業の特急「旭山動物園号」ではありませんでしたが、久々の多客臨として本線での走行シーンを確認することができ、さらに、キハ183系0番台が2017年度の事業計画で全て置き換える計画となっていることから、臨時用の車両は不明なものの、やはり沿線や駅での撮影者が多くみられたゴールデンウィーク期間中でした。

5月3日のみ、JR東日本の周遊型豪華臨時寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」(トランスイートしきしま)が運行されることに伴い、臨時「北斗88号」及び臨時「北斗95号」に充当されました。

今年のゴールデンウィークは天気が良く、悪天候による列車の運休もなく、旭山動物園号車両も運休することなく稼働していました。

走行シーンが大変貴重になると思い、当ブログ管理人も写真を撮影してきました。


・4月30日 臨時「北斗91号」



まずは白石駅で撮影した臨時「北斗91号」です。30日は架線にビニールが付着した影響で札幌圏の列車のダイヤが乱れていました。

先行列車遅れの影響で、臨時「北斗91号」も5分程度遅れて運行されていました。



後続の普通列車で追いかけ、いつもの苗穂の跨線橋から撮影します。

17時14分ごろ、苗穂運転所(札ナホ)西出区線から入区する臨時「北斗91号」の回送列車です。後日分を以下で紹介しますが、入区時刻については定時刻だったと思われます。





ちょうど特急「オホーツク3号」となる回送列車の出区時刻と重なるため、ゴールデンウィーク期間中は出区線で賑わいをみせました。ですが、かつての特急「オホーツク2号」の回送列車と特急「サロベツ」のような、跨線橋から並ぶシーンを撮影することはできません。


・5月4日 臨時「北斗84号」&臨時「北斗91号」







まずは、臨時「北斗84号」として出区線に移動する際のものです。「キハ182-48」(鳥たちの大空号)から凄い煙の量です。



出区シーン全てを確認する前に新札幌駅へ移動しました。対向列車と被ってしまったため、最後尾側からの撮影になりました。





そして、札幌に戻ってきた臨時「北斗91号」とその回送列車を跨線橋で撮影しました。


・5月5日 臨時「北斗84号」



先日紹介したキハ261系0番台による特急「宗谷」の編成確認のために早朝から苗穂駅へ。

違うアングルからの出区シーンは上記のようになります。



新札幌駅は人がいるので、1駅千歳寄りの上野幌駅で撮影しました。6両編成程度までであれば、なかなかよい写真を撮影することができます。

旭山動物園号車両は臨時列車として登板する機会が減っており、残念ながら次回の運行予定は未定のままです。2017年度の事業計画でキハ183系0番台を全て置き換える予定であり、臨時用も含めると、当該車両も今年度で最後となります。

もしかすると、ゴールデンウィーク期間中の臨時「北斗」が最後の多客臨としての活躍となってしまうかもしれません。本業の特急「旭山動物園号」の運転計画も未定のままであり、今後の動向が注目されます。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す