FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

JR琴似駅で期間限定のキハ261系の乗車位置表示

JR琴似駅(以下、琴似駅)は札幌駅から手稲駅の間にあります。普通列車のほか、快速「エアポート」や区間快速「いしかりライナー」も停車します。「ホームライナー」は通過となります。

キハ261系は同駅を基本的に「ホームライナー」か回送列車として全ての列車が通過となりますが、期間限定でキハ261系の乗車位置表示が確認されています。



期間限定のキハ261系の乗車位置表示が確認できるのは札幌方面へ向かう2番線側です。1枚目写真の中央部分ですが、ホーム上に何か貼られています。





確認してみると、「261系 3号車」や「261系 4号車」と書かれた布テープが2番線側のホーム上に貼られています。

ここでいう261系とは・・・



キハ261系1000番台を指します。写真はゴールデンウィーク期間中に琴似駅で撮影してものを再度掲載します。

おそらくこれは、修学旅行期間中限定で確認できるものです。今月発売の鉄道ダイヤ情報でも記載されていますが、9013Dとして札幌駅から特急「スーパー北斗4号」充当前に手稲駅から札幌駅まで既に集約臨輸送としてキハ261系1000番台を活用しています。

少なくとも、5月18日には琴似駅で1分ほど停車時間が設けられていたようで、その際に今回取り上げている乗車位置表示が活用されたことでしょう。

夜間に確認したため、3号車と4号車以外の表示を確認することができませんでした。逆に3号車と4号車しか確認できないと思われ、1号車はグリーン席だったり、2号車は指定席ですが、13番A席及びD席が車イス専用席となっていたり、それに対応したトイレの設備を有しています。

また、3月のダイヤ改正まで特急「スーパー宗谷1号」で自由席が2両設けられていましたが、2号車と4号車という変則的な設定でした。これは、同じく3号車1番A席が車イス専用席として設けられ、それに対応したトイレの設備を有することが理由ということを、過去に閲覧者の方からコメントで教えていただきました。

よって、これら函館側2両は必然的に除外されるのではないでしょうか。5号車なども探してみましたが、見当たりませんでした。情報では7両編成で運行されたようです。6号車と7号車は自由席となるため、6号車と7号車の乗車位置は設けられません。

昨年3月のダイヤ改正で函館方面の特急列車が再編されていますが、以前は特急「スーパー北斗2号」がこれらの役割を担っていました。現在も特急「スーパー北斗2号」のままだと、修学旅行へ向かう生徒は朝4時に起きなければならず、心身への負担は大きくなってしまいます。逆に、特急「スーパー北斗2号」だと札幌圏で利用者が限られるため、集約臨として活用して利用客増を図るのもよいかもしれません。

琴似駅停車シーンも撮影してみたいですが、そうなると管理者自身は厚別駅か森林公園駅から始発列車に乗っていかないと撮影できません。マイカーを出さなければならないのでさすがに諦めます。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6440: by シニアパートナー on 2017/06/01 at 09:21:58 (コメント編集)

これはJR北海道に限らず、他のJR各社でもよく眼にする光景ですね。

首都圏管内でも、修学旅行(主に中学生対象)期間で、団臨の臨時停車のテープが貼られます。

小生が通勤で利用している東海道線でも、5月から6月頃にかけて小田原~大船間の主要駅で、日光方面の修学旅行団臨(189系M51編成国鉄色など充当)が設定されます。

6441: by 管理人 on 2017/06/01 at 21:28:50

>>「シニアパートナー」さん、コメントりがとうございます。

本州方面は集約臨が豊富に設定されていますが、北海道はどちらかというと設定数が乏しく、こうした本州では当たり前のような光景も珍しい出来事として取り上げてしまいます。

こちらの集約臨も中学生が主な対象です。189系電車は本数も少なくなってきたはずなので、全国的にも集約臨に使用される車両は希少な車両ばかりですね。

▼このエントリーにコメントを残す