FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【代走レポート】6月2日の上り特急「宗谷」をキハ183系旭山車+キロ9で代走

久々の代走レポートです。

6月2日の上りの特急「宗谷」がキハ183系旭山動物園号車両に「キロ182-9」を連結した6両編成で運行されました。様子を確認してきたので紹介します。



札幌駅にはおよそ25分ほど遅れて到着しました。特急「ライラック48号」から逃げ切るダイヤだったと思います。

当日は特急「サロベツ1号」にも充当され、所定では折り返しで上りの特急「宗谷」となります。稚内駅での折り返し時間が25分と少なく、最高運転速度が通常よりも遅いキハ183系の代走運転となると、運用の最後までその影響が出てしまいます。



ヘッドマークは「旭山動物園号」のものがそのまま使用されていました。



今回の代走で注目すべきは、稚内方2両目に「キロ182-9」が連結されていたことです。3月ダイヤ改正後はキハ183系苗穂車の運用数削減により、所定のキロハ182-0でも予備車を確保することができるようになりました。

そのため、ダイヤ改正前まで稀に定期列車として運用に入っていた「キロ182-9」は一気に出番が少なくなり、定期列車ではほぼ確認することができなくなったと思います。昨年度中の廃車は免れましたが、完全な予備車状態となっています。



そのため、行先表示器も機能していませんでした。幕そのものが既に取り外されている可能性もありますね。



見づらいですが、増結1号車と1号車の号車札を撮影しました。

今回の代走では、「キロ182-9」が増結1号車、「キハ182-46」(熱帯のジャングル号)が1号車として順に最後尾が4号車という編成でした。稚内方先頭車「キハ183-3」(草原のサバンナ号)は座席をもたないフリースペースのため、今回も締切扱いとされました。




最後に、逆側から編成全体を撮影しました。10分程度停車して苗穂運転所(札ナホ)へ回送されました。


今回の代走は6月1日の下りの特急「宗谷」から始まり、その日はその後、特急「サロベツ4号」と特急「サロベツ3号」に充当されて稚内に滞泊。

翌2日は、特急「サロベツ2号」から運用が始まり、特急「サロベツ1号」と上りの特急「宗谷」に充当されて代走運転が終了しました。

翌3日の下りの特急「宗谷」からキハ261系0番台の所定編成に戻っているようです。



参考記事:遂にキハ183系旭山動物園号に引退報道!!今年度末で廃車へ(2017年5月20日更新)



先日紹介しましたが、キハ183系旭山動物園号車両も老朽化のため、今年度末をもって引退することが地元メディアによって報じられました。

メインである旭山動物園としての連絡列車も、7月や8月の週末を中心に789系0番台へとバトンタッチし、期間中は定期列車1往復のスジを活用して特急「ライラック旭山動物園号」として運行します。これにより、旭山動物園としての連絡列車としての使命は既に終えたと判断してもよいのではないでしょうか。

車両はまだ廃車とせず、臨時列車や今回のような定期列車の代走として細々と使用していくことになります。ですが、近年の傾向としてさよなら企画などは実施されず、ひっそりと姿を消す可能性も否定できません。

なので、代走を含めていつ最後の運転になるのか把握することができません。まずはいつ最後の運転となってもいいように、運行される毎に記録していくしかありませんね。









↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6462:いずれにしても・・・ by s-kamui on 2017/06/06 at 07:51:46

キハ261系1000台を札幌と函館の相互配置にしたことで、札幌側の車両が少なく同運用の代走(事前に試運転が必要)や臨時北斗への充当が出来ない状態になっております。

183系所期型もおそらく今年度を以て廃止になるので、対策は必要になるでしょう。

6467: by 管理人 on 2017/06/07 at 22:42:50

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

少なくとも、臨時「北斗」の充当はリゾート気動車や在籍数の多い函館車を使えば問題ないと思いますよ。おそらく今年度にさらに増備されるはずなので、難なく臨時運用もこなせるようになるはずです。

宗谷線特急は稚内駅折り返し時間が十分確保されているとはいえず、このあたりは将来的にキハ261系1000番台などでの代走も視野にいれなければならないと思います。

ですが、キハ183系の函館車がまだ残っている以上、対策は後回しにされる気がします。本当に対策が必要になった際は、NN183系が淘汰されるときではないでしょうか。それまでは現状維持ではないでしょうか。

▼このエントリーにコメントを残す