FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

両端スラントノーズ編成で代走の「フラノラベンダーエクスプレス」

キハ261系0番台の車輪に傷が入った影響で、「宗谷」・「サロベツ」・「フラノラベンダーエクスプレス」で7月8日から15日まで代走運転が実施されています。

今回はキハ183系一般車で代走している特急「フラノラベンダーエクスプレス3号」と特急「フラノラベンダーエクスプレス2号」を紹介します。この1往復は所定の編成はノースレインボーエクスプレスです。




写真は全て7月9日に撮影しています。まずは札幌駅5番線に入線する特急「フラノラベンダーエクスプレス3号」です。

苗穂運転所(札ナホ)からダイレクトで札幌駅に入線するため、3・4番線ホームの末端から良いアングルで撮影することが可能です。



行先表示器は「臨時」を表示していました。苗穂運転所所属車は3月ダイヤ改正を機に函館運輸所(函ハコ)所属車同様、全車両が新しいタイプへと交換されています。500番台車などの一部車両は2014年8月の使用再開までに施行されているはずです。

3月のダイヤ改正で初期車の一部が置き換えられる可能性が高かったため、苗穂運転所構内を確認した際、行先表示器が更新か未更新かによって残存するか、しないかを判断する基準材料となりました。



キハ183系旭山動物園号を紹介する際に一緒に紹介していませんでしたが、札幌駅の乗車位置掛札はこのようになっています。外国人観光客に合わせて、英語、中国語、韓国語のいずれにも対応しています。



スラントノーズ車も引退まで1年を切りました。この姿もだんだん基調になってきますね。



富良野へ向けて発車していきました。





復路となる特急「フラノラベンダーエクスプレス2号」は厚別駅で撮影しました。ゆっくりと通過していきました。通過時刻は17時11分ごろでした。札幌駅到着時刻まで11分もあり、比較的余裕のあるダイヤが組まれているようです。

編成は以下の通りでした。


<富良野⇔札幌>

キハ183-213キハ182-512キハ182-21キハ182-3キハ183-214



上記の5両編成でした。掲載写真で確認できますが、今となっては大変貴重なオールとかち色の編成でした。

とかち色の車両は主に0番台や200番台で多くあります。0番台や200番台は今年度末をもって置き換えられることが発表されており、オールとかち色で揃えられた編成を確認できるのも今年度いっぱいとなります。


今回取り上げた代走運転も15日で終わります。残り1日となりました。

Twitterの情報では、一部日程で札幌方2両目がとかち色の車両からHET色の車両に変更されたこともあったようです。14日には再びオールとかち色編成が見られたようですね。

予備車や代走としての役割が強い0番台・200番台の車両ですが、8月下旬から9月中旬にかけて特急「ニセコ」号として使用されるようです。活躍できる期間は残り僅かながらも、臨時列車としてまだまだ活躍が期待されます。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す