FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新たにキハ261系0番台SE-203編成がHETロゴへ変更

おそらく近日中に施行されたと思われますが、「宗谷」・「サロベツ」で使用するキハ261系0番台SE-203編成(キロハ261-203)が新たにHETロゴへ変更されて営業運転に入っています。





写真は全て7月16日に撮影しています。札幌駅1番線に入線した下りの特急「宗谷」の回送列車です。稚内方先頭車「キロハ261-203」のロゴが従来のTiltからHETに変更されていました。





一旦桑園方引き上げ線へ回送される際の様子を撮影しました。下回りなども綺麗になっていることから、近日中にHETロゴへ変更されたと思われます。

いつから営業運転に入ったか不明ですが、少なくとも、6月下旬の時点で苗穂工場に入場していたようです。その後、SE-102編成とともに4両編成で夜間に試運転が実施されていたようです。この試運転の際、ブレーキ試験においていずれかの車両で車輪に傷が発生し、「宗谷」・「サロベツ」・「フラノラベンダーエクスプレス」で代走を余儀なくされました。

もしかすると、16日の下りの特急「宗谷」がHETロゴ化されたから初めて営業運転に充当されたのかもしれません。

キハ261系0番台の営業運転復帰ということでSE-102編成を確認することが目的でしたが、あいにく当該編成は札幌運転所(札サウ)にいたらしく、偶然にも稚内方にSE-203編成を連結した4両編成を確認することができました。

今回のSE-203編成のHETロゴ化により、キハ261系0番台の稚内方先頭車のロゴは全てHETロゴになりました。後日紹介したいと思いますが、SE-102編成も行先表示器のLED化、前照灯の変更とともにHETロゴに変更されているようで、0番台でTiltロゴのままの車両はSE-103編成(キハ261-103)のみとなりました。

HETロゴ化に伴い、車体傾斜装置などの一部機器を撤去していますが、キハ261系1000番台で実施している塗装変更は実施されません。外観上の変更はあくまで先頭部分のロゴのみです。

SE-102編成とともに、一時的に1編成分が苗穂工場に入場していたため、予備車両が少ないキハ261系0番台にとって極めて車両繰りが厳しい状況でした。稀に代走があったようですが、今年3月のダイヤ改正以前のような頻繁に代走が実施されることはなく、これも運用変更によって多少なりとも改善されているのかもしれません。

SE-102編成もまもなく営業運転に復帰すると思われ、代走を極力抑えた輸送が展開されることでしょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6571: by 知床斜里 on 2017/07/18 at 01:26:38

SE-102はLED化だけでなく窓部の塗装変更(ポリカが目立たなくなってます)も行われてますね。
後は試運転を目撃した人曰くエンジン換装も行ったのではないかという話もあります。
DMF13HZJに換装して1000番台と少しでも仕様統一を図るとかでしょうか…?
後はトレインマークも換装してくれれば完璧なんですが…

これは業界誌由来の余談ですがどうやらキハ261だけでなくキハ150や721系、731系もこういった大規模近代化改修の予定があるなんて話が。一体どうなることやら…

6572: by 龍 on 2017/07/18 at 10:41:30 (コメント編集)

『鉄道界』2017年5月号によると、キハ261系0番台は2018年までに全車両の機器更新工事を実施する予定のようです。

6575: by 管理人 on 2017/07/18 at 22:40:24

>>「知床斜里」さん、コメントありがとうございます。

ポリカは単に汚れを落として塗装しただけだと思います。機器更新にエンジン換装も含まれているのか不明ですが、新仕様に交換してもあまり大きな効果をもたらさないのではないでしょうか。

721系は5か年計画で置き換えの話が少し出てきていますし、731系も一部車両は機器更新がされています。大規模改修を実施しても結局は30年程度しか活躍できないので、途中で大規模改修はせずに使い続けた方が昨今の財政事情に合っていると思いますよ。

6576: by 管理人 on 2017/07/18 at 22:43:48

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

元々の両数が少ないので、施行時期が長引かないのが良い点ですね。そうすると、度々車両不足で代走が実施されるかもしれませんね。

6578:やっぱりそうだったのですね by s-kamui on 2017/07/19 at 08:38:47

知り合いの言う通り、261宗谷車は機器更新されていたのでしょう。Twitterでも側面サボもフルカラー対応LEDになっていましたし・・・

この改造は宗谷車に限らず照明がチラつきブラッシュアップされたとはいえまだまだ不具合起きたり不鮮明に表示する側面サボを持つ1000番台初期車と4次車にもゆくゆく同様に改造されると思います。ST1005編成など5次車とも明らかに格差が目立ちますしこれから増備車が入れば住み分けどうするのか課題になりますから 

6579: by モハ733-3102 on 2017/07/19 at 20:18:43

行先表示のLED化というのはLEDの電光掲示板に交換されたということでしょうか?

また、車内照明もLED化されているかもしれませんね。

ただ、大規模な改修をしたにも関わらず転落防止幌が設置されていないのが気になりますが、、、

6581: by 管理人 on 2017/07/20 at 02:39:57

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

1000番台5次車と0番台の更新車とは表示の仕方が異なります。仕様を統一するのであれば、1000番台の4次車までの車両は5次車と同様のタイプを採用した方がよい気がします。

ですが、キハ281系から同様のタイプが採用されている様子から、今後はキハ281系タイプが主流になるかもしれませんね。

6582: by 管理人 on 2017/07/20 at 02:44:19

>>「モハ733-3102」さん、コメントありがとうございます。

行先表示器がLEDになっています。一昨日から営業運転に入っています。車内照明は確認していません。

転落防止幌も採用していなかったはずです。もしかしたら、今後採用されるかもしれませんね。

▼このエントリーにコメントを残す