FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

1週間ぶりの更新です

1週間ぶりの更新となります。ブログを放置してしまい、申し訳ありませんでした。

その理由は・・・



フェリーターミナルは「おしどまり」です。漢字で表すと「鴛泊」になります。



この写真でわかりませんか?

実は、利尻島へ行ってました。

今年は12人で行ってきました。いつもは15人を超えるので、いつもより若干少なかったです。最後に行ったのは2014年9月です。3年ぶりにメンバーのスケジュールが合ったこともあって行ってきました。

地元の漁師の方とお付き合いさせていただいており、今年は3年ぶりに利尻島へ遊びに行くということでホタテを90枚(バケツ2杯分)、シーズンなので大量のバフンウニ、ホッケのちゃんちゃん焼きなど、美味いものは全て食べ尽してきました。







ホタテを焼いたり、生のまま食べたり、ウニもメスは生で、オスは焼いて食べたり、最高の3日間でした。結局ホタテはメンバー全員で食べきれずに残してしまいましたが、今年も思い出に残る利尻旅行でした。





せっかくなので鉄道の話題にも触れようと思います。

写真は昨年の3月ダイヤ改正直後に撮影しました。今は亡き、キハ183系で運行されていた特急「サロベツ」の札幌駅到着時の様子です。

1年という僅かな期間でしたが、車両不足により、札幌方の先頭車が従来の貫通型(マイナーチェンジ後)からスラントノーズ車に変更されました。それと同時に、ファンへのサービスなのか単なる不具合か不明でしたが、札幌駅到着時に「サロベツ」のヘッドマークが切り替わり、写真のように「利尻」や「まりも」を表示していたことが度々ありました。

今回は利尻島の内容が記事中に含まれているので「利尻」のヘッドマークを掲出した際のものを掲載しますが、スラントノーズ車で「利尻」のヘッドマークを掲出しているという、かなり貴重な光景だと思います。

2000年3月から宗谷本線を走る優等列車を急行から特急へ格上げした際、夜行の特急「利尻」も特急「サロベツ」の間合いでキハ183系が使用されるようになりました。

ですが、いずれも500・1500番台以降のキハ261系の内装に準じた専用の車両が充当されたため、0番台などの初期車は代走などでしか確認することができなかったと思われます。インターネット上で過去の写真を探しても見つからないため、スラントノーズ車+「利尻」のヘッドマークという組み合わせは現役時代にはあり得なかったと思います。

特急「利尻」は、離島観光シーズンになると、お座敷車を連結していました。晩年は利用客の減少や離島観光そのものの減少を理由に、試行錯誤しながら往復で特急「利尻」を活用した離島観光のモデル日程を組んでいましたが、それも長くは続かず、季節列車へと格下げとなり、最後には完全に廃止となりました。

現在は、宗谷本線そのものが存続の危機に立たされており、同じ車両を使用していた「サロベツ」も旭川~稚内間の運転に縮小してしまい、次々とそうした名列車が廃止・縮小していくという寂しい状況になっています。



今回も毎回の如く、残念ながら札幌と稚内の往復はマイカーを使用しました。確かに、天塩地方(中川町周辺)や音威子府村周辺は交通量が少ないものの、人口減少だからといって全体的に極端に交通量が少ないということはありません。フェリーも2等座席が日中の便でもほぼ埋まっており、離島観光そのものが極端に減少しているとは言い難いと思います。

運転しながら、どちらかというと、移動する手段が路線バスや鉄道よりもマイカー利用の方が圧倒的だというのは、上川地方北部や宗谷地方方面ではその印象がより強くなっていたというのが個人的な見解です。理由としては、路線バスや鉄道だと停留所や駅という発着点が設けられ、そこから利用者は目的地まで移動しなければなりません。マイカーの場合、目的地までそのまま行けることができるので、利便性は後者に軍配が上がります。冬期は極寒で猛吹雪になることも多く、そのような場合はマイカー利用の方がより便利ですよね。

路線バスも美深周辺で廃線となった箇所も確認することができたので、利尻旅行という主目的のほかにも、いろいろと地方の交通事情を少し知ることができた貴重な機会でした。

機会があれば、ほかにも写真を撮影してきたので紹介したいと思います。


当記事からまた1日に1回を目標にブログを更新していきますので、よろしくお願い致します。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す