FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【2017年11月17日(金)・11月18日(土)運行】臨時「ライラック93号」レポート

11月17日(金)~11月19日(日)にかけて、札幌ドームにて『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」』が開催されました。

17日と18日は旭川方面の帰宅時間帯の列車として臨時「ライラック93号」が設定されました。17日運行分だけですが、確認することができたので紹介します。

以前にも、同列車を紹介していますが、今回は違うアングルから撮影したものと、設定された際の他列車への影響などを中心に紹介していきます。



以前と同様、臨時「ライラック93号」は札幌駅7番線からの発車でした。電光掲示板の表示方法も少し変わっており・・・



2枚目の写真は以前設定された際のものですが、「臨時特急」の表示から定期列車と同じ「特急」の表示になっていました。加えて、字数を少なくすることで全体のフォントサイズを大きくでき、見やすさも向上しています。





臨時「ライラック93号」が運行されることに伴い、札幌駅では一部列車の発着番線の変更が実施されました。

江別駅で後続の特急「カムイ47号」を待避する271Mは、発着番線が7番線から6番線へ変更されました。





確認した限りでは、臨時「ライラック93号」は22時40分以前から札幌駅で待機しているようです。8番線には特急「カムイ47号」が入線し、22時46分頃から19分間にわたって札幌駅7・8番線が789系によって埋め尽くされます。



また、特急「スーパーおおぞら12号」も到着番線が7番線から6番線に変更されました。

同列車は、札幌駅で特急「カムイ47号」と接続を図ります。利便性を考慮し、現在は同一ホームで乗り換えができるようになっていますが、臨時「ライラック93号」が設定された際は、6番線に到着が変更され、接続は少々不便になります。


17日の臨時「ライラック93号」は789系0番台HE-102編成+HE-202編成(SAPPOROラッピング編成)による6両編成でした。

「ライラック」の4運用中の3運用が旭川滞泊となります。その3運用の中から1本が札幌へ一旦回送され、臨時「ライラック93号」となります。当日は特急「ライラック35号」にOKHOTSKラッピング編成、特急「ライラック39号」にKAMIKAWAラッピング編成がそれぞれ充当されていました。

特急「ライラック37号」の編成が不明のままでしたが、翌日の特急「ライラック10号」にSAPPOROラッピング編成が充当されていたことから、臨時「ライラック93号」が設定された際は、特急「ライラック37号」に充当した編成が札幌に一旦回送されて充当されるという流れのようです。これは、早朝の特急「ライラック1号」から充当される運用です。

今回は臨時「ライラック93号」が運行された際の札幌駅の様子をお伝えしました。特急列車同士の接続は不便になりますが、そもそも日頃から重要視されるほど接続に対する需要があるのかどうかを考えると、大きな影響は予想されません。

気になる需要ですが、特急「カムイ47号」とは対照的に空席が一部で発生していました。混雑も確認されず、設定するのであれば22時台の方がいいかもしれませんね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す