FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

札幌行き、快速「ニセコライナー」

今回は早朝の蘭越から札幌へ向かう快速「ニセコライナー」について取り上げます。厚別区在住の管理者にとって、早朝の時間帯で真逆の方面から札幌へやってくる列車なので、なかなか目にする機会がありませんでした。



写真はニセコエクスプレスのラストラン初日に小樽駅で撮影しています。

下り(札幌方面へ向かう)の快速「ニセコライナー」は札幌駅に9時ごろ到着するダイヤが組まれています。早朝の時間帯は各駅停車の普通列車しか設定されていない中で、唯一快速運転を実施する列車です。普通列車も6両編成が多い中、快速「ニセコライナー」は3両編成での運転です。通勤時間帯の列車としてはそれらしくない運行形態となっています。



途中の手稲駅まで先行する145Mとの並びです。ちょうど721系0番台が充当されていたこともあり、後々貴重な並びになると思って撮影した1枚です。

快速「ニセコライナー」の小樽駅発車時刻は8時22分ですが、到着時刻は8時01分です。小樽駅で小休止があり、この間に145Mが先行します。



驚いたのは145Mが発車した直後で、実はそのときの小樽駅構内は快速「ニセコライナー」が広い構内の4番線にポツリと停車しているだけで、それ以外の列車は全くいないという状況になります。

ここまで閑散として雰囲気の小樽駅は日中ではまず確認できません。札幌~函館間の特急列車の運行ルートが室蘭本線経由メインになるまでは長大編成の優等列車が小樽駅に多数発着していたことでしょう。その面影が現在のホームの有効長が物語っており、広い構内がより一層閑散とした雰囲気を出しています。



構内にある留置線にも、もちろん車両の姿はありません。

日中は快速「エアポート」や区間快速「いしかりライナー」が頻繁に発着しており、加えて留置線も通勤時間帯の終わりから夕方の帰宅時間帯までの間、小樽駅で切り離された一部の車両は留置線で待機することになるので、何かしら列車は停車しています。

このような風景も確認できる機会が少ないと思われ、同時に紹介させていただいた次第です。







小樽駅に停車するキハ201系による快速「ニセコライナー」です。今の時期は日没が早いこともあり、明るい時間帯に小樽駅でキハ201系が確認できるのは、早朝だけになります。ほかに、倶知安から直通する列車がありますね。

以前は、区間快速「いしかりライナー」で夕方の時間帯に小樽駅に発着する列車もありましたが、充当列車削減によって現在は快速「ニセコライナー」1往復と深夜の1960Dのみとなります。小樽駅に停車しているシーンは実はかなり貴重だったりしますよ。

函館本線の山線は不採算路線の1つになりますが、それでも単独で維持することが可能な路線としています。理由は、将来的に北海道新幹線が札幌まで延伸する際、並行在来線として第三セクター化することで確実に手放すことが可能だからと推測します。

札幌延伸の時期が年々前倒しされ、現段階では2031年の春に予定されています。車齢的にも、キハ201系の経年に達する時期であり、山線が第三セクター化されると、キハ201系のような札幌圏から倶知安方面へ所要時間を短縮を図る目的の車両は経営分離によって不要になります。よって、キハ201系の後継車、例えば、キハ203系のような気動車はおそらく登場することはなく、電車との協調運転も見納めとなるでしょう。

ダイヤ改正の度にひっそりと運用削減が実施されており、活躍の場は年々狭くなっています。直通運転は長距離走行ゆえ、遅延が発生しやすくなることも欠点として挙げられ、ここ最近では旭川駅発着の特急列車の新千歳空港駅乗り入れが廃止されました。このようなことから、近年では直通運転が敬遠される傾向にあり、主要駅で系統分離という運行形態が北海道のみならず、全国的にも広まっているでしょう。

平日の利用がどれほどあるのか知りませんが、活躍の場が少ない分、あえて残している列車なのかもしれません。小樽駅で731系と連結したり、3両編成で混雑が予想されるし、夕方も小樽駅で切り離し作業があり、ワンマン運転対応ではないため、小樽~倶知安・蘭越間も車掌が乗務しなければならないなど、欠点がたくさんあります。

倶知安方面直通を廃止すると完全に気動車としての利点を生かせず、使い道がなくなるのは事実でしょうから、このあたりは今後どのようになっていくのか気になるところですね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す