FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

留萌本線の留萌~増毛間廃止から1年

2016年12月4日は留萌本線の留萌~増毛間の営業最終日でした。廃止から1年を経過したわけですが、改めて写真を交えて紹介していきたいと思います。

留萌本線の歴史は古く、明治43年(1910年)に深川駅~留萠駅(現在の留萌)間が開通し、大正10年(1921年)からさらに日本海に沿って留萠駅から増毛駅へ伸びました。開業当初から空知炭田の石炭や木材、海産物などの輸送を担い、留萌港から各地へと出荷されていました。

昭和中期ごろまで留萌や増毛ではニシン漁が栄え、町は活況に呈していました。戦後もニシン漁が少なくなったとはいえ、石炭やセメント、木材といった貨物輸送が活発であり、急行「るもい」などの優等列車も設定され、本線としての役割を担っていたことでしょう。

しかし、石炭産業の衰退に伴う沿線の過疎化や国道231号線(通称:オロロンライン)や深川留萌道などの高規格幹線道路の進出によるモータリゼーションの発達や高速バスによって利用が激減していき、国鉄分割民営化前に急行列車は廃止され、貨物列車も1999年までに乗り入れを終了しています。

その後も利用者は年々減少していきます。留萌~増毛間においては、JR北海道が発足した1987年は1日あたり435人の利用がありましたが、2014年には1日39人の利用まで急激に落ち込んでいました。年間の収入が700万円に対し、1億6,000の万円の赤字が出ていました。

ついに、2015年6月27日に一部の沿線自治体に対し、廃止の検討を打診しました。秩父別町と増毛町は廃止を容認していましたが、最後まで沼田町は存続を求めていましたね。

ちなみに、過去にJR北海道が発表した線区別の収支状況についても、留萌~増毛間は全道ワースト1位を記録しており、平成26年度における営業係数(100円の営業収益を得るのにかかる費用を示す)は4,554円となっていました。そこから、廃止となることが伝えられ、年度別ではありませんが、2015年は2,538円、2016年は715円と年々営業係数を減らしていきました。

2016年は12月上旬の廃止ということで1カ月弱にわたって営業ができない状況でしたが、それでも年間あたり約2,000円ずつ営業係数を減らしていったことになります。ファンの力は凄まじいことが伝わってきます。

鉄道雑誌にも取り上げられ、最後が迫るにつれて各メディアからも報道されました。あれだけファンを中心に最後の利用があったにも関わらず、最終的な営業係数が715円と、それでも営業係数が100円を下回るにはほど遠い数値でした。

これは、11月にJR北海道からプレスリリースで発表されています。ファンの凄さが伝わった反面、北海道のローカル線を存続していく厳しさが改めて身に染みた次第でした。

加えて、廃止に追い打ちをかける出来事として、2005年と2011年の冬期に箸別~増毛間で雪崩による脱線事故が発生してしまいます。以来、2013年や2014年は雪崩の危険性があると判断し、雪害の影響によって運休を余儀なくされました。冬期のみならず、雨でも土砂崩れが発生する危険性もあったため、大雨が襲った際は冬期同様に終日運休を余儀なくされたときもありました。このように、公共交通として全く機能することができない時期もありました。

これを減速運転などで長らく対応してきましたが、雪崩や土砂崩れ対策として安全を確保する場合、防災工事費を投入しなければならず、仮に雪崩や土砂崩れ対策を実施するにしても工費は数十億程度が予想され、昨今のJR北海道の経営状況を踏まえると、とてもその費用を負担できる体力はありませんでした。

当初は沿線自治体は廃止について、JRとの折り合いがつかず、平行線をたどったままでしたが、JRから廃止に基づく支援内容が上乗せされたことにより、廃止に同意した形となりました。

路線廃止に伴うJRからの支援は大きく分けて4つありました。


路線バスが走行していない時間帯(早朝・夜間)の代替交通の運行経費10年分として5,000万円を支援

増毛駅周辺の整備費用の一部として1億3,000万円を支援

増毛駅舎やホームなどの鉄道施設駅周辺の鉄道用地の無償譲渡

通勤定期利用者は1年間、通学定期利用者は在学期間中、バス定期運賃との差額を補償



これらの支援策と引き換えに、留萌本線の留萌~増毛間(16.2km)は廃止されました。

4項目目については、既に支援を終了した該当者も出ているのではないでしょうか。

最後に、最終期の様子を写真を交えてお伝えします。





ほとんどの列車が深川駅発着だったのに対し、下り1本だけ旭川駅発の列車がありました。旭川駅で「増毛」と表示するのは15時台の1本だけで、「旭川⇔増毛」のサボも1日で1本の列車しか使用されませんでした。

あれから1年。時間の流れの早さを実感します。



旭川駅発の列車も含め、留萌本線はキハ54形500番台が主に使用されていました。今年はキハ150形気動車がその代わりとして乗り入れたり、稀に富良野線用のキハ150形が乗り入れることもあるようです。





旭川~増毛間を結ぶ臨時列車です。設定当初は2両編成でしたが、後に利用増を見込んで3両編成としています。管理者は記録していませんが、留萌本線にキハ40形気動車が入線する貴重な記録が最終期に見れましたね。










そして、留萌~増毛間の営業最終日に深川駅で撮影した写真も掲載します。

写真は旭川~増毛間に設定された臨時快速列車です。利用増を見越し、設定途中から3両編成へ増結されています。その中でも特に注目だったのが「キハ40-1758」です。釧路運輸車両所(釧クシ)所属の車両で本来であれば、旭川地区で運用されることはないです。2010年4月に国鉄色(朱色5号)に復元された車両です。

おそらく、留萌本線のラストに合わせて釧網本線や石北本線を経由して応援に駆けつけた車両であり、ファンには最後で最高のプレゼントになったことでしょう。





そして、旭川駅へ戻ってきた際の様子です。最終日ということもあり、同駅には定刻15時46分の到着ですが、混雑の影響で47分ほど遅れて同駅7番線に到着しました。

最終列車ではありませんが、昨年12月4日の営業をもって留萌~増毛間は廃止となりました。

あれから1年、結局沿線の様子を確認に行けず仕舞いですが、廃線となって沿線はどう変化したのか気になります。鉄道路線がなくなったからとはいえ、全てが終わりではありません。

増毛町は、鉄道用地の無償譲渡や1億3,000万円の支援で駅周辺を観光地として整備していたと思いますが、果たしてその方法が持続可能であり、且つ地域振興策として機能するのでしょうか。

一番重要となっていくのが持続可能なものにしていくことです。これができなければ、結局はそのプランや方向性はなくなり、新たなプランや方向性をつくり出し、効果がなくなったら次々に切り捨てていく・・・。この繰り返しではダメです。

過疎化地域においては、観光客を呼び込む地域振興策は重要と考えますが、持続可能なものにすること、あるいはリピーターがいないと長続きせず、結局は無駄になってしまいます。以前コラム記事を掲載しましたが、人口を増加させることが難しいながらも一番の近道であると考えています。要は、人口が減少して過疎化が進むということは、若者が少なくなり、地域の活気が失われるということです。

やはり、若者をいかにして留萌本線の沿線に住んでもらえるか、あるいは移住してもらえるかを真剣に考えなければ、増毛町も留萌市もその周辺の自治体も間違いなく消滅するでしょう。「週間ダイヤモンド 2017年3月25日号」からは、2050年までに現在よりも58.2%沿線人口が減るという試算を出しています。ちなみに、全国のローカル線で留萌本線がワースト1位です。

試算ではありますが、将来的に人口が減少して自治体を存続していけるのか危機的状況になることは言うまでもありません。周辺市町村との合併の可能性はあるにしても、早急に人口を増やす方法を模索しなければ本当に自治体そのものが危ないでしょう。

増毛町は残念ながら今までは通過点でしかなく、じっくりと町内を散策したことがありません。時間があればそのような機会をつくり、ブログを通じてお伝えしたいと考えています。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7081: by らんちゃん on 2017/12/06 at 22:00:59 (コメント編集)

こんばんは。

そうですね、もうあれからあっという間に1年が過ぎて・・・本当に、時間の流れの、早いこと・・・。

赤い字で書いてある、4項目めの補償(定期差額)は、知りませんでした。

「15:14増毛行き」、今は、留萌、になっていますよね。

「あさひかわ←→るもい←→ましけ」のサボも、何枚も写真、撮りました。最終日、40-1758に乗れた(朝、寒い旭川駅ホームで1時間並んだ)のは、一生の思い出です。帰りもこれでした。深川からは、グッと空きました。撮影のお写真には、私、乗っていることになりますね。
本当はこれではなく、最終のに乗りたかったのですが、鉄娘アッシーの時間の関係で。書いていらっしゃるように遅れ、近文駅まで車を取りに行けず、友達に旭川駅まで迎えに来てもらえてありがたかったです。

増毛駅かいわい、散策するには、ちょうどいい距離ですよ。たこからと海鮮丼食べに(食い気でダメですね)、またきっと、行きたいと思います。
留萌駅まで列車、そこから増毛までバス、まだ実現できていません。

7082: by シニアパートナー on 2017/12/07 at 13:27:35 (コメント編集)

最近、ネコパブリッシング社発行の「国鉄時代」のバックナンバーを取り寄せして、しみじみ眺めておりますが、留萌線に限らず北海道全体が炭鉱とニシン漁という2大要素によって隆盛していったことを実感させてくれます。

国鉄だけで約4,000キロ、炭鉱会社等や自治体が保有する鉄道(専用軌道含む)が約2,000キロ、最大で6,000キロに及ぶ鉄路がかつて存在したことは、いまや想像できません。元々人の住まない山奥や海岸線に多数の集落を形成し、その輸送のため鉄道が敷かれた訳です。

言い換えれば、いまの北海道は炭鉱とニシンと言った巨大資源を失った後、縮小の道を辿っているようにも見えます。北海道の過疎は、この大きな産業が衰退すると同時に始まったと考えていいかも知れません。

過去の栄華を懐かしんでも何も生まれません。ただ、歴史も頭も片隅に置き、これではちょっとまずいのではないか、という感覚も必要と思います。

話が逸れてしまいましたが、経営的に厳しい路線廃止は必然なれど、活用可能性ある路線は、必死で知恵を絞ってほしいと感じた次第です。

7090:納得いかない増毛町のゴネ得 by 龍 on 2017/12/07 at 21:35:20 (コメント編集)

増毛町は独自に高校生へのバス定期半額補助を行っていました。当然ながら、地元の高校生はみんなバスを使っており、留萌本線を利用する高校生は皆無でした。JR北海道が留萌本線の廃止理由として一番に挙げたのが「定期利用者がいないこと」。留萌本線を「誰も使わない」状況を自分で招いた(もしくは助長した)のは増毛町だと思います。

にもかかわらず、そのJR北海道に対して、「廃線後3年間、高校生の定期券補助金を負担しろ。断るなら廃止は認めない」というあまりにも理不尽な要求を飲ませました。ゴネ得以外の何物でもありません。さらに、JR北海道が拠出した費用で旧増毛駅舎を改修する、というのも納得できないところです。「あんたら何様のつもりだ?自分で金出せよ」と。

もっと言えば、先日の「街に魅力があればJR北海道があってもなくても客は来るはずだ」という町長の発言。つい1年前まで「街を衰退させる廃線は断固反対」などと散々文句を言っていたくせに、あまりにも身勝手で怒りすら覚えます。

7091: by 龍 on 2017/12/07 at 21:47:05 (コメント編集)

「街に魅力があればJR北海道があってもなくても客は来るはずだ」という発言は、町長ではなく商工会の人の発言です。「街を衰退させる廃線は断固反対」という発言も同様です。訂正いたします。

7093: by 管理人 on 2017/12/08 at 12:00:38

>>「らんちゃん」さん、コメントありがとうございます。

時間の流れは早いですよね。旭川発は残されましたが、現在は留萌までの列車になっています。

ほとんどの利用が札幌方面からの利用のはずで、最終日確認した限りでは、臨時快速列車は旭川駅到着の時点で2両編成で運行されていた設定当初から比べると少し混んでいた記憶があります。最終日は列車が遅れ、寒さに耐えながら到着を待っていた懐かしい思い出です。

残念ながら増毛町は今まで通過点でしかなく、町内を見て回ったことは一度もありません。時間がある際にどのような状況になっているのか確認しに行きたいですね。

返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

7094: by 管理人 on 2017/12/08 at 12:19:07

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

北海道内はかつて至るところで鉄道路線が敷設されていたと思います。当時はおそらく、並行する道路も乏しく、これによって公共交通も限られ、自動車の普及も進んでいなかったでしょう。地方で人口が今以上に多かったこともあり、ローカル線でもそれなりにやりくりができていたと思います。

それでも弱い輸送基盤を構築すべく、石炭や海産物の輸送といった貨物輸送を含めることで路線を維持できたと思っています。特に海沿いを走行する路線や小樽もかつてはニシン漁に栄え、地元の開拓の村でその当時の様子(ニシン漁の漁師の生活など)を知ることができます。

漁業人口の減少や石炭産業そのものが衰退したことで北海道は窮地に立たされています。過去を振り返ってもあまり意味がありませんが、これからの21世紀における北海道はどのようにあるべきかを、真剣に検討する時期にきています。

鉄道路線もそれに向けて整理していく必要があり、まずは本当に利用のない路線から整理していき、可能性のある路線については今一度の検討が必要だと思います。

7095: by 管理人 on 2017/12/08 at 16:01:59

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

通学定期について少し調べてみたところ、路線バスには通学定期に対して補助金が出るようですね。

病院なども移転されているようで、学生からお年寄りまで路線バスの方が利用され、必然的にそちらを重宝するような仕組みになっていたようですね。

詳しく書かれているページを見つけたので、後日ブログを通じてお伝えできればと思います。

▼このエントリーにコメントを残す