FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

解体を免れた「モハ784-501」(uシート車)がブルーシートに覆われる!

今年の5月から6月にかけて苗穂工場で解体された785系NE-1編成の4号車として使用していた「モハ784-501」(uシート車)は、唯一解体を免れ、苗穂工場に留置されるようになりました。







参考記事:解体免れか!?「モハ784-501」が苗穂工場敷地内に留置される(2017年6月7日更新)




先日、鉄道技術館の一般公開の際、その様子を少し確認することができました。どうやら、ブルーシートに覆われたようです。





今年の5月から6月にかけて確認した際と比べて、引き続きDE15形ディーゼル機関車らしき廃車体が隣接して置かれており、ブルーシートの形状などからしてほぼ間違いないと思われます。

ブルーシートに覆われるということは、すぐには動きがないことを意味しています。

ここ最近では、キハ285系や711系S-901編成といった車両が解体までの間、一時的にブルーシートに覆われていました。一年を通じて厳しい気候条件の北海道では、車体の劣化を極力防ぐ等の理由からこうした措置がとられるのかもしれません。

いずれもこれらの車両は、ブルーシートに覆われてからしばらく動きがありませんでしたね。

また、「モハ784-501」について気になる情報があります。



昨年の6月に別の用事で跨線橋にほぼ隣接するコインパーキングを利用した際、その敷地内から撮影した1枚です。



6枚目の写真に、車体側面に赤枠で4つ囲った部分があります。実は、緑色のガムテープのようなものが貼られています。見づらいと思うので、写真を拡大してご確認ください。

今年の苗穂工場のSLの牽引運転の際に確認できたようですが、このテープに「生かし車両 解体禁止」と書かれていたようです。おそらく、逆側の車体側面にも4つほど貼られていると思われ、今後何らかの使用目的があると思われます。

部品取りとしての1つの可能性がありますが、別に車体を解体しても主要部品だけを車体を切断するまえに取り除いておけばいいわけです。この1両だけ解体されなかった背景というのがどうしても気になってしまいます。

他に考えられるのは、噂されている789系0番台のもと増結用編成と組み合わせて営業運転に復帰する説です。

函館の五稜郭車両所で789系0番台の付属編成2本(2両編成×2本)が留置されているようです。昨年度中は除籍されておらず、こちらも動向が気になるところです。付属編成だった2両編成×2本に今回紹介している「モハ784-501」を組み合わせれば5両編成となり、改造を実施すれば「カムイ」や「すずらん」で使用できるのではないでしょうか。

これを実施するには1つ気になる点があります。それは785系と789系ではおそらく、床の高さが異なるのではないでしょうか。0番台ではなく、1000番台になりますが、札幌駅で隣同士に並んだ際、785系の方が客室窓の位置が高かった記憶があります。単純に窓枠の位置が高いだけかもしれませんが、床の高さそのものが異なり、789系では重心そのものが低くなっているかもしれません。このあたりはもう少し調べてみないといけませんね。

しかし、785系は2018年度末で全ての車両を引退する予定であり、それが事実であれば「モハ784-501」も該当することになります。苗穂駅移転工事で跨線橋からの確認が難しかったため、当該車両の動きが遅くなってしまいました。いずれにしても、ブルーシートに覆われたということはしばらくは動きがないと判断できますね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7137:どうなるの? by 785系が好き on 2017/12/13 at 01:17:13 (コメント編集)

函館の789系0台4両と混結して「カムイ」・「すずらん」で活躍して欲しいと思いますが、どのようになるか判るのが待ち遠しいですね。その場合、モハ784-501は4号車になるでしょうから、3号車をMT比変更改造して、全2ドアになるのだと予想しますが、塗装がどうなるか気になります。

自分の予想では、前面貫通戸が埋められたら、789系1000台に合わせた塗色となり、貫通戸がそのままの場合は萌黄色のままのような気がします。後者の場合、モハ784-501の塗色もドア周りを萌黄色にするのではないかと。更に窓周りをシルバーに塗色すれば個人的には編成美として見栄えが良くなると思っています。

いづれにしても判るまで待ち遠しいですね。気長に楽しみにしています。


7145: by 管理人 on 2017/12/14 at 00:37:45

>>「785系が好き」さん、コメントありがとうございます。

塗装を合わせるとしたら乗降扉付近ぐらいではないでしょうか。津軽海峡線時代はNE-303編成は車体側面は大きく塗装変更はしませんでしたね。

2018年度末に引退報道があるので、動向についてはまだ何とも言えないです。785系は個人的にも好きな車両であり、いい動きがあれば嬉しいですね。

▼このエントリーにコメントを残す