FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

苗穂運転所で函館から輸送された「キロ182-504」を確認!謎の試運転編成に連結される

12月9日に臨時「北斗91号」のスジを使って函館運輸所(函ハコ)に所属していたキハ183系のうち、500番台と1500番台の一部が苗穂運転所(札ナホ)に輸送されました。

輸送されたのは8両で、このうち1両が来年3月のダイヤ改正で動向が注目されるハイデッカーグリーン車キロ182形500番台が含まれていました。12月13日に苗穂運転所構内でその様子を確認することができたのでお伝えします。



ハイデッカーグリーン車の前にこちらも確認することができました。外装は苗穂運転所に所属する400番台や500番台とほぼ共通ですが、車番が「キハ182-511」となっており、これは函館運輸所から輸送された車両のうちの1両です。



そして注目の「キロ182-504」です。苗穂運転所は平屋タイプのグリーン車しか在籍していないため、同運転所構内で確認する姿は新鮮です。

今年3月ダイヤ改正まで特急「北斗6号」と特急「北斗19号」の1往復で主に使用されていました。ダイヤ改正後はキハ261系1000番台に置き換えられたため、定期運用は持たず、稀にキハ183系の130km/h対応編成やキハ261系1000番台などといった充当列車の代走としての役目として残っていました。今年度に入ってから函館車の500番台は完全な予備車としての位置づけであり、確認できる機会は極端に少なくなっていました。

今年度をもって、残るキハ183系0番台も全て置き換えられる予定であり、グリーン車設備を有する「オホーツク」・「大雪」にどのような措置がとられるのか注目されています。

先日の輸送が今後の転属のためのものなのか、単純にかつてのような予備車両不足のための函館からの応援措置なのか、現時点ではまだ判断することができません。



実は、これら函館車2両は苗穂車3両と組まれ、5両編成で待機していました。稼働する予定がないのであれば、車両を組み替える必要はありません。この5両編成は一体何を意味するのでしょうか。



先頭の「キハ183-213」のヘッドマークは「試運転」を表示していました。今後、何かしら稼働する機会が与えられているのかもしれません。

編成は以下の通りでした。


<江別・千歳方面⇔札幌方面>


キハ183-213キハ182-511キロ182-504キハ182-406キハ183-406



上記の5両編成でした。

実は反対側には「キハ183-406」が連結されていました。アングルが悪く、撮影には至りませんでしたが、これはこれで貴重な編成だったと思います。

おそらく、今しかスラント車+ハイデッカーグリーン車という組み合わせは確認することができないと思います。なぜなら、スラントノーズ車が今年度限りで引退してしまうからです。出火事故前に何度か「北斗」の代走でスラント車+ハイデッカーグリーン車という組み合わせが見られたものの、これら2つの車両が同じ編成で確認することができるのは、来年3月のダイヤ改正前で且つ例外的に試運転や代走運転で使用されたときに限られてくると思います。確率的にはかなり厳しいでしょう。

たまたま様子を確認しに行っただけですが、貴重な組み合わせを見ることができたので満足でした。函館から輸送された車両を含め、今後の動向が注目されます。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7149:グリーン馬鹿には、一安心?! by ピカチュウの休日倶楽部 on 2017/12/14 at 03:24:29

5両のグリーン付って事は、多分ですが、石北系統に投入でしょうね。

ハイデッカーグリーンになって、多少の観光需要が増える…、無理かな。

7151:転廃の予感 by ダッフィー on 2017/12/14 at 12:36:41

転属、置き換えの話が明るみになりましたね。
石北線の特急の問題で、やはり函館方向を走っていたN/NN車の転属でキロハも含む初期車両廃車が決定的になりました。
しかし、函館方向を走るN/NN車には自動放送装置があり、石北線の特急には備わっていないものです。
どうするんでしょうね?

7155: by 管理人 on 2017/12/15 at 17:47:36

>>「ピカチュウの休日倶楽部」さん、コメントありがとうございます。

15日にダイヤ改正資料が発表され、石北系統では変更点がないこと、キハ183系0番台を全て置き換えることを踏まえると、ハイデッカーグリーン車が活用されることはほぼ確定的です。需要増には直接結びつかないと思いますが、眺めがよくなりますね。

7157: by 管理人 on 2017/12/15 at 17:55:17

>>「ダッフィー」さん、コメントありがとうございます。

ダイヤ改正資料が発表され、石北系統の特急は変更点がなく、キハ183系0番台が全て置き換えるとなると、ハイデッカーグリーン車転用は現実のものとなりそうです。

N車は備わっている車両もあれば、ない車両と混用されるはずです。そのあたりの対応がどうなるか正直わからないですね。

7181:自分の予想では… by ERGA-1064 on 2017/12/18 at 12:55:45 (コメント編集)

自分の予想では、3月前に車検の切れるキロハ182またはキロ9は車検を通さずに廃車、穴埋めとしてキロ182ー504や505を使うと予想しています。
来春のダイヤ改正で大雪・オホーツクの時刻表欄に「ハイデッカーグリーン車」の表記があってほしいと願うばかりです、

7188: by 管理人 on 2017/12/18 at 21:02:22

>>「ERGA-1064」さん、コメントありがとうございます。

キハ261系の増備によって予備車両を中心に函館から苗穂へキハ183系の一部が転配しているので、中にはダイヤ改正前から営業運転を撤退する車両も出てくるかもしれません。

廃車となる一般車の中にキロ182形0番台やキロハ182形0番台が含まれているので、ハイデッカーグリーン車が連結される可能性が高いですね。

▼このエントリーにコメントを残す