FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

まもなく見納めになるキハ183系平屋タイプのグリーン車

今回は事前に記事を作成した予約投稿という形をとらせていただいています。

キハ183系0番台が今年度末(来年3月)をもって廃車になります。

早期に置き換えに着手すると発表していた0番台34両のうち、2015年度末に2両、2016年度末に18両が廃車されました。残るは14両となります。



上記は以前掲載した記事のために作成した資料です。参考資料として確認してください。

これまでにキハ183系旭山動物園号を除く一般車34両中20両が廃車になっていますが、平屋タイプのグリーン車はまだ1両も廃車になっていません。予備を含めて最低必要数しか残さなかったため、それが最後の最後まで重宝された形になります。

しかし、今年度末で0番台の全て(一般車14両)が廃車になるので、平屋タイプのグリーン車もとうとう見納めになってしまいます。



写真はキロハ182-3(製造年月日:1981年9月18日)



写真はキロ182-9(製造年月日:1982年8月20日)



見納めになるのは2種類あり、キロ182形0番台とキロハ182形0番台です。

キロ182形0番台はキハ183系の登場当時から活躍するオリジナルのグリーン車です。廃車やキロハ182形0番台への改造が進み、現在は「キロ182-9」のみが改番されずに使用されています。晩年は苗穂運転所(札ナホ)へ在籍し、キロハ182形0番台の予備車両や代走車両のグリーン車として営業運転に入りましたが、2017年3月のダイヤ改正より、網走方面の特急列車の一部運行区間縮小により、営業運転に入る機会は減り、専ら予備車両として代走車両用として重宝されています。

キロハ182形0番台は、グリーン車利用の低い「オホーツク」向けに従来のキロ182形0番台から車販準備室部分を普通席(2×2人掛×4列の計16席へ改造し、普通車の増結抑制を図るために登場しました。1996年8月から10月にかけて5両が改造され、5両ともいまだ現役車両です。

改番がされず、登場当時の外観をそのまま残す「キロ182-9」は1両しかないため、キロハ182形0番台よりもそちらに目が行ってしまう傾向がありますが、キロハ182形0番台は元々キロ182形0番台から改造・改番された車両なので、製造年月日は「キロハ182-10」を除く残りの4両の方が「キロ182-9」よりも古い車両ということになります。代走用として重宝されている「キロ182-9」よりも車番が若く、連日過酷な環境下の北海道で使用されてきたことを踏まえると、むしろキロハ182形0番台の方が残っているという点では奇跡かもしれません。

先日ダイヤ改正の資料が発表されました。キハ261系1000番台を20両を追加投入することで札幌~函館間を全て「スーパー北斗」としたうえでキハ183系を撤退させ、ダイヤ改正以降もキハ183系が引き続き活躍する網走方面へそれらの車両とともに活躍することになります。

一部の車両は既に函館運輸所(函ハコ)から苗穂運転所へ回送され、「オホーツク」・「大雪」として営業運転に入った車両もあります。

これら函館運輸所から車両が転配されることにより、老朽・劣化の激しいキハ183系0番台の一般車残り14両を全て廃車にします。元々今年度の事業計画でキハ183系0番台を全て置き換えることが明記されていたので、それが現実のものとなります。

一方、定員数の関係などから函館運輸所に所属していたハイデッカーグリーン車の動向が注目されていました。ダイヤ改正資料から推測すると、キハ183系0番台が全て廃車されるにも関わらず、「オホーツク」・「大雪」は運行体系の変化がないことから、ハイデッカーグリーン車をそのままこれら網走方面の特急列車に転用する流れが有力だと思います。

来年3月のダイヤ改正まで3カ月を切り、平屋タイプのグリーン車の活躍期間も同じく3カ月を切りました。今は毎日見られますが、ダイヤ改正以降は見られなくなるので、平屋タイプのグリーン車を連結している「オホーツク」・「大雪」は貴重なシーンになると思います。日々の記録が大事ですね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7223: by ナナッシー on 2017/12/24 at 10:54:00

こんばんは
現在と同じ4両運転になったとしてもN/NN183系の方が定員数が多いため、同じ輸送力が保てます。
問題は自由席と指定席の連結位置をどうするのかです。
GU指定席を遠軽向きにするか、もしくは札幌&網走向きに変えるかで大きく変わりますね。
現在と同じなら(1自由-2自由・指定-3グリーン-4指定)でしょうか。
もしくは(1指定-2グリーン-3指定・自由-4自由)のどちらかでしょう。

さすがにあり得ないとは思いますが、かつての特急北斗と同じ編成(1指定-2指定-3グリーン-4自由-5自由)では明らかに輸送力が過剰だと思いますがね。

7225:承認待ちコメント by on 2017/12/24 at 16:20:00

このコメントは管理者の承認待ちです

7230: by 管理人 on 2017/12/24 at 19:12:09

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

ハイデッカーグリーン車にしてもその分ほかの車両で定員数を多くしているので、さほど影響はないと思います。指定席や自由席の位置は函館からの転用車の活用次第になりますね。「キハ183-1507」は指定席車両として引き続き使用されているので、グレードアップ指定席はそのまま指定席車両として使われる可能性が高そうです。

5両編成は必要ないですね。

7234: by 管理人 on 2017/12/25 at 17:19:33

>>2017/12/24 at 16:20:00にコメントを投稿した方へ

記事の内容と関係のない内容のコメントはやめてください。

7245:承認待ちコメント by on 2017/12/27 at 07:30:09

このコメントは管理者の承認待ちです

7251: by 管理人 on 2017/12/28 at 01:31:30

>>2017/12/27 at 07:30:09にコメントを投稿した方へ

当ブログを閲覧いただき、重ねて詳しい情報ありがとうございます。

表面上はほとんど変わらないダイヤ改正ですが、より一層の危機感を持たなければいけないということは把握しました。

差し支えなければ時期が近づいた際にでも記事を作成して掲載したいと考えています。一応、情報の漏えいの問題等発生する可能性があるので、現時点でのコメントの公開は控えさせていただきます。

▼このエントリーにコメントを残す