FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2017年度年末年始輸送期間中のキハ283系による臨時「北斗84号」・臨時「北斗91号」レポート

年末年始輸送期間中に運行されたキハ283系による臨時「北斗84号」・臨時「北斗91号」を紹介したいと思います。

キハ283系充当の臨時「北斗84号」は年末に2日間しか設定されず、明るい時間帯に撮影できる機会が非常に少なかったです。折り返しとなる臨時「北斗91号」にも充当されていましたが、札幌圏に入る頃には既に薄暗くなり、札幌駅到着時は真っ暗でしたね。





12月29日に札幌駅で撮影した臨時「北斗84号」です。本当は翌30日も撮影する予定でしたが、特急「宗谷」が6両編成で運行されたのと、中間にSE-103編成が新たに重要機器取替工事が施行されていたので、そちらの撮影を優先した結果、29日だけの確認となってしまいました。

年始後も回送列車として同時刻に設定されていましたが、どうしても明るい時間帯にヘッドマークを掲出した状態で撮影したかったため、同日だけの確認となってしまいました。

直前に雪が降り出し、見事にヘッドマークがやや隠れてしまいました。



1月4日に札幌駅で撮影した臨時「北斗91号」の回送列車です。

編成は以下の通りでした。



<函館⇔札幌:キハ283系>

キハ283-2キハ282-2002キハ282-2004キハ283-20



上記の4両編成でした。いずれも札幌運転所所属車でした。

そもそもそこまでの需要がない可能性もありますが、臨時列車としてキハ283系を使用していることで札幌車による「スーパーおおぞら」も1両程度の増結にとどまりました。

これまで、上り列車が設定されれば、下り列車も必然的に設定されるという運行体系でしたが、今年度の年末年始輸送期間中から輸送適正化によって片道のみ営業する運行体系もみられました。片道の場合も臨時列車のスジを使って車両を回送しなければならないので、これが輸送適正化に貢献しているかというと、必ずしもそうでない気がします。

次回以降の運転は未定のままのはずです。設定日が縮小傾向にある中でキハ283系による希少な4両編成を確認することができるので、見られるうちに記録しておいた方が無難です。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す