FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

1月12日の特急「オホーツク4号」の札幌方先頭車に「キハ183-4」(極寒の銀世界号)を連結!

1月12日の特急「オホーツク4号」の札幌方先頭車に「キハ183-4」(極寒の銀世界号)を連結して運行しました。



札幌駅到着直後の特急「オホーツク4号」です。1号車から3号車がHET色やとかち色の車両に対し、先頭の4号車のみカラフルな車両です。キハ183系旭山動物園号の札幌方先頭車として使用される「キハ183-4」(極寒の銀世界号)が連結されていました。



4分後に同駅3番線に到着する上りの特急「宗谷」との並びです。この並びが実現することも残り僅かとなりました。同列車の代走ばかり撮影しすぎて、逆に定時到着が不思議なぐらいです。

特急「オホーツク4号」の編成は以下の通りでした。


<遠軽⇔札幌・網走:>

キハ183-1552キハ182-501キロハ182-6キハ183-4



上記の4両編成でした。

札幌方先頭車だけ車両変更が実施されたとはいえ、実質スラントノーズの座席車なので、難なく対応することができたと思います。荷物置き場スペースがあり、記憶にある限りでは通常のスラントノーズ車よりも定員数が少なくなっていた記憶があります。

今回確認した編成は、11日の特急「オホーツク3号」から運用に入り、網走滞泊後、12日の特急「大雪2号」から運用に入って札幌に戻ってきた形となります。組み替え等が実施されなければ、13日の特急「オホーツク1号」から営業運転に入りますが、残念ながら一般車が連結され、今回確認した編成は見られなくなっているようです。

キハ183系0番台が今年度中に引退し、同じく3月にキハ183系旭山動物園号もラストランを控えています。一般車との混色編成も3月までで終了するので、今回も貴重な記録になりました。

ここ1~2日間は「オホーツク」・「大雪」でスラントノーズ車が多く登板しており、今回も旭山車の一部が充当されたということで、一時的に車両繰りに苦慮しているのかもしれません。ですが、再びマイナーチェンジ版の貫通型先頭車が順次営業運転に入っているようで、再び安定した輸送が続けられるでしょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7292: by ナナッシー on 2018/01/13 at 14:37:35

こんばんは
旭山動物園号は3/25ラストランとアナウンスされていますので、今のうちに沢山走らせて、後継車両に負荷をかけないようにしているようにも思えます。
後継車両もかれこれ30年選手なので、少しでも温存し、長く走れるように調整をしてほしいです。

183系0代全廃の次はN183/NN183系の置き換えですが、こちらも早い段階で老朽化取り替えが行われ、2021年度?には261系1000番代に統一する予定です。

7296: by 管理人 on 2018/01/14 at 01:38:31

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

車両の検査切れに到達する走行距離に合わせてあえて運用を組んだ可能性もありますね。ですが、ここ最近はスラントノーズ車が一時的に登板する機会が増えていたとすると、予備車両が少なかったという見方の方が自然ではないでしょうか。

網走方面の特急車両の置き換えはまだまだ現実的ではないと思いますが、今後10年弱を節目として置き換えられることになります。まずは振り子式車両の置き換えによって車両の統一などが優先される気がします。

7300: by 南の虎 on 2018/01/15 at 13:34:01

N・NNも既に30年を迎えていますが、重要機器取替が完了しているので車齢40年くらいまではいくかな?とも思いつつ、特に、外鋼板が薄いと言われるNに関しては、どこまで耐えられるだろうか、と思います。
いまや、ボロボロと言われたキハ82系の車齢(定期引退時25年)を大幅に超えており、いくら車両自体の耐久性やメンテ精度が向上しているといっても、限度があると思います。

次が261新造投入→281北斗から引退→オホーツク・サロベツへ投入、となりそうな気がします。
283はそのまま引退とも思いますが、オホーツク・サロベツならやれそうな気もします

7303: by 管理人 on 2018/01/15 at 20:55:40

>>「南の虎」さん、コメントありがとうございます。

キハ183系の一部も重要機器取替工事が施行されて延命措置が施されていますが、キハ261系の増備が続けられて置き換えることができるようになればそれまでだと思いますよ。

最後の活躍は網走方面になり、高速化も実施されていないことから、置き換えは後回しになると予想しています。キハ281系やキハ283系を先に置き換えていくと予想していますが、これら振り子式車両を引き続き転用することは難しいと思われ、車両を統一させて車両整備を実施する現場の負担も減らしていくことも視野に入れていると思いますよ。

▼このエントリーにコメントを残す