FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【コラム】わがまちご当地入場券の転売

わがまちご当地入場券(以下、ご当地入場券)についての3つ目のコラム記事です。今回で一旦最後です。

最後は、ご当地入場券の転売についてです。閲覧する皆さんは、ご当地入場券の転売についてどう思いますか?

ご当地入場券のホームページを確認する限り、転売についての規制はなく、禁止行為ではありません。ですが、一点だけ指摘したいことがあり、取り上げさせていただきます。

まず、ご当地入場券というのはどういったものか、その主旨・コンセプトから改めて内容に入っていきたいと思います。

わがまちご当地入場券とは・・・



417のえき、101のまち。

北海道と青森県、101の市町村に、JR北海道417の駅があります。

そこにはそれぞれの街の表情があり、そして101の鉄道風景があります。


101の市町村にご協力いただき、それぞれの街の表情と鉄道風景をひとつのきっぷにのせて、JR北海道わがまちご当地入場券を発売します。
101種類の入場券は、それぞれ101の街に行かないとお求めいただけません。実際に脚を運んで、あなただけの101の景色を見つけてください。


これら文章は、全てホームページからそのまま引用しました。

今回はご当地入場券の転売について取り上げるわけですが、既に矛盾が生じています。

大事な部分を赤字としていますが、「101種類の入場券は、それぞれ101の街に行かないとお求めいただけません。実際に脚を運んで、あなただけの101の景色を見つけてください。

このような記載がされています。

ですが、転売ということは、101の街に行かなくてもそのご当地入場券を手に入れることができてしまいます。その街に脚を運ぶ必要がないわけです。特に販売に関する規制はありませんが、ご当地入場券という商品を開発した当初の主旨・コンセプトから逸れる行為があってはならないわけです。この主旨・コンセプトのもとで我々ユーザーもルールに沿って購入しなければなりません。

では実際にどのような転売方法があるかについてですが、2通り確認することができたので紹介します。



その1:インターネットオークション





1枚目と2枚目の写真はインターネットオークションサイト「ヤフオク!」でオークションでかけられているご当地入場券の様子です。

一部を紹介すると、6駅分+応募券で2,680円からスタートするものや、帯広駅のものが1枚で490円のものなどがあります。前者は応募券の価値がどれほどか知りませんが、単純にご当地入場券だけで計算すると、1枚あたり446円で取引きされていることになります。これが最低の価格になっているわけですから、複数名によって競う場合、もっと値段が上がるわけです。即決価格も決まっていないので、入札すればするほど、出品者の収益になります。

これに加え、詳細を確認してみると、落札した際の送料も落札者側が負担することになっており、落札金額+定形外郵便(140円)~レターパックプラス(510円)が加算されます。このように、中には本来入手できる金額よりもさらに高額に設定されているケースもあります。

後者は1枚あたり490円で取引きされており、通常の値段よりも320円上乗せされています。こうして、複数枚を仕入れて高値で取引きし、出品者の収益にするという行為が目立ちます。

ですが、そこまでご当地入場券が注目されていない商品なのか、いつまでたっても入札されていないのが実態で、出品者懐が痛んでいる様子が伺えます。このような値段では売れませんね。

逆に、こういうものに惑わされず、自分で脚を運んで手に入れるユーザーは大いに評価できます。それこそが、ご当地入場券を収集するうえでの真の姿です。



その2:施設での転売





施設での転売については、Twitterで流れてきた情報を参考にします。こうした施設は道内に複数あるでしょう。施設での転売はTwitterの投稿者が事実を投稿してくれなければ、その様子を知ることができませんでした。ある意味で投稿者に感謝です。

ご当地入場券の販売実態を調べていると同時に、Twitterでその情報を調べていると、面白い展開になっていた投稿を発見して写真を保存しました。3枚目の写真は管理者のもので、4枚目の写真は3枚目の写真の一番上部の投稿者がスクショして撮影したものです。

4枚目の写真について、本当は投稿者を隠す必要はないですが、このあたりも管理者のやさしさを察してほしいものです。

十勝晴駅という施設でご当地入場券が転売されているようです。

十勝晴駅を何か耳にしたことがあると思えば、当ブログで初めてご当地入場券の内容を扱った際、車利用で全種類をコンプリートし、且つそれを十勝毎日新聞が取り上げるという内容の薄っぺらい報道を紹介した際に出てきた私設の鉄道博物館です。

今回はTwitterでその施設でご当地入場券が売られているということだけは確認できましたが、それが実際にオークションのような値段で通常価格よりも上乗せして売られているのか、細かい実態までは把握できていません。


転売のメリットとしては、値段は高くなりますが、例えば、金銭的に鉄道の旅が厳しく、活動の範囲内が主に校区内に制限されている小学生、中学生や高校生も金銭的な問題からなかなかご当地入場券を収集しに行くことはできないと思います。このような状況であれば、転売によって入手するという方法は最も有効な手段であると言えます。

これら転売は、確かに規制などがなく、罰則も設けられていないため、行為そのものは違反ではありません。しかし、上述のように、「101種類の入場券は、それぞれ101の街に行かないとお求めいただけません。実際に脚を運んで、あなただけの101の景色を見つけてください。」という主旨・コンセプトが初めから設けられているのであれば、これに従って我々ユーザーも行動しなければなりません。


ということで、ご当地入場券について3つほどコラム記事を交えて紹介させていただきました。転売に関して、特に2つ目の施設での転売はTwitterでたまたまよい素材を見つけたので紹介したにすぎません。はっきり言ってしまうと、SNSにリアルタイムでその状況を投稿したり、プライベートの全てを投稿することは非常にリスクを伴います。今回もその状況さえ投稿しなければ、記事を充実させることができませんでした。

話題から逸れてしまいますが、昨今Twitterを確認していると、特急「オホーツク3号」の編成確認の際、他の投稿者が先に内容を投稿したため、注目度が下がって愚痴をこぼす人間や、昨日の特急「北斗22号」も、3時間半程度札幌駅でその様子を確認してリアルタイムでその様子をお伝えするなど、本当にくだらないことが目立ちます。

特に後者は、暇な人と認識され、他者から投稿されていたので、その様子を確認していた人物像が見えていなくてもわかってしまうんですよね。

全てはそれぞれ自身のアカウントが注目されたいだけの行為であって、ただ時間の無駄です。逆に言ってしまえば、それだけプライベートが充実していない人だということです。

特に、今回取り上げた写真のアカウント以外が該当しますが、このように指摘されたくなければ、SNSと関わっていく中での日常生活を見直すべきです。他にも、不正乗車など指摘したい点が山ほどありますが、当記事とは関係ないので、後日機会があれば取り上げさせていただきます。


最後になりますが、今回ご当地入場券について調べてみて、どのような販売方法や実態なのかを大まかに把握することができたと思います。全ては、販売の母体となるJR北海道がよりしっかりとした販売戦略や仕組み、規制等を盛り込まなければ完璧とは言えません。全国的にも注目される商品となりつつあるのは事実で、売れば売るほどJRの収益になる仕組みも確認できました。そうであれば、今後はより収益を増やすための商品展開を行い、経営状態が著しくない中で少しでも貢献できるようになってほしいですね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7306:価値観の違い by ひまじん@横浜市民 on 2018/01/16 at 13:20:22 (コメント編集)

私のツイートが出てて驚きました(苦笑)
転売についてはご意見が様々あることでしょう。

私も転売や代理購入には違和感を覚えますが、実際に私も知人友人に頼まれて数枚代理購入に加担していて、余り偉そうなことはいえません。

価値観の問題で、全部自力で廻って購入することに意味を見出している人もいれば、「極力廻れるところだけ回って、難しいところは知人の力も借りてコンプを目指す」と言う人もいらっしゃるでしょう。全ての収集者さんがコアなファンとは限りませんし。

7307:JRの迷走入場券! by ピカチュウの休日倶楽部 on 2018/01/16 at 14:15:22

かつてJR北海道と言えば、オレンジカードの販売が盛んで、私もよく北海道に来た度に買ったものです。

記念オレンジカードの通販も盛んで、時刻表の通販欄の常連でしたね。

しかし、オレンジカードが廃止され、いわばその代替が無かった中でのご当地入場券は、久々の明るい話題と思ってたら、こう言う現状に、呆れています。

何故JR単体で出来なかったのかと思ってしまう。

これであるなら、今一部の第三セクターで実施している、「鉄カード」の方が良かったのではないかと考えてしまう。

やはり、販売依託は今すぐ辞めて、有人駅か、車掌の販売にするべきですね。

飽きられない様にする方策は、管理者様の提案が妥当ですね。

転売については、通販をするかですが、妙案がございます。

それは、木古内で全駅のを売ると言う事です。

木古内で売るのは、内地人が買いに行くには、北海道新幹線かに乗らなきゃ行けないですし、北海道新幹線に乗ったら、何かしらの特典を付けたら、多少なりとも新幹線の売上に繋がるかもしれません。

ついでに、普通車・グリーン車・グランクラスで、特典に差をつければ尚素晴らしいと思うのですが、どうでしょう。

いづれにせよ、取り組みは良いと思うので、一過性で終わらせず、頑張って欲しいものですね。

7311: by 管理人 on 2018/01/16 at 23:32:39

>>「ひまじん@横浜市民」さん、コメントありがとうございます。

誠に勝手ながら、スクショしたものを使用させていただきました。たとえ1人の指摘でも、このように思っているユーザーが少なからずいるというデータにもなります。

ご当地入場券の販売方法を抜本的に見直さなければこうした転売が起こり続けるのは事実で、規制等がなければ、人間1人1人の意識と価値観の問題で意見はそれぞれ出ます。

規制がない以上はあまり大きく言えない状況ですが、記事中の通り、主旨があれば、それに沿ってユーザーも行動すべきだと思っています。

7312: by 管理人 on 2018/01/16 at 23:52:15

>>「ピカチュウの休日倶楽部」さん、コメントありがとうございます。

規制もなければ、自治体との連携も薄く、全体的に中途半端な商品というイメージです。コレクションファイルの販売方法にも閲覧者から不満があるとのコメントもいただいています。

オレンジカードは実際に脚を運んで・・・のような主旨はなく、完全に支社管内などでの地域限定商品が多く、それは公式の通販で取り寄せはオッケーですね。

ご当地入場券は発売に至るまでの迅速さは素晴らしいものがありますが、何らかの問題が起きる場合に備え、有人駅等を活用してかずはプレ販売を実施すべきでした。

そこから問題点を出し、規制や制約を設けたうえで、101の市町村分の駅を巻き込んで実施すべきでした。

北海道新幹線の妙案について少し考えました。逆に、北海道側の人間が木古内駅に集まってしまう場合も想定されます。

であれば、北海道新幹線の乗車区間、座席のグレードに分けてご当地入場券の引換券を数枚配布した方が木古内駅の一極集中を避けられると思います。ご当地入場券として販売している以上、他の駅の分も売るわけにはいきませんよね。

ご当地入場券は全国的にも有名になっているので、単なる一発商品ではなく、販売の持続するよう期待しましょう。

7316: by 根室本線沿線住民 on 2018/01/17 at 06:43:02

ご当地入場券の販売を耳にした時から、このようなことが起きるのではないかと懸念していましたが、やはり起きてしまったんですね。

販売方法としては、有人駅で無人駅分も取り扱う方がよかったのかも知れません。
また、販売時に転売を禁ずる旨を公にしておけば、何らかの法的措置も取れたような気がします。

インターネットオークションは、欲しくても相手にしないのが1番だと思います。買わなければ、出品者が諦めざるを得ないだけの話です。
逆に言うと買う人間がいる(いると思われる)から出品する人間がいるのではないでしょうか?
所詮こんな方法で儲けた金なんて、ロクなことに使わないでしょうし。

直接転売の件で十勝晴駅の名前が出て来たのは、同じ地域に住む人間として情けなく、恥ずかしい限りです。

推測の域を出ませんが「(ガソリン代などの)旅費もかかっているから、何枚か買ってウチの博物館へ来る奴へ売ってやろう」などと考えていたのであれば、許される話ではありません。

この話が本当なら、あの残念な記事を書いた勝毎に「こんなモラルに欠けた人間を相手にするな」と密告したい位です。

7319: by 管理人 on 2018/01/17 at 13:19:08

>>「根室本線沿線住民」さん、コメントありがとうございます。

大きく規制をかけない限り、転売の問題は解決しないです。

鉄道関連施設で転売されているということで、当初から施設で売るために複数枚購入していたとすれば、車で収集する理由にも納得がいきます。要は、入場券でありながらも荷物が増えるわけですから、その負担を考えると、自動車で移動した方が楽ですよね。施設の管理者もそこそこの高齢者とい点からもある程度の予想はできます。

記事中に記載している通り、小学生などは遠征などができず、ご当地入場券を購入するには頼りにできる施設ですが、主旨がとりあえず定まっているんどえあれば、それに応じてユーザーも行動すべきです。もし、施設の来客を増やすために来場者を寄せつけるための餌として発売していたのであれば、それはそれで問題があります。

今回はリアルタイムに情報を提供している方がいあるので紹介することができました。施設で転売していることは事実ですが、そうした実態があるのは非常に残念です。

7982: by kumoha785 on 2018/10/30 at 11:33:21

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b332930755
ここにもわがまちご当地入場券が転売されていますよ。

7985: by 管理人 on 2018/10/31 at 21:35:19

>>「kumoha785」さん、コメントありがとうございます。

転売は当記事掲載時から継続して実施されていると思いますよ。追求してもきりがないです。

やはり、そもそも明確な発売に際してコンセプトが設定されているのであれば、購入する側もこれに従うべきだと思います。

昨今でも

「友達に買ってきてもらった・・・」

などといった書き込みが見られますよ。金は落ちるにせよ、これではわがまちご当地入場券を設定している意味はないですよ。

もう終わりが見えてきていると思いますが、今後似たようなものを発売するのであれば、このあたりの対応については要検討ですね。

▼このエントリーにコメントを残す