FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2月も「さっぽろ雪まつり」などの各種イベントに合わせて臨時の「北斗」を増便!

2月1日から「さっぽろ雪まつり」が始まりました。先につどーむ会場から始まり、5日からメインの大通会場でも始まります。後者は前日の4日まで安全確保のため、会場内で大雪像をご覧いただくことはできません。

毎年、外国人観光客が多い同イベントでは、外国人向けの案内・サービスが年々拡充されており、JR北海道においても、平日にも関わらず快速「エアポート」が混雑したり、特急列車もさっぽろ雪まつり期間中の利用状況がプレスリリースを通じて公表されるなど、繁忙期と変わらない体制が組まれます。

そのような中、札幌~函館間の輸送も増強され、臨時の「北斗」が設定されます。今回から下りの列車については、洞爺駅始発となっており、年末年始輸送期間中と同様、新たな試みもみられます。

詳細は以下のとおりです。





【臨時「北斗88号」】


<運転日>


2月9日~22日


<運行時刻>

・・臨時「北斗88号」
札幌9:53
新札幌10:02
南千歳10:26
苫小牧10:44
登別11:10
東室蘭11:24
伊達紋別11:41
洞爺11:52
長万部12:22
八雲12:44
13:07
大沼公園ll
新函館北斗13:43
五稜郭13:56
函館(着)14:00



【編成・使用車両】



<函館⇔札幌:キハ183系4両編成>

1号車:指定席2号車:指定席3号車:指定席4号車:自由席










【臨時「北斗85号」】


<運転日>


2月9日~22日


<運行時刻>

・・臨時「北斗85号」
洞爺10:48
伊達紋別11:00
東室蘭11:19
登別11:33
苫小牧12:02
南千歳12:22
新札幌12:53
札幌(着)13:05



【編成・使用車両】


<函館⇔札幌:キハ283系4両編成>

1号車:指定席2号車:指定席3号車:自由席4号車:自由席










上記のとおりとなります。指定席や自由席の位置はあくまで予想であり、設定数とこれまでの運行実績から判断させていただきました。

冒頭のとおり、今回の注目は下りの臨時「北斗85号」です。「北斗」を名乗る列車としては珍しく洞爺駅始発となっています。洞爺駅や伊達紋別駅、登別駅といった札幌圏から比較的距離が短く、且つ温泉などの観光地から札幌雪まつりを通してインバウンド効果を得やすい列車の設定となっています。

車両はキハ283系による4両編成です。下り列車は自由席が2両設けられます。洞爺駅や伊達紋別駅から「北斗オプション特急券」が設定されており、利用促進を図るためと推測できます。

車両の回送は、洞爺方面へは臨時「北斗84号」のスジを使って実施されます。


一方、上りの臨時「北斗88号」は年末年始輸送期間中と同じ時刻で設定されます。渡島砂原経由となるため、大沼公園駅は経由しません。函館駅到着後は臨時「北斗95号」のスジを使って札幌へ回送されます。

車両はキハ183系による4両編成です。ここ最近は臨時の「北斗」にキハ183系が充当すると、両端をスラントノーズ車で固めた初期車による4両編成や6両編成がみられるなど、千歳線や道南方面では貴重な走行シーンが確認されます。

1月19日にJR北海道のプレスリリースより、3月から6月にかけての臨時列車が発表されました。2月以降、今年度は臨時の「北斗」が設定されないため、仮にスラントノーズ車などの初期車が充当された場合、2月の運行で千歳線や道南方面への入線は営業列車としては最後ということになります。

ここ最近、スラントノーズ車は「オホーツク」や「大雪」で営業運転に入っていますが、複数の車両で車輪関係の不具合が発生している最中だったと思われ、一部の「オホーツク」・「大雪」に旭山車「キハ183-4」が登板するなど、一時的な車両不足に陥っています。車輪の修繕が間に合わないと9日からの営業運転に充当することができなくなるので、果たして来週末からの営業運転開始までに修繕が間に合うのか期待されます。














↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7445:チョット無駄が、 by キハ283好き on 2018/02/03 at 06:57:55 (コメント編集)

あまりに無駄が多すぎですね。貴重な気動車二本も使って、のべ500キロ近く回送して。
こんなことなら1編成で札幌~洞爺2往復に絞り、臨時すずらんにすれば、と思います。混むのは札幌寄りなので。
手元に千歳線電化前の時刻表がありますが、現行すずらんに相当する急行「ちとせ」が10往復以上あり、更に一部は伊達紋別、洞爺まで走っています。千歳~札幌で急行はチョット、ですが室蘭寄りは今より本数多く便利です。
これ程の本数は望めないにせよ、前述の2往復程度の洞爺発着すずらんがあれば、室蘭の利便向上、北斗の増結や臨時抑制が出来、良いように思いますが。

7446: by はま on 2018/02/03 at 10:43:59 (コメント編集)

洞爺始発の「北斗85号」は「スーパー北斗5号」をぴったり追いかけるような時刻となのが面白いですね。この「スーパー北斗5号」には登別から大量の乗車があることがしばしばあり、281系なので増結もできないということで、救済臨的な意味合いなのかなと想像しています。

7448: by ERGA-1064 on 2018/02/03 at 20:54:46 (コメント編集)

今回の洞爺発着の臨時北斗、もしかしたら洞爺で行われるマンガアニメフェスタへ向けた布石かも知れませんね。

7449: by 管理人 on 2018/02/04 at 13:26:08

>>「キハ283好き」さん、コメントありがとうございます。

年末年始輸送期間中も一部の日程で片道が回送運転となるなど、輸送適正化とはいえ、無駄が多いです。人件費は多少なりとも抑えられるにしても、燃料コスト代はそのまま負担しているわけですから、そうであれば、営業運転に昇格させて少しでも元をとった方がいいという判断もできます。

2月の運転分も試行錯誤の1つだと思いますが、需要に見合った列車の設定を行い、今後につなげてくれればと思います。

7450: by 管理人 on 2018/02/04 at 13:29:03

>>「はま」さん、コメントありがとうございます。

特急「スーパー北斗5号」の洞爺駅出発直後に臨時「北斗85号」も発車するというダイヤだったと思います。さっぽろ雪まつりのほかにも、旧正月を控え、温泉などの観光地からの利用客増を見込んだ設定だと思います。

7451: by 管理人 on 2018/02/04 at 13:37:15

>>「ERGA-1064」さん、コメントありがとうございます。

マンガフェスタは2010年から始まったと記憶しています。毎年6月頃に開催していたと思います。現段階では同イベントでの布石と判断することは難しいです。管理者ももう少し考えてみますね。

▼このエントリーにコメントを残す