FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

1月30日から2月1日にかけて、「オホーツク」・「大雪」で「キロ182-9」や「キハ183-4」(旭山車)を連結!

1月30日から2月1日の3日間、一部の「オホーツク」・「大雪」で「キロ182-9」や「キハ183-4」(旭山車)を連結して運行しました。

「オホーツク」や「大雪」で車両不具合で運休が発生し、車両が不足した一時的な措置だと思われます。



まずは、1月31日に厚別駅で撮影した特急「オホーツク2号」です。8分ほど遅れて厚別駅を通過しました。

前日30日の特急「オホーツク1号」から当該編成が確認されていました。



後続の普通列車で苗穂駅に行き、苗穂運転所(札ナホ)の西出区線から同運転所へ入区する際の様子です。編成全体はこのような感じでした。

HET色にとかち色、旭山色と編成美はもはや関係なく、これだけ入り混じった編成が確認できるのも2カ月を切りました。

今回確認した編成で注目すべきは、





「キロ182-9」と「キハ183-4」です。前者は昨年3月のダイヤ改正以降、代走用として重宝されており、営業列車として使用する機会が減りました。後者はキハ183系旭山動物園号の札幌方先頭車として活躍します。一般車に連結して定期特急列車として使用することは滅多にありません。

これらの車両は、今年度末をもって廃車になる予定です。特に前者は代走などが確認されない限り、稼働することはないので今後2カ月を切った中でどれぐらい活躍ができるか注目です。

後者はラストランを控えており、まだまだ本線上で確認することができます。



2月1日も撮影しました。所用で夕方から岩見沢に行っており、帰宅する時間帯と重なるため、岩見沢駅で撮影しました。

4枚目の写真のとおり、気温が氷点下13℃で非常に寒かったです。江別から滝川方面にかけて濃霧が発生していた影響により、一部列車で遅れが発生していました。



写真でもお分かりいただけると思いますが、本当に寒かったです。写真は特急「オホーツク4号」です。滝川方面濃霧の影響により、12分遅れで岩見沢駅に到着しました。



おまけですが、後続の特急「宗谷」も8分遅れで到着し、先行する特急「オホーツク4号」を追いかけていきました。

編成は以下のとおりです。


<遠軽⇔札幌・網走>

キハ183-1551キハ182-503キロ182-9キハ182-502キハ183-4



上記の5両編成でした。

尚、2月2日の特急「オホーツク1号」から所定の編成に戻されており、今回確認した編成は2月1日で終了しました。

今回は貴重な車両が2両も連結された編成で運行されました。いずれも今年度末で廃車となる予定となっており、本線上を走行するシーンが確認できるのも残り僅かとなりました。年度末までに再びこうした編成が確認できるのか注目です。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7447:興味深い編成だけど、 by キハ283好き on 2018/02/03 at 14:12:40

寒い中記録お疲れ様です。旭山先頭車、キロ9、おまけに中間車が全て元サロベツ車のようですね。これだけ同時に揃うのは珍しいですね。
ただ、苗穂のNN先頭車が6両、1500番台先頭車も転属で6、7両程度いると思いますが、これだけあってまだ車両不足、というのが気になります。
0番台だけでなく、経年32年を迎えたN183も老朽化し、整備に手こずっているのではないでしょうか。
9年前から北海道には行ってないですが、その頃からN183の外板は波打ち、0番台より遥かに老朽化した印象でした。製造費を切り詰めた悪影響でしょうか。調子の悪そうな車もいました。
せめてその頃から、計画性を持った代替が出来ていれば、と悔やまれます。
下手すると400番台あたりは代替車無しで一気に整理されそうに思います。
まずは、今の持ち駒で、この冬を乗り切って欲しいものです。

7452: by 管理人 on 2018/02/04 at 13:42:06

>>「キハ283好き」さん、コメントありがとうございます。

今回も珍しい編成で運行されました。車両不足の原因は把握していませんが、車輪フラットの関係だとすると、札幌運転所まで車輪削正を実施しに車両を回送しなければならず、これが1~2日かかります。機器の不具合にしても、7500番台が各部品などの生産中止でメンテナンスに苦慮した背景から機関換装などの重要機器取替工事が施行されているので、500番台などでも同じような悩みが現場で発生しているのかもしれません。

これが函館車の転用で解消されるのか気になるところです。

▼このエントリーにコメントを残す