FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

H100形気動車(DECMOデクモ)が札幌に到着!

JR北海道から昨年7月12日付のプレスリリースより、新型一般気動車の試作車について詳細が公表されました。資料によると、試作車(量産先行車)2両が2018年2月に落成する予定としており、遂に2月13日に札幌市内の苗穂へ到着しました。

到着した車両の形式名はH100形気動車で愛称名は「DECMO」です。込められた意味は、「Diesel Electric Car with MOtors」の略です。モーターで走行する電気式ディーゼルカーであることを表現しています。ディーゼルエンジンの動力で発電した電力によりモーターで走行します。

様子を確認することができたので紹介します。



甲種輸送時は沿線やその駅は人でごった返している可能性を視野に入れ、時間帯を外してダメもとで行きましたが、案の定、苗穂工場の1番線で待機している姿を確認することができました。

1枚目の写真は苗穂駅5・6番線ホームから撮影したものです。現在の撮影環境下においては絶好のポジションに停車しているということで移動しました。



歩道から撮影したものを極限までトリミング加工していますが、車体には「DECMO」の表記があります。



グリーンの帯とともに、「H100」の表記も確認できます。このあたりはまだ試作車(量産先行車)なので、量産車についてどのような対応がされるのか注目です。





管理者もこれまで何度も撮影場所として使っていた苗穂の跨線橋ですが、苗穂駅移転とともに現在リニューアルされている最中です。この関係で現在の自由通路から苗穂工場全景を見渡せることはできませんが、今回停車していた位置ぐらいであれば、短編成の車両であればその様子を確認することができます。

床の高さを従来のキハ40形気動車よりも9cm低くした115cmということで、実車を間近で確認してみると、確かにその様子が見受けられました。車体の寸法について詳しく調べていませんが、既存の北海道で活躍する一般型気動車キハ54形500番台やキハ150形から比べると、大柄な印象がありました。車体の幅が拡大されているのかもしれません。

今回確認したH100形気動車は、JR東日本初の電気式気動車GV-E400系をベースに、北海道での使用を前提とした極寒対策を実施した車両になります。エクステリアは733系などといった北海道で活躍するほかの車両似たデザインとはならず、基本仕様を合わせたGV-E400系に似たエクステリアとなります。

配色は、新しさ・北海道らしさを表現し、シャープでエッジ感のある先頭形状とします。キハ261系1000番台と同様、車両全面には警戒色として黒と黄の前面配色を採用し、車体側面はグリーンとホワイトのラインで自然との調和を表現しています。

インテリアは、北海道の自然を表現したブルーやグリーンを中心としたデザインとされ、事前資料によるイメージでは仕切なども設けられていることから、外からの冷気を少しでもシャットアウトするような構造とし、このあたりは733系のノウハウはフィードバックされていると思われます。実車を確認すると、半自動扉機能も有していると思われます。

耐寒・耐雪構造を強化している影響から、自重は43.0tでGV-E400系から増えているようです。この自重は北海道の他の気動車で例えるなら、キハ281系の量産車の先頭車(登場時)とほぼ同じです。時代の流れとともに、踏切事故対策などの安全対策を強化しなければならず、自重が増えることは仕方ありませんが、それにしても重たいですね。

同じ北海道で活躍するキハ150形0番台(例:富良野線用など)は、過去の雑誌のデータから自重33.4tと出ており、単純に両者を比較した場合、自重がおよそ10t増えています。自重の増加は先日紹介した1tあたりの出力換算にも大きく影響し、10t程度も異なれば、数値の差は明確に出てくるでしょう。

おそらく、モーターの出力から馬力換算を行い、そこから以前と同じような計算をすれば、1tあたりの出力換算ができるでしょう。自重が増えているという点で、キハ150形気動車よりも走行性能は劣ると現段階ではみています。

過去にコメントにて教えていただきましたが、1両あたりの製造費用がおよそ2億円からということで意外と高額な点についても注目です。今回の甲種輸送分で単純に4億円になりますが、製造費用を考えると、既存のキハ40形気動車の在籍数分を投入することは考えにくく、仕様を共通化することでこれまでの線区別の使用方法から脱却する方策がとられるでしょう。これにより、全体の車両数を抑制することができ、不採算路線の見直しなどを含め、製造数はある程度抑制されると思われます。

今後の予定では、走行試験を通じて二冬期の検証を行ったうえで、2019年度以降の量産車製作を予定しています。これにより、長らく北海道のローカル線で活躍してきたキハ40形気動車が順次置き換えられます。車齢と過酷な条件で酷使してきた状況から判断すると、もはや維持していくのは限界の領域です。同車については、車体や各種機器・部品の老朽化が進んでいます。既に一部の部品が生産中止となっており、保守作業に時間がかかり、メンテナンスに苦慮している状況にあります。

まずは冬期における試験走行次第ですが、極寒な地域でも安定した輸送が実施できる気動車であってほしいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7513: by シニアパートナー on 2018/02/14 at 14:07:48 (コメント編集)

久しぶりの新形式、北海道に到着しましたね。

自重が43tとのことで、小生も意外に重いなという印象です。気動車の重量当たりの馬力についての記事に関連して、性能がどの程度になるか興味がありますね。
キハ150を引合いに重量当たりの出力についてコメントされていますが、性能的には同等ではないかと推測します。理由は前回2017年7月のDECMO記事にもコメントした内容をご覧頂くと、純粋な気動車同士の出力比較と電車や電気式(動力は電車と同じ)との比較はすんなりとはいきません。単にPS/tの比較では説明がつかないからです。小生もざっと試算したところでは(前回記事に書いた各係数を基に)、ほぼ同じ数値になりました。

あと、電気式ということでディーゼル機関以外は電車の構造を持った車両なので、この車両が今後優等列車にも反映できるものなのか、これからの経過を楽しみにしたいと思います。

7519: by 管理人 on 2018/02/15 at 22:12:15

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

営業列車用とすると、733系以来ではないでしょうか。その間にキハ285系は廃車になって解体、マヤ35形も事業用客車なので、我々一般人向けの車両ではありません。

以前のような1tあたりの出力計算をする場合、気動車と電気式では全く異なるので、単にPS/tだけでキハ150形と比較することはできません。モーターの出力を馬力換算すれば、ある程度参考になる数値は出せるはずです。管理者も後日やってみようと思います。

試験結果によって、今後の北海道における鉄道車両の土台(ベース)となり得ることも想定されます。まずは厳冬期の北海道で問題なく使用できるか注目です。

8081:ついに量産開始か by 龍 on 2018/12/05 at 22:59:06 (コメント編集)

今日の交通新聞に、H100形の導入計画が掲載されました。新年度から5年間で40両規模投入するそうです。

8088: by 管理人 on 2018/12/07 at 00:48:43

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

一時、資金調達が困難で量産化が見送られていましたが、ようやく来年度から開始するということで老朽化の激しいキハ40形気動車の一部を置き換えることになりそうですね。

しかし、これまで車両の老朽取替等は「安全投資と修繕に関する5年間の計画」によって国から支援を受けていた1200億円から出されていたものです。それが今年度いっぱいで終了するので、この先どのようにして老朽化した車両を置き換えるのか気になりますね。

▼このエントリーにコメントを残す