FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

代走用車両を次々と失う宗谷線特急

大雪の影響で函館本線の岩見沢~深川間で列車の運行ができなくなっています。





現地の在住の人間(滝川市)から写真を送っていただきましたが、道路脇の雪の量の多さに驚きです。雪の量が多く、道路も片側2車線から1車線になっています。交通量の多い幹線道路であれば、渋滞の原因にもなります。

管理者は札幌市在住ですが、鉄道路線で営業キロにして80kmほど国道12号線を旭川方面へ進むと、写真のような全くの異世界が広がります。同じ北海道とは思えません。広大な面積を誇る北海道では、同じ北海道内でありながら、地域によって気候や気温差が激しいことが特徴です。それでも、鉄道などの公共交通機関は猛暑や厳冬期問わず、1年を通じて列車の定時運行に努めなければなりません。そう考えると、JR北海道の日々の運行体制は素晴らしいものがあります。

予期せぬ大雪だったようで、2月13日に深夜に旭川方面へ向かっていた「カムイ」3本が美唄駅や砂川駅で前に進むことができなくなり、列車が立ち往生しました。乗客は13時間以上車内で缶詰状態だったということです。

大雪や悪天候による列車の運行体系について、数年前に社会問題へと発展しました。当時は、悪天候を予測して事前に運休を決めるのではなく、遅延が発生してもとりあえず列車を運行させるという運行体系が、結果的に大幅な遅延を招いたり、函館本線の幌向周辺で本線上で立ち往生してしまったりしました。後にこれは改善され、現在のように、悪天候などが予想される場合は前もって列車を運休させることをホームページなどの運行情報で事前に知らせるなどの対策を実施しています。減速・減便以前にもこうした利用客が離れる要因がありましたね。

そのような対応がしっかりととられているにも関わらず、数年前と同じような状況になってしまいました。決して対策が不足していたわけではありませんが、少なくとも再発防止へ向けて今回のような予期せぬ大雪の事態にも備えなければなりません。異常気象などが確認される昨今では、より一層その判断が難しくなりつつありますね。



ここまで空知管内の大雪に関して記載してきましたが、題名の代走用車両が次々と失う理由と大雪はほぼ関係ないんです。特急「宗谷」・特急「サロベツ」で使用されるキハ261系0番台は予備車両が少ないため、ノースレインボーエクスプレス、キハ183系旭山動物園号が代走用として重宝されていますが、これら2編成に車両不具合が発生しました。

大雪による列車の運休が発生していた裏でも、車両不具合によって一部の編成がリタイアしていました。



2月12日の特急「サロベツ2号」で車両不具合が発生し、折り返しとなる特急「サロベツ1号」などが運休となり、翌13日の下りの特急「宗谷」はノースレインボーエクスプレスで代走運転となりました。

しかし、異臭を感じ、大麻駅構内で列車は緊急停止し、2号車の床下から白煙を確認しました。空調やエンジンを止めたところ、においや発煙は確認されなかったことから、列車は待避施設を有する江別駅まで運行し、江別~稚内間を部分運休とし、乗客は普通列車や後続の特急「ライラック3号」で旭川方面へと向かいました。

通常の車両が不具合の際、代走として重宝されるわけですが、その代走車両が車両不具合になるという、これも予期せぬ事態となりました。この影響で特急「サロベツ4号」も運休となりました。



午前中に発生した車両不具合のため、旭川運転所(旭アサ)で給油時間で折り返し時間についても豊富に設けられている関係で、特急「サロベツ3号」については運休とはなりませんでした。

そこで、所定の車両の代走列車の代走車両として今度はキハ183系旭山動物園号の5両編成に一般車1両を組み込んだ6両編成が13日の夕方以降に旭川へ向けて回送されたようです。最終的に遅延が発生したと思いますが、稚内方面への輸送は担いました。

ですが、折り返しとなる本日14日の特急「サロベツ2号」の運用終了後、恒例の車輪フラットの問題が発生してしまい、折り返しとなる特急「サロベツ1号」、上りの特急「宗谷」が運休となってしまいました。前回代走運転を実施した12月21日と全く同じ状況になりました。

これにより、所定の車両の代走運転の代走運転も途中で打ち切りとなり、宗谷線特急の代走用として重宝されていたこれら2編成を失いました。

現在は既に岩見沢~深川間の除雪作業が終わり、列車の運転が再開されています。車両繰りの関係で15日の特急「サロベツ2号」が運休となっていますが、それ以外の稚内方面の特急列車については運休とはなっていません。1運用分はキハ261系0番台が確保できるので、上りの特急「宗谷」か特急「サロベツ1号」で営業運転に入るでしょう。

14日22時現在、JRサイバーステーションで情報を確認すると、いずれの列車もグリーン車を連結するようです。代走車両が次々とリタイアした中で、所定のキハ261系0番台が無事に復帰できるのか、それとも一方をキハ183系一般車に「キロ182-9」などを組み込んだ代走車両を充当するのか気になります。後者の場合、波動用のキハ183系0番台・200番台を臨時「北斗88号」として2両ずつ使用しているため、代走運転が通常よりも厳しい状態となっています。

どのような対応がとられるのか明日以降注目です。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7516:旭川に何か優等用車両の配置があれば、 by キハ283好き on 2018/02/15 at 02:15:35

これは困った事態ですね。キハ183も500番台まではABSみたいなものがないらしいので、オホーツクも含めてタイヤフラット運休は今後もあるのでしょうね。
ノースレインボーも、いくら酷使してないと言えどエンジンがそろそろ老朽化でしょうか。流氷臨時も何も出さずに代走用に確保していてもこれではまずいですね。261のエンジンにでも替える必要があるように思います。

旭川折返し列車が増えましたが、旭川には何も優等用の車両が配置されていません。不具合があると折返し列車を運休するしかありません。

なので、先日も申し上げましたが、キハ201を最低限のUシート化(リクライニング座席とデッキ扉のみ)で、旭川に配置してしまうのです。特急にするのは厳しいかもしれないので、とりあえず「大雪」を旭川発着の急行にして、2本使用で旭川~網走3往復。予備が2本あれば稚内方面への代走も可能かと存じます。


  


7517:261-0 by ハマヒデ on 2018/02/15 at 11:10:02 (コメント編集)

管理人様 宗谷系はいつも厳しいですね。3月改正でN183,NN183に余裕できると緩和するかもですが、261-0の安定的な運用は期待できませんね。旭川に移管の上、全サロベツ化して負担軽減というわけにはいかないでしょうか?ハマヒデ

7518: by シニアパートナー on 2018/02/15 at 13:29:47 (コメント編集)

北海道は広いので場所によって気象条件は様々ですね。北海道を一括りにできないことを思い知らされます。この厳しい気象条件下、安定輸送を確保することは並大抵のことではありません。

代走車両が故障するという事態になった訳ですが、このノースレインボーは、youtubeでエンジントラブルの動画がアップされていたり、駆動系のトラブルが多いとのコメントがあったりします。元々そういう弱点を持っているのですかね?

そもそも論として、車両運用繰りに余裕を持たせないと解決しませんね。いつもの話ですが。

7522: by 管理人 on 2018/02/15 at 23:43:28

>>「キハ283好き」さん、コメントありがとうございます。

急ブレーキをかけると、今回のような車輪フラットの問題と直面し、運休を余儀なくされます。特に宗谷本線は鹿の出没が多く、これを回避するために急ブレーキをかけ、当該問題が発生し、代走車両が運休になるケースもありました。

旭川駅発着となっても、結局は車両不具合などで運休となるケースも少ないわけではなく、札幌から旭川へ車両を回送することになるので、そういった意味では効率が悪いです。旭川駅発着とした利点を上手く生かしきれていないです。

輸送体系の見直しが実施され、今後もより旭川を起点としていくのであれば、その機能も旭川に集約させなければ厳しくなります。このあたりは今後の課題になるかもしれませんね。

7523: by 管理人 on 2018/02/15 at 23:49:02

>>「ハマヒデ」さん、コメントありがとうございます。

宗谷線特急の代走が頻発しています。今後も代走が続くと予想していますが、7550番台車などでの代走も考えられ、120km/h運転によって遅延が若干緩和されるかもしれません。

旭川を起点として重宝していくのであれば、それに合わせて運行体系、車両の所属先の見直しは必要になるでしょう。逆に全列車を旭川駅発着とし、その分本数を増やすという点においては、高速バスなどの対抗策にもなります。

車両故障が少ないわけでなく、札幌から旭川へ回送するにも手間がかかります。もはや旭川運転所を有効活用した方が現状よりも車両繰りはしやすくなるのが見えますね。

機会があれば、関連した内容を取り上げたいと思います。

7524: by 管理人 on 2018/02/16 at 00:00:09

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

駆動系のトラブルに弱いことは知りませんが、車体構造上の問題なのか窓ガラスにヒビが入ることはよくありますね。修繕のために「フラノラベンダーエクスプレス」がキハ183系一般車で運行されたりします。

今回も発煙ということで場合によっては大きなトラブルとなっていたのかもしれませんが、まずは車両繰りに余裕を持たせないといけません。車両に余裕があれば、今回のようなことにはなりませんでしたね。

7540: by 薩摩牟礼 on 2018/02/17 at 21:32:02

こんばんは。

今後、261の1000番台が増えれば、1000番台での代走もあるかもですね

しかし、過酷な気候の地で、数が少ない専用編成での長距離運用は無理がありますね。

7544: by 管理人 on 2018/02/19 at 00:01:07

>>「薩摩牟礼」さん、コメントありがとうございます。

1000番台での代走を期待したいですが、宗谷本線を走行する際の電子閉塞機器を車両側に搭載していない可能性があり、これを搭載しなければ宗谷線の代走を担うことはできません。これまで代走として入らなかったのもこれが理由かもしれません。

所定時と代走時で車両の性能差に開きがあり、これはぜひとも改善してほしいところです。札幌や苗穂にキハ183系淘汰とともにキハ261系1000番台が増えないと実現はしないと思いますよ。

▼このエントリーにコメントを残す