fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

「オホーツク」・「大雪」に使用されるグレードアップ指定席にも変化

ダイヤ改正を前に函館運輸所(函ハコ)から苗穂運転所(札ナホ)へ転出したキハ183系は、順次「オホーツク」・「大雪」へ営業運転に入っていますが、グレードアップ指定席についても転用を見据えた準備が進められていました。



写真はとある日の特急「オホーツク2号」を札幌駅で確認した際に撮影した1枚です。他の写真を別の記事で使用する予定なので、この1枚しか掲載できませんが、ヘッドカバーに「北斗」充当時には確認されなかった「指定席」の文字があります。

実は写真は2号車で、グレードアップ指定席が使用されていたときのものです。「オホーツク」・「大雪」の2号車は自由席と指定席の両方が設定されています。写真では見づらいかもしれませんが、自由席として扱う座席までは従来のヘッドカバーのままです。

ここで1つの疑問が生じますが、編成変更を間近に控えているにも関わらず、ヘッドカバーをなぜ2種類用意する必要があるのかということです。単純に車両不足への対応という見方をすればそれまでですが、以下の理由も考えられます。

「オホーツク」・「大雪」の編成は、ダイヤ改正を機に自由席、指定席、グリーン席の位置が変更される予定です。当ブログでも以前紹介し、まもなくMARS端末や時刻表などで把握できるようになると思いますが、指定席(普通車)は1号車と3号車になります。おそらくこれは、旭川駅で接続を図る「ライラック」に「大雪」で使用する際に編成を極力合わせていることが理由と思われます。

しかし、今回このような「オホーツク」・「大雪」充当用に新たなヘッドカバーが用意されたとすると、中間車で普通車となるであろう3号車が従来の2号車のように自由席と指定席の両方が設けられる可能性があります。

以前お伝えしたとおり、自由席をこれまでの1両半から1両とし、減らした分を指定席とすることで収益の拡大や旭川以遠に特化した列車とすることが可能になりますが、一方で下りの「オホーツク」2本については、いずれも「カムイ」・「ライラック」をカバーする特に重要な役割を担っており、利用状況を確認していると、自由席のさらなる減少は利用客にとって大きな負担となります。

以前コメントなどを通じて、基本的には自由席しか利用できない利用者は指定席の客室・通路も居座ることはできないという情報をいただきました(当たり前)。混雑時にこのルールを加味すると、自由席1両では通路だけではとても対応しきれなくなる可能性があります。

仮に3号車を従来と同様の自由席と指定席の両方が設定された場合、キロハ182形0番台の営業運転撤退を含め、指定席の座席数が不足する事態に思われがちですが、JR北海道のホームページの列車ガイド、指定席などを予約する際のMARS端末では、現行の4号車指定席はスラント車(40名)で登録されています。実際にスラント車が入ることは常態化していませんが、これを「北斗」で使用されている函館方先頭車(グレードアップ指定席)とすると、指定席の定員数が26名単純に増えます。キロハ182形0番台の絡みで実際は10名前後の指定席数の増加となります。

インバウンドなどでの利用客の変動をとるのか、これまでの編成からの変更を最小限にするのか。事前に情報をいただいていた際は3号車がまるまる指定席になるというものでしたが、今回のようにヘッドカバーが確認されたことによって、特に3号車がダイヤ改正後どのようになるのか気になります。指定席のみで対応するのか、指定席と自由席の両方を扱うのか近々正式にわかることでしょう。楽しみです。

しかし、後者の場合はおそらく新たな問題を抱えることが予想されます。この内容については、3号車が後者となった場合且つ、とある要件を満たした場合にお伝えしたいと思います。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7536:承認待ちコメント by on 2018/02/17 at 09:55:12

このコメントは管理者の承認待ちです

7538: by 管理人 on 2018/02/17 at 12:31:26

>>コメントNo,7536の方へ

教えていただき、ありがとうございます。ということはダイヤ改正から3カ月程度は貴重な記録が期待できるかもしれませんね。

管理者だけの楽しみにしておきます。重ね重ねお礼申し上げます。

7541: by ナナッシー on 2018/02/18 at 13:30:53

こんにちは
3/17のダイヤ改正、特急大雪とオホーツクは現在の編成と同じ様です。
ただ、4号車の定員は40名から48名に増えているので、スラントは外れる公算が高いです。
12/22に公表したプレスには順次183系0代を引退すると記載されていたので、もしかすると函館の183系が完全に苗穂に転属するまでは現在の編成で運転する可能性があります。
ハイデッカーグリーン車が連結する場合、別途案内が出るかも知れませんね。

なお、スーパーおおぞらとスーパーとかちは6両・4両化になります。

7545: by 管理人 on 2018/02/19 at 00:11:49

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

管理者も実際に確認してみました。

ダイヤ改正以降、しばらくの間は編成変更が実施されないようです。その間、転用準備や編成の組み替え、乗務員の訓練を兼ねた試運転が実施されると思われます。実際にいつから実施されるかについては差し控えさせていただきますが、来年度中に以前お伝えしたような編成に変更されるようです。

自由席車については48名となっており、旧「サロベツ」用の車両に合わせてありますね。当該車両に合わせれば、万が一車両変更になった際でも定員数がそれ以下になることはありません。もしかしたら編成変更後の自由席としても引き続き使用されるかもしれませんね。

7549: by ERGA-1064 on 2018/02/19 at 20:52:25 (コメント編集)

今日、MV端末でダイヤ改正以降のオホーツク・大雪の座席調べてみましたが2号車は半室指定、3号車のグリーン車は7番席までしかなく、普通車は8ー11番席が残っていて、4号車は1ー12番(調べた段階では11番と12番は予約済みなのか、スラント車を想定して最初から埋めてるのかはわかりません)での設定になってました。
北斗→石北系統転用にあたっては、既にご指摘のある乗務員訓練以外にもキハ182-7550番台やキハ183-8550番台の110/120km/h改造(それをやらなければN183と北斗車の混結ができない)があるのでは?と思った次第です。
もしかしたら前述の混結改造などを終え、満を持してからハイデッカーグリーン車の導入や指定席位置の反転などが行われるのでは?と思った次第です。
そうなると秋頃にオホーツク系統のダイヤ修正(札幌~旭川間は120km/h化)、ここで初期の183は完全にお役後免というシナリオもあり得そうですね。

7553: by 管理人 on 2018/02/22 at 01:15:00

>>「ERGA-1064」さん、コメントありがとうございます。

編成変更はダイヤ改正後すぐではなく、数ヶ月後に実施されるようです。

既存車と連結を可能にする改造は来年度の事業計画に明記されるかどうかですね。いずれにしても20両近い両数があるので、全車両を施行するには時間がかかりそうです。

ダイヤ修正などは実施されないようで、以前紹介した1tあたりの出力換算においても、現行の「オホーツク」・「大雪」の編成よりも数値的には有利になっているので、遅くすることもなければ、早くすることもなさそうです。北海道新幹線などと同様、運行時分に余裕を持たせると思います。

返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

7621: by ナナッシー on 2018/03/14 at 19:37:14

こんばんは
今日(3/14)、キロハ182が6月までに引退すると掲載されていました。
その他の183系0番代は今月に全車引退するそうです。

残りのキハ183系(N/NN)も近いうちに全車引退するそうです。最もキハ261系の増備状況にもよりますが。

7623: by 管理人 on 2018/03/15 at 01:24:04

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

今回発表された資料から、今後の動向が読み取れますね。次回以降のキハ261系の増備からキハ183系の残り、キハ281系、キハ283系の置き換えに着手するようですね。

▼このエントリーにコメントを残す