プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

洞爺駅始発の臨時「北斗85号」レポート

2月に設定された臨時の「北斗」も22日で運行を終えました。「北斗」の臨時列車としては、今年度最後の運転でした。

2月設定分から初の試みとして、札幌へ向かう臨時「北斗85号」は、洞爺駅始発とし、札幌駅に13時すぎに到着するというダイヤが組まれました。比較的利用が多いにも関わらず、増結が実施できないキハ281系による特急「スーパー北斗5号」を補完する列車として運行していたと思います。

様子を確認することができたので紹介したいと思います。





期間中は島松駅と苗穂ストレートの2回撮影しました。

特に苗穂ストレートはほぼ順光で、天気のよい日は上手く写真を撮影することができたと思います。4両編成で札幌駅13時ごろに到着するキハ283系の列車はないので、これはこれで貴重なシーンになったと思います。

運行日全ての編成を確認しているわけではありませんが、2月16日に運行された際の編成は以下のとおりでした。


<洞爺⇔札幌:キハ283系>

キハ283-2キハ282-108キハ282-2004キハ283-20



上記の4両編成でした。いずれも札幌運転所所属車でした。

年末年始輸送期間中に運行された臨時「北斗84号」の編成と比較すると、2号車が「キハ282-2002」から「キハ282-108」に差し替えられていただけで、それ以外は年末年始輸送期間中の同列車と全く同じ車両が充当されました。





期間中、2月12日のみキハ183系一般車による4両編成による代走運転となりました。詳細は不明ですが、2月11日の特急「スーパーとかち5号」と特急「スーパーとかち10号」の1往復がキハ283系による代走運転となっており、これに起因するものと予想しています。

後日、キハ183系による臨時「北斗88号」についても紹介しますが、2月の運転をもって、今年度の臨時の「北斗」の設定は終了しました。次回はゴールデンウィーク前後ということで年度明けからまた設定されるようです。

今回のような洞爺駅始発の列車は設定されませんが、キハ283系による4両編成が充当されるようで、確認することができれば年度明けも引き続き取り上げたいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す