FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

発煙トラブル後も難なく宗谷線特急の代走を担ったノースレインボーエクスプレス

3月10日の上りの特急「宗谷」からノースレインボーエクスプレスがキハ261系0番台に代わって代走運転に入りました。



管理者は札幌駅で確認した1回だけでしたが、数日にわたって列車の運休やキハ261系0番台が苗穂工場に入場中だった様子から代走運転に入ったことでしょう。同じ時期にキハ183系一般車も代走に入り、一時的に代走運転が多く確認されたと思います。



3月11日には苗穂工場敷地内で「キハ261-103」を確認しました。「宗谷」・「サロベツ」用のキハ261系0番台は予備の車両を多く有していないため、代走の際は車両不具合か検査などで苗穂工場に入場していることがおおよその理由だと思います。

同車は昨年末に重要機器取替工事を施行した車両です。苗穂工場に入場していた理由は定かではありませんが、同工事施行から3カ月が経過していたとすると、交番検査かあるいは車両不具合か何かでしょうか。

ノースレインボーエクスプレスといえば、2月13日の午前7時40分ごろ、大麻駅付近を走行していた特急「宗谷」で、2号車の床下から白い煙のようなものが出ているのを確認し、列車を緊急停止しました。

停止後、点検でエンジンや空調装置を停めたところ、発煙やそれに伴うにおいが収まったことから、当該列車は江別駅まで運行後、江別~稚内間を部分運休とし、乗客は後続の特急「ライラック3号」などに乗り換えました。出発前の点検では異常は確認されておらず、部品などの脱落なども確認されませんでした。

その後は代走運転そのものが実施されず、しばらく音沙汰がなかった同車ですが、およそ1カ月ぶりに本線上に復帰し、今回の代走の様子を確認していると、不具合は解消したと思われ、引き続き活躍が続けられることでしょう。

今後の使用計画は代走を除き、現時点で今年はまだ函館方面へ入線するような予定はなく、6月から臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」の1往復に充当されます。また、今年は昨年と同様にモニターツアーが控えていると思われ、代走や臨時列車用として引き続き重宝されそうです。









↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7637:前に、、、 by HET on 2018/03/23 at 20:32:23

私は、一昨年の2/19に「スーパー宗谷1号」に
乗りました。その日もノースレインボ―の代走で、札幌~旭川のSきっぷだったので、ラウンジに行くことにしました。ほぼ貸し切りだったので、撮影も、、、。
グリーン車を指定していなければノースレインボ―の代走は当たりなのでは?と思います。

7640: by 管理人 on 2018/03/23 at 22:22:04

>>「HET」さん、コメントありがとうございます。

代走とはいえ、ノースレインボーエクスプレスが充当された際は完全なハズレではないですね。場合によっては喜びますね。

昨年3月のダイヤ改正までだったら遅延も最小限で済みましたが、現在は折り返し時間が短いなどの理由で代走だと大幅な遅れが発生することが多々あり、同車で代走する際もそのような傾向がみられます。

リゾート気動車なので指定席や自由席を座る分には問題ありませんが、定時運行を求めている利用客にとっては決して当たりではないですね。時間に余裕があるときでないと鉄道ファンでない限り代走は難しいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す