FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【2018年4月14日(土)・15日(日)】『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』開催に伴う、臨時「ライラック」の運転

札幌市内が2日間とも賑わうこと間違いないでしょう!こちらも遂にファイナルとなってしまいます。

4月14日(土)・15日(日)に札幌ドームにて、『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』が開催されます。これに合わせて、帰宅時間帯に旭川方面へ臨時の「ライラック」が設定されます。


詳細は以下の通りです。




【4月14日(土)】


・臨時「ライラック93号」

・・カムイ47号ライラック93号
札幌(発)23:0523:12
岩見沢23:3023:41
美唄23:4123:51
砂川23:520:03
滝川23:570:09
深川0:110:23
旭川0:300:44


※札幌以外は全て到着時刻

・編成

<旭川⇔札幌:789系0番台>

グリーン / 指


※グリーン:グリーン席  指:指定席  自:自由席





【4月15日(日)】


・臨時「ライラック91号」

・・カムイ45号ライラック91号
札幌(発)22:0022:25
岩見沢22:2522:55
美唄22:3623:07
砂川22:4723:20
滝川22:5223:26
深川23:0623:42
旭川22:250:04


※札幌以外は全て到着時刻

・編成

<旭川⇔札幌:789系0番台>

グリーン / 指


※グリーン:グリーン席  指:指定席  自:自由席






上記のとおりとなります。

各日程の臨時列車は、付近の時間帯を走行する定期特急列車のダイヤと合わせて記載しました。

今回注目すべきは、追加公演となる15日の臨時「ライラック91号」です。これまでは臨時「ライラック93号」しか設定されず、91号が抜けていました。789系0番台が道央圏に転用されて1年を経過してようやく91号が設定されるようです。

15日の追加公演の開始時刻は14日よりも1時間早いです。そのため、帰宅時間帯に設定される列車も1日目よりも早い22時台に設定されています。

機会があればもう一度調べてみようと思いますが、過去の運用だと、臨時「ライラック93号」に充当される編成は、通常だと特急「ライラック37号」で旭川運転所(旭アサ)滞泊となる編成が一度札幌まで回送されて充当される形になります。

なので、今回新たに設定される臨時「ライラック91号」は、札幌駅22時台の旭川方面への臨時の「ライラック」となり、93号よりも早い時間帯に設定されています。93号充当時と同じく、編成を一度札幌まで回送して充当するとなると、それよりも一本早い特急「ライラック35号」に充当した編成が臨時「ライラック91号」に充当されるのではないでしょうか。

もしこの仮説が正しい場合、通常の運用では、特急「ライラック37号」の翌日に特急「ライラック35号」に充当されるので、今回2日間にわたって設定される臨時の「ライラック」は同じ編成が充当されるのかもしれませんね。


新年度になって札幌ドームコンサート関連の初の臨時列車となります。これまでと異なる点は、キハ183系の初期車が引退してしまったことです。

一見旭川方面の臨時列車に関係がなさそうなキハ183系ですが、2017年度に札幌ドームでコンサートが実施された場合、帰宅時間帯の旭川方面の臨時列車としてキハ183系が設定されたことがありました。

なぜ同車が登板したかというと、「ライラック」や「カムイ」で使用する789系で充当できる車両がなかったためです。キハ183系による「臨時特急」が設定される場合、公演の開始時刻が早い日に限られていました。公演時刻が繰り上げられている分、終了時間も早くなるわけで、臨時列車もそれに合わせて早めに設定せざるを得ません。しかし、「ライラック」や「カムイ」は運用を終えている編成が少なく、運用を終えた編成があるにしても、編成を札幌まで回送して充当させるには時間的に間に合いませんでした。

そうした場合に限り、キハ183系による「臨時特急」が運行され、スラントノーズ車が連結された初期車で運行されました。

その波動用として重宝していたキハ183系初期車が昨年度をもって運行を終了し、キハ183系苗穂車も転用や方向転換などで臨時用として車両を確保するには難しい時期でしょう。気になる点としては、公演時刻の終了時間が比較的早いにも関わらず、それでもなぜ臨時の「ライラック」が早い時間帯でも22時台の設定になっているのかについてです。

考えられることとしては、キハ183系の予備車両などの車両繰りを踏まえ、「今後こうした場合の臨時列車を「ライラック」に統一していくという方針です。仮にそのようになった場合、旭川方面への臨時列車は早くても22時台に繰り下げられる可能性もあります。

これまで何度か札幌駅で帰宅時間帯の臨時列車を確認してきましたが、23時台の列車についてはさほど混雑している様子はなく、21時や22時に札幌駅を出発する「スーパーカムイ」や「カムイ」の方がデッキまで人が溢れるほど混雑することがありました。さすがに公演終了予定時刻から5時間後の臨時列車の設定は間隔が空きすぎです。終了予定時刻の繰り下げや移動時間、会場を出るまでの時間を考慮すると、せいぜい3時間~4時間後が混雑のピークではないでしょうか。

但し、これまでの大半のライブとは今回は規模が異なりますから、どのような利用状況になるのか全く把握することができません。いずれにしても、キハ183系初期車が引退し、臨時「ライラック91号」が789系0番台道央圏転用後に初めて設定されたとなると、今年度から旭川方面に向かう帰宅時間帯の臨時列車についても変化があるのかもしれませんね。


















↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す