プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2018年度ゴールデンウィーク輸送期間中の「オホーツク」・「大雪」~最大「は」5両編成でした!

ゴールデンウィーク輸送期間中の「オホーツク」について取り上げます。車両が共通化されている関係上、題名は旭川~網走間の「大雪」も含めてあります。

キハ281系による「スーパー北斗」と「オホーツク」はゴールデンウィーク輸送期間中の様子をほとんど記録していないので、早く更新を終わらせてしまいます。



まずは、4月28日に苗穂ストレートで撮影した特急「オホーツク1号」です。所定の4両編成でした。



最後に、5月5日に平和駅で撮影した特急「オホーツク2号」です。こちらも所定の4両編成でした。

題名のとおりですが、最大は5両編成でした。ゴールデンウィーク輸送期間中の2日間だけ、しかも特定の列車に限られました。5月3日の特急「オホーツク1号」、特急「大雪4号」、特急「大雪3号」、翌4日の特急「オホーツク2号」で5両編成が確認されたようです。それ以外は所定の4両編成で運行されたと思います。

昨年のゴールデンウィーク輸送期間中の「オホーツク」は、増結した編成を撮影するのに苦労した記憶があります。昨年は偶然にも撮影することができましたが、今年は撮影するに至りませんでした。冬期の流氷観光シーズンとは異なり、この時期は観光などで網走方面が話題に上がることは少ないです。小清水原生花園も見ごろは6月から8月にかけてであり、これといった観光スポットが思い浮かびません。

知床も網走から距離があるので、観光バスやマイカーを使う方が便利でしょう。

そのような感じでイマイチ繁忙期輸送の雰囲気が乏しかった網走方面の「オホーツク」・「大雪」でした。



ここからは話題が逸れますが、キロハ182形0番台の活躍が6月までとなっており、そろそろこれらの所定編成も見納めになる日が近づいています。週末を中心に札幌~幌向間で3月のダイヤ改正まで「北斗」で使用されていた機関換装車を使って習熟試運転が実施されており、「オホーツク」・「大雪」の動向が注目される時期に差しかかってきました。試運転を実施している編成が従来のキハ183系から方向転換を実施していることから、「オホーツク」・「大雪」にとって2018年度は大きな転換期になりそうです。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す