fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2018年度ゴールデンウィーク輸送期間中の「宗谷」・「サロベツ」~最大は6両編成でした!

ゴールデンウィーク輸送期間中の「宗谷」・「サロベツ」についてです。

2017年3月ダイヤ改正以降、後者が旭川駅発着となると同時に、宗谷本線を走行する全ての特急列車がキハ261系0番台での運転となりました。車両は苗穂運転所(札ナホ)のままですが、札幌圏に姿を見せるのは早朝と深夜の2回のみで、札幌圏で同車を確認する機会は限られてしまいました。

基本は4両編成で増結時はさらに札幌方に2両1ユニットを連結した6両編成で運行されます。例外を除き、この2パターンでの運行しかありません。今年のゴールデンウィーク輸送期間中は4両編成での運転が多い中で、6両編成が2日間にわたって確認されました。



まずは、4月28日に苗穂運転所から出区する下りの特急「宗谷」の回送列車を撮影しました。こちらは所定の4両編成でした。





次に、5月4日に札幌駅で撮影した上りの特急「宗谷」の回送列車です。前日3日の下りの特急「宗谷」から2日間にわたって2両増結の6両編成で運行されました。

以前は繁忙期輸送期間中以外でも「スーパー宗谷」で増結が実施されていましたが、現在は車両不足を敬遠してか、繁忙期以外の通常期で増結を実施することは滅多にありません。さらに昨今では、ヘッドライトがLEDタイプのものに交換されたり、老朽化を理由に既存の一部設備の撤去が実施されており、予備車両が不足しがちな時期です。

ここ最近は、ノースレインボーエクスプレスによる代走運転も実施されているようです。冬期を中心に代走運転が多くなりますが、今回のような繁忙期輸送時は極力所定のキハ261系0番台が充当されるように代走や車両検査のスケジュールを調整しているのかもしれませんね。

毎年増備されている1000番台と一緒に使用することができないため、引き続き車両不足という深刻な問題を抱えながら札幌・旭川~稚内間を結ぶ「宗谷」・「サロベツ」に使用されます。使用する車両のほとんどが第三セクター「北海道高速鉄道開発」(株)の保有という特殊な状況下で使用されており、この運行体制がまさに昨今の予備車両不足、走行する線区に特化した車両を生み出したことで他線区での使用を難しくしました。

全14両という限られた車両数の中で運用していかなければなりませんが、極力代走運転にならないように期待しましょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7788:珍しい by 煮 on 2018/06/03 at 13:43:26

増結は珍しいですね。

昔は繁忙期は増結が当たり前だったのに。
最近は、所定の車両で運転されるかですよね。

この頃は、ずっと無かったのに
この二、三日 ノースレインボーです。

7789:久々の増結 by うなぎ蒲焼き食べたい on 2018/06/03 at 16:59:54

こんにちは。いつも貴重な情報、
ありがとうございます。
花粉症の具合はいかがでしょうか?。
私も花粉症なので、この時期は何かと憂鬱です。
さて、キハ261系-100の増結があったようですが、稚内側のキロハの増結はなかったようですね。
この形式は気動車ながら、2両のユニット編成なので、増結もユニット増結になりますね。
もし、見かけたらまた情報お願いいたします。
私個人の好みなんですがキハ261系はこちらの100-200番台が好みなんです。
あの先頭部の顔の面の造形は本当にセンスごが良いと思います。
内地のへんちくりんな車輌と比べ、JR北海道のデザインチームのセンスは飛び抜けて良いと思います。
長くなりました。それではまた、身体に気をつけて、情報提供お願いしますよ!。

7790: by 管理人 on 2018/06/04 at 22:03:29

>>「煮」さん、コメントありがとうございます。

現在は増結は繁忙期しか実施されなくなり、通常期でも見られた増結は現在ではほぼ見られません。かつては予備車両が少ない中で、繁忙期は「スーパー宗谷」2往復が全て増結されていた時期もありましたね。

ここ最近はノースレインボーエクスプレスによる代走運転も見られるようです。キハ183系一般車による代走など、繁忙期以外ではこれら代走の5両編成が確認できる最大両数かもしれませんね。

7791: by 管理人 on 2018/06/04 at 22:10:53

>>「うなぎ蒲焼き食べたい」さん、コメントありがとうございます。

何とか薬のおかげで花粉症は治まりつつあります。

ここ最近は稚内方に増結する編成は見られません。専ら札幌方の従来の増結パターンです。

0番台は1000番台とは異なり、デンマーク国鉄と共同でデザインが制作されました。見た目は大人しい印象ですが、いざ営業運転を実施すると化けの皮を剥がれたように、その走行性能には驚かされます。

個人的には、もっとイカつく、より押し出しの強いデザインの方がよかったです。車両のデザインは九州と北海道がずば抜けている印象があります。

今後も当ブログをおよろしくお願い致します。

▼このエントリーにコメントを残す