FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

札幌~旭川間の特急列車が明日から通常運行へ~間引き運転実施に伴う、789系0番台による「臨時特急」

胆振中東部を震源とする地震の影響で、道内各路線で運転を見合わせたり、徐行運転によって列車に遅延が発生していますが、ようやく明日9月20日より、札幌~旭川間の特急列車は始発から通常運転となります。

同区間の特急列車は電力の供給が不足することから、需要が多くなる時間帯の列車を中心に間引き運転を実施してきました。対象となる列車は主に「カムイ」と「ライラック」で午後から深夜の時間帯にかけて5往復計10本(カムイ4往復・ライラック1往復)の列車が運休となっていました。

本日19日の午前9時に大きな被害を受けた苫東厚真火力発電所の1号機を再稼働させたことで、北海道内における電力需給のバランスが安定することから、電力需要1割の節電要請も解除されました。

これにより、札幌~旭川間の電車特急についても通常どおりの運転となります。

5往復の列車が連日運休だったわけですが、それ以外にも車両の運用変更等が生じていました。1編成あたりの両数が多い「ライラック」が節電要請期間中においても重点的に運行されました。加えて使用する789系0番台も「カムイ」で使用する789系1000番台と編成を差し替えて運行されました。



その中の1つが、特急「カムイ43号」の代替となる「臨時特急」です。特急「カムイ44号」とともに、同時刻で「臨時特急」が設定されました。



車両は「ライラック」で使用する789系0番台です。冬期は「ライラック」で車両不具合等の影響で「カムイ」で使用する789系1000番台に編成が差し替えられるのに対し、今回はその逆です。この逆パターンはこの先もあまり見られないことでしょう。



ヘッドマークは「ライラック」代走時と同様に「臨時」が表示されていました。



こちらもこの先あまりお目にかかることができないであろう「臨時」と表示された789系0番台の行先表示器です。管理者は初めて確認したかもしれません。機器は一部で不具合が発生しており、こちらも更新が必要な時期に差しかかってきました。

この「臨時特急」は、節電の影響で特急「ライラック38号」と特急「ライラック39号」の1往復が運休に伴い、混雑緩和を図るべく従来の編成と差し替えられたものと推測しています。1枚目の写真のとおり、自由席が2号車から6号車までの設定となっています。2号車は「ライラック」の全ての列車が指定席の扱いなので、2号車が自由席というのは今回の間引き運転期間中ならではのことだったと思います。こうした間引き運転時は789系0番台の方が編成両数が多いので、重宝される傾向にあるようですね。

いよいよ明日から通常運転に戻ります。間引き運転期間中に都市間バスや自家用車へ利用が流れてしまった可能性は否定できず、利用不振が心配されます。それでも高速特急の「カムイ」と「ライラック」は都市間バスよりも40分早く札幌と旭川を結びます。運賃は都市間バスに軍配が上がりますが、引き続き圧倒的な高速性能で都市間バスを蹴散らしてほしいですね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す