FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新たにキハ261系1000番台ST-1207編成が新塗色化されて営業運転開始

新たに、キハ261系1000番台ST-1207編成(キハ261-1207+キハ260-1207)が新塗色化されて営業運転を開始しています。





ここ最近は、1日目に特急「スーパー北斗3号」➡特急「スーパー北斗12号」➡特急「スーパー北斗17号」に、2日目に特急「スーパー北斗8号」➡特急「スーパー北斗13号」➡特急「スーパー北斗22号」の2日サイクルで札幌方の先頭ユニットとして営業運転に入っています。

新塗色化されて営業運転を開始したのは9月の上旬だったと思います。一度撮影を試みましたが、今回とは異なる運用に入り、地震の影響で特急「スーパー北斗23号」に30分程度の遅れが発生していたため、撮影することができませんでした。

そして、ようやく撮影できるかと思いきや、別のユニットに差し替えられて断念。そして再々チャレンジでようやく先日撮影することができました。

ST-1207編成は2015年度に増備された5次車にあたります。北海道新幹線開業に伴う、札幌~函館間の定期特急列車を9往復から12往復へ増発するにあたって「スーパー北斗」充当用に新たに増備されました。外装は従来の青系の塗装に製造当初より車体傾斜装置を搭載しないため、先頭部分にはHETロゴが装着されました。

同編成は、2016年度末まで「スーパー北斗」と「スーパーとかち」で使用された後、2017年3月のダイヤ改正を機に、一部車両を除いて3月4日付で27両が函館運輸所(函ハコ)に転属となりました。転属後は「スーパー北斗」で使用されるようになり、「スーパーとかち」の運用はなくなりました。





ST-1207編成の新塗色化により、従来の青系のHET色の札幌方ユニットはST-1208編成のみとなりました。函館方のユニットについても、ST-1108編成のみとなっており、もはやHET色ユニットは絶滅の危機に直面しています。

ST-1108編成やST-1208編成も「スーパー北斗」の増発用として増備された5次車になります。ST-1107編成とST-1207編成で新塗色化が確認されたということは、いずれ1本ずつ残るHET色ユニットについても順次新塗色化されていくことになるでしょう。

当初の計画では昨年度末(今年3月)までに従来の青系のHET色車を全て新塗色化する予定でしたが、現在も先頭車を含むユニットや1両単位で増解結ができる1300番台の中間車の一部で新塗色化が実施されていないことから、当初の予定よりも遅れています。このままのペースだと、当初の計画よりも1年前後遅れて全車両への施行が完了することでしょう。

見慣れたごく当たり前の様子もまもなく過去のものになろうとしています。記録するのであれば、早め早めの行動が重要です。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す