FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新札幌駅で信号機が倒れる~重大インシデントに認定へ

11月9日の午後0時40分ごろ、千歳線の新札幌駅構内において、下り線(札幌方面)の出発信号機がレール上に倒れる事故が発生しました。

同時刻に新札幌駅に入線する苫小牧へ向かう普通列車の運転士が線路上に出発信号機が倒れているのを発見し、JRの指令センターに状況を報告。同列車は信号機手前で停止しました。信号機は札幌方面に向かう下り線の線路をふさぐように倒れ、この影響で撤去作業などのため、約3時間にわたり千歳線で列車の運転ができなくなり、特急列車や快速列車など、合わせて111本が運休し、約3万人に影響が出ました。

9日は札幌市内は最大瞬間風速が20メートルを超え、北海道に上陸する際の台風や温帯低気圧と同等またはそれ以上の風が吹いていました。

倒れた信号機は、1980年に設置されました。現場は高架橋上で信号機は鋼製の支柱を含めて高さ約5メートル、重さ約220キロあり、新札幌駅ホームから札幌方面へ約150メートルの地点にあります。

支柱は本来、コンクリートの土台に8本のボルトで固定されていますが、その後の調査で全て抜けていたことが現時点でわかっています。ボルトは経年劣化でさびている部分が複数あったものの、破断されていませんでした。現時点で原因は不明としており、過去に6月11日と胆振東部地震発生の翌9月7日にそれぞれ点検が実施されていますが、異常は見つかりませんでした。

12日20時現在、JR北海道のホームページのニュースリリースで何ら公式発表されていないことから、引き続き原因は調査中と思われ、原因究明までしばらく時間がかかりそうですね。

国土交通省運輸安全委員会は、深刻な事故につながりかねない重大インシデントと認定し、翌10日に鉄道事故調査官2名を現地に送り、保守管理体制なども含め、調査を開始しました。





写真は11日の午前に撮影したものですが、倒れた信号機に代わり、新しいものに交換されています。



よくよく確認すると、倒れた信号機の支柱がまだ新しい信号機の足元に放置されており、原因が究明するまではしばらく放置されるのではないでしょうか。



このように、現在は完全に復旧し、信号が倒れる前のように、列車が頻繁に行き来しています。当該トラブルによる徐行運転等もありません。





新札幌駅の下り線(札幌方面)の出発信号機を別アングルから撮影してみました。

高架橋も年数が経過し、高架橋の側面も高さが高いわけではありません。今回の場合は下り線側に信号機が倒れたからまだしも、これが反対側に倒れていたら今回のような列車の運休だけでは済まなかったでしょう。

想像してみてください。

5メートルある重さ約220キロの物体が真上から落下してくる瞬間を。

人に当たった場合はケガだけでは済みません。命を落としかねないです。

下は駐車場になっていますが、必ずしも人の出入りがないとは限りません。風が強ければ、煽られて落下地点がより遠くなるかもしれません。駐車場の横は自動車などの車両は通行することができない歩道で、早朝や深夜のみならず、人の往来が比較的多いです。厚別警察署方面から新札幌の商業施設方面へショートカットすることができ、地元の人間は重宝する通路です。通学時間帯になれば、付近の道立札幌東商業高校に通う生徒も頻繁に行き来します。

今回は運がよかったとしか言えませんが、万が一これが線路ではなく、下に落下していた場合、人命に関わる重大な事故として、数日が経過した現在でも大きく取り上げられることでしょう。北海道の新聞社では、無能な記事を連日一面で大きく取り上げることでしょう。



ちなみにこちらは、新札幌駅の上り線(千歳方面)の出発信号機です。この信号機もホームからおよそ150メートルほど離れた位置にあります。

こちらは高架橋ではありません。万が一、信号機が手前の道路側に倒れてきた際にそれを抑え込むようなバリケードなどはなく、侵入防止のための老朽化した柵が道路際に設置されているだけです。こちらも信号機が道路側に倒れてきた際は非常に危険な状態になります。


今回の場合、一番問題なのが支柱がコンクリートの土台に固定されていなかったことです。なぜそれを固定するボルトが全て抜けていたのか?

さらに、その固定するボルトは発見できたのでしょうか?

まだまだ不明な点がたくさんあります。

固定するためのボルトが現場からなくなっているのであれば、単なる信号機が倒れた事故だけでは済まされません。

最後に確認してから2カ月もの間に、こうもボルトが抜けるものなのでしょうか。今年の夏にあったヘッドマークのすり替え事件といい、おかしな事象が続いています。



管理者もJRを利用し、札幌方面へ何度も足を運んでいます。固定するためのボルトが抜けていたのであれば、強風の影響のみならず、例えば列車通過時に信号機が車両側に倒れてくる可能性もゼロではありません。

もしかしたら、当ブログを今閲覧しているそこのあなたに何らかの影響が出ていたかもしれません。

考え方によっては、無差別で人や鉄道車両に危害を加えるという見方もでき、9日の強風がある意味で我々を救ってくれたのかもしれませんね。

人為的な可能性も視野に入れ、最終調査報告を待ちたいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8023: by バターロール on 2018/11/12 at 23:19:37

この件は調査結果を待つしかないですね。不可解な点が多いと思います。昔テレビで見たことありますが、道路の信号機の固定等に使用してるボルトは市販のスパナ等で簡単に取れないようになっているそうです。特殊な道具を使わないととれないそうです。これは取られたら困るものでセキュリティのためだと思います。鉄道信号機も列車の運行に重要なものなのでその辺はしっかりしていると思います。

もちろん人為的なものと断定するつもりはありません。


そういえばこの件とは関係ありませんが、先日列車の運転席横から前面展望しておりましたら新札幌以遠の区間で新しい信号柱が数本設置されているのを発見しました。快速エアポート増発のためでしょうか。前面展望する際に注目してみてください

8024: by ナナッシー on 2018/11/13 at 20:45:50

こんばんは
信号機が倒れる前に通過した列車は札幌行き普通列車(2765M)です。
2765Mは新札幌所定12時37分発、信号機が倒れた12時40分頃までの3分間に一体何があったのでしょうか。
特急スーパーおおぞら脱線火災事故(2011年)や、特急おおぞら転覆事故(1994年)など大事故が発生しても、会社発足してから乗客が1人も亡くなっていません。
今回列車が通過したタイミングで信号機がもし倒れたら大事故になっていたのかも知れません。
こういう事故があったからこそ快速エアポート増発時に信号機の移設、新設は老朽化した信号機を撤去する意味では賛成ですね。

8026: by 管理人 on 2018/11/14 at 07:25:09

>>「バターロール」さん、コメントありがとうございます。

仰るとおり、仮に特殊なボルトを使用し、市販の工具等では簡単に取り外しや設置ができないとすれば、人為的な可能性も視野に入れて調査報告を待つしかありませんね。

信号の増設は快速「エアポート」増発に伴う、閉そく区間の増設であることが会社案内のパンフレットに記載されていることを先日他の方から教えていただきました。

「JR北海道 パンフレット」と検索すれば閲覧することが可能です。機会があれば、閲覧してみてください。

8027: by 管理人 on 2018/11/14 at 07:33:02

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

規模の大きい事故や重大インシデントに認定される深刻な事象は度々あるものの、死者を出さずに済んでいることは幸いです。

千歳線は定期旅客列車や貨物列車が頻繁に行き来しているので、少し目を離したほんの数分間の間に信号機が倒れてしまいました。仰るとおり、本当に数分間の間に一体何があったのでしょうか?

快速「エアポート」増発のために新札幌~千歳間で閉そく区間を増やすようで、信号機を移設したり新設したりするようですね。これを機に、少しでも今回の事象を教訓として再発防止に努めてもらいたいと思います。

8031: by シニアパートナー on 2018/11/14 at 16:22:36 (コメント編集)

ボルトが抜けていたとの報道をみて、何か背筋が寒くなる思いをしました。

他の方が指摘されているように、確かにボルトは特殊なものだと思います。ただ住宅用や自動車用など防犯機構というよりは、あくまで緩みが生じないように確り固定する機能を重視したものと思います。
従って、ズブの素人なら抜くのは難しいですが、例えば建設関係に精通した人間なら予めボルトの形状が分かっていれば、そう難しいものではないと思います。

あまり軽々しいことは言えませんが、信号機は固定重視で設置されているというのが個人的な見解です。

8034: by 管理人 on 2018/11/15 at 00:57:27

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

JRのホームページのニュースリリースで詳細が発表されましたね。簡単に目をとおした限りでは、胆振東部地震以降でいつボルトが抜けたのかは明記されていないと思います。

ということは、今回は強風の影響もあって信号機が倒れましたが、長い期間ボルトで固定していなかったとしたら、誰にでも被害に遭っている可能性があったということです。背筋が寒くなる思いも理解できます。

人為的な可能性であれば、管理者のような素人には無理だと思います。ボルトやそれを固定する際に使用する工具もフツーのホームセンターなどで簡単に購入できるものだとは管理者は思っていません。ノウハウのある人間でなければ、人為的な場合だと不可能だと思います。

防犯などの関係ではなく、発表された資料ではボルトは土台と信号機を固定するものとして機能しているようですね。

▼このエントリーにコメントを残す