FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【2019年3月16日ダイヤ改正レポート②】直別駅、尺別駅、初田牛駅の廃止

ダイヤ改正まで1週間を切りました!

今回のダイヤ改正では、特に車両の引退等、大きなトピックはあまりありません。その中でも北海道では、利用の少ない旅客駅の整理が進んでおり、迫る3月のダイヤ改正では、根室本線の直別駅、尺別駅、花咲線の初田牛駅が廃止となります。





そのうち、直別駅と尺別駅については先日最初で最後の訪問をすることができました。時間の関係で初田牛駅には行くことができませんでしたが、以前から駅前を散策してみたかったこれらの駅を訪問できただけで十分満足です。

詳しくは後日掲載したいと思いますが、実は10年前、帰りに新型「スーパーとかち」(現在のキハ261系1000番台)に乗車する計画で札幌と釧路(帰りは帯広で途中下車)日帰り旅を実施しました。管理者が初めて釧路までJRを使って行った際のことでした。

10年前当時、「スーパーおおぞら」から車窓を眺めていると特に尺別という駅に興味を持ちました。10年前の時点で既に駅前は廃屋が目立ち、且つ湿地のような風景は、札幌にはない何とも言えない風景だったことが記憶に新しいです。その後、度々尺別駅のことについて調べていましたが、やはり利用がほとんどない駅だということがわかり、地理的には現在の釧路市音別(または隣の音別駅)とも距離的にはあまり離れていないにも関わらず、半ば秘境駅扱いされていました。実際に訪問したところ、音別や反対側の浦幌町からのバスもなく、訪問するには、JRか自家用車で行くしかないと思います。尺別駅であれば、音別町の中心部まで徒歩で移動も可能な範囲です。

逆に直別駅の方が周辺に民家はありますが、数時間に一本の列車を待ち、例えば音別方面や浦幌方面に買い物に出かけるよりも、自家用車を確保した方が利便性が高いことは言うまでもありません。特に冬季は雪の影響で列車の運休が発生してしまうことも想定され、そうなれば自宅に帰ることすら困難になります。代替となる公共交通もありませんから、JRを利用するという理由がこちらも見当たらないというのが、実際に訪問して感じた管理者の見解です。

実際に両駅も利用者は鉄道ファンばかりで、周辺住民の利用はゼロでした。いずれの駅で数時間待機しましたが、残念ながら地元住民の方は現れませんでした。

今回訪問に至らなかった初田牛駅を含め、駅廃止に反対の声はあまりなかったはずです。地元住民の利用がない状況であれば、もはや駅は必要ありません。北海道にはこうした駅はまだまだ山ほどあるはずです。

JR北海道では、単独で維持することが困難な路線がたくさんあります。その路線を維持するためには、沿線自治体または道からも路線を維持するための費用を拠出することが必要不可欠です。しかし、徹底的なコスト削減を図れば、現時点で路線を維持するために、よりコストを削ることができるはずです。それが以前から指摘しているとおり、こうした利用者のいない駅の廃止です。

国鉄時代、仮乗降場だったものが分割民営化と同時にそのほとんどが駅に昇格するという意味不明な方策も実施されています。徹底した無駄をなくすという点では、まず利用者のいない駅はなくしていくべきです。


こうした駅を廃止することで、北海道の鉄道の未来が明るいものになることを期待しましょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8371:思い切った廃止を! by ピカチュウ親方 on 2019/03/12 at 00:29:16

一日利用客が10人以下は廃止でいいでしょ。

ただし通学生が居る場合は除外。

路線廃止より簡単だと思うがねぇ。

8372: by 管理人 on 2019/03/12 at 13:12:52

>>「ピカチュウ親方」さん、コメントありがとうございます。

極端に利用の少ない駅は廃止でいいと思います。

但し仰るとおり、学生利用が少なからずある場合は残すべきです。今それで単独で維持困難にも関わらず、学生利用が多いのが室蘭本線の苫小牧~岩見沢間です。

同区間は車両を方向転換する際にも使用されます。貨物の迂回ルートとして万が一の緊急時にも重宝できるので、管理者としては単独で維持困難だからといって廃止すべき区間ではないと思っています。

利用状況や将来的な業務上において必要に応じて駅とともに廃止の決断が急がれます。

8373: by あるぱか on 2019/03/12 at 18:34:49 (コメント編集)

駅の廃止だけではなく、踏切の統廃合も進めるようですが、少しずつでも収支が改善されればな、と思います。
冬の除雪費用が嵩むのなら、JR東の「津軽湯の沢」等のように取り敢えず冬季休止駅にするのも選択肢としてあります。
利用客が少ない→廃止の一辺倒にならないことを祈ります。

8375: by 管理人 on 2019/03/13 at 02:10:40

>>「あるぱか」さん、コメントありがとうございます。

観光などで利用があれば季節営業も検討すべきでしょう。しかし、利用そのものがもうないのです。人口減少や都市部への人口集中もあり、駅前の集落そのものが限界または消滅集落になりつつあります。

釧網本線の原生花園駅や富良野線のラベンダー畑駅といった季節限定で観光需要が見込める臨時駅については残す必要が少なからずあると思いますが、周辺に観光資源がなく、駅前の集落が限界にきている尺別といった今回廃止される駅は残す理由そのものが見当たらないと感じています。

今後、鉄路を残す方向で調整するのであれば、旅客駅の整理は必須です。無駄を極限までなくしていかなければ、単独で維持することが困難な路線を鉄道会社と沿線地域で維持していくことは困難だと思います。必要なのか、必要でないのか。その切替・判断が今後さらに重要になってくるでしょう。

8426:承認待ちコメント by on 2019/04/02 at 14:58:31

このコメントは管理者の承認待ちです

8429: by 管理人 on 2019/04/03 at 00:12:11

>>コメントNo,8426の方へ

そういう場所は北海道のみならず、日本全国に多くあります。

駅の移設は閉そく区間の見直しなどで手間がかかりそうな気がします。北海道の場合は広大で自家用車の普及したことで各家庭で利便性が向上し、公共交通を利用しない傾向が特にあります。移設は意味のあることだと思いますが、数年後には同じ結果を招きそうです。

ニックネームがないので、コメントは非公開とさせていただきます。

▼このエントリーにコメントを残す