FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【2019年3月16日ダイヤ改正レポート④】「スーパーおおぞら」の停車拡大と減便される石勝線の普通列車

今回は「スーパーおおぞら」と石勝線の普通列車について取り上げたいと思います。

「スーパーおおぞら」は、札幌と釧路を結ぶ特急列車です。札幌~帯広間は「スーパーとかち」とともに運行され、同区間では合わせて11往復の特急列車が確保されています。主に「スーパーおおぞら」が速達タイプ、「スーパーとかち」が停車駅が多い都市間輸送タイプの列車として一部列車を除いて役割が明確に分けられています。

迫る3月のダイヤ改正では、一部の「スーパーおおぞら」が通過する追分駅と新夕張駅で同列車の停車拡大が実施されるとともに、冬季のみトマム駅に臨時停車していた特急「スーパーおおぞら4号」が通年停車になるなど、「スーパーおおぞら」の停車駅拡大が実施されるダイヤ改正になります。

停車駅が拡大されても、所要時分の増加はなし、または最小限に抑えられますが、「スーパーおおぞら」も都市間輸送列車へと役割をシフトしつつあります。

以下はダイヤ改正以降の「スーパーおおぞら」の時刻です。


【札幌➡釧路】

列車名運行時刻所要時間
特急「スーパーおおぞら1号」札幌(6:57発)➡釧路(10:59着)4時間02分
特急「スーパーおおぞら3号」札幌(8:54発)➡釧路(13:20着)4時間26分
特急「スーパーおおぞら5号」札幌(11:53発)➡釧路(15:56着)4時間03分
特急「スーパーおおぞら7号」札幌(14:16発)➡釧路(18:39着)4時間23分
特急「スーパーおおぞら9号」札幌(17:24発)➡釧路(21:59着)4時間35分
特急「スーパーおおぞら11号」札幌(19:40発)➡釧路(23:55着)4時間15分



1号:追分駅7:40発 新夕張駅7:59発

7号:追分駅15:01発 新夕張駅15:26発





【釧路➡札幌】

列車名運行時刻所要時間
特急「スーパーおおぞら2号」釧路(6:26発)➡札幌(10:45着)4時間19分
特急「スーパーおおぞら4号」釧路(8:20発)➡札幌(12:26着)4時間06分
特急「スーパーおおぞら6号」釧路(11:24発)➡札幌(15:41着)4時間17分
特急「スーパーおおぞら8号」釧路(13:39発)➡札幌(17:56着)4時間17分
特急「スーパーおおぞら10号」釧路(16:14発)➡札幌(20:15着)4時間01分
特急「スーパーおおぞら12号」釧路(19:00発)➡札幌(22:58着)3時間58分



4号:トマム駅10:51発

8号:新夕張駅16:47発 追分駅17:07発




上記の通りとなります。

発着時刻変更や所要時分変更箇所は赤字に、黄色枠の列車は今回のダイヤ改正で追分駅、新夕張駅、トマム駅のいずれかの駅で停車拡大される列車です。

最速達列車は引き続き、釧路方面からの最終列車、特急「スーパーおおぞら12号」です。停車駅拡大によって僅かながら平均所要時分は延びてしまいますが、最速列車は3時間台をキープします。

1号と4号で所要時分が増加しますが、一方で7号と8号では所要時分が現在と変わりません。時刻表を見比べてみると、元々余裕時分が設けられているようで、所要時分が増加することなく、停車駅拡大が可能というまさに理想の形ですね。

一方、石勝線の追分~新夕張間では、普通列車10本のうち、利用の少ない5本の運転を取り止めます。これの代替がまさに「スーパーおおぞら」の追分駅、新夕張駅停車拡大です。今回停車拡大させる「スーパーおおぞら」を運行する時間帯の付近を走行する列車と、一部は「スーパーとかち」を運行する時間帯の付近を走行する列車を中心に運転が取り止めとなります。

これに伴い、夕張市が求めていた千歳方面へのアクセスを引き続き確保すべく、3月16日(土)のダイヤ改正当日から南千歳~新夕張間を特急列車を利用する場合に限り、普通運賃だけで特急列車の普通車自由席に乗車できる特例制度が設けられます。これが夕張市民向けに発行される「特急券代用証」です。

申込みは新夕張駅で受付します。夕張市に在住していることを証明できるもの(運転免許証など)を持参し、駅窓口で「特急券代用証」を発行します。申込みは3月16日(土)から開始します。

発行後は記名人本人のみ有効となり、発行した日から1年間有効です。


特急列車が利用できる特例制度が設けられれば、もはや普通列車は川端駅や滝ノ上駅周辺の住民でない限り必要ありません。普通列車が5本残りますが、将来的には残る5本の列車も合理化等で不要になるでしょう。

その後さらに合理化が進み、将来的には南千歳~新得間で普通列車が消え、同区間において特例で特急列車の普通車自由席に乗車券のみで乗車できる時代がやって来るかもしれませんね。



過去に夕張方面で特急列車を撮影した写真を探していると、5年前の今頃撮影した写真が出てきました。

この写真を撮影してから5年が経過するなんて、時間の流れは早いですね。

5年前は減速・減便措置が始まったばかりの頃でした。同じ帯広方面の特急列車でも「スーパーおおぞら」は減速運転対象だったにも関わらず、「スーパーとかち」の減速運転は当初見送られました。なので一時的に、停車駅が少ない「スーパーおおぞら」よりも停車駅の多い「スーパーとかち」の方が所要時間が短い列車もありましたね。

写真は新夕張駅で交換する特急「スーパーおおぞら9号」と特急「スーパーとかち10号」です。後者は最終列車が16時台に繰り上げられ、所要時間も2時間30分と、キハ283系時代を彷彿させるような速達性の高い列車に返り咲きました。

また、一時的に「スーパーおおぞら」が「スーパーとかち」を待避することが多くなった時期であり、新夕張駅2番線で「スーパーおおぞら」が停車しているという過去にもあまり例がないシーンが連日展開されていました。

減速ダイヤ開始から数カ月後に再びダイヤ改正が実施され、特急「スーパーとかち10号」がさらに時刻を繰り上げたことで、列車の交換先が1つ札幌寄りの十三里になったことでこの交換風景は数カ月のみで終了しました。

こうした列車の交換風景は見られませんが、ダイヤ改正後は「スーパーおおぞら」が12本中8本が停車するようになり、釧路方面の列車については、5号を除いて全ての「スーパーおおぞら」が停車するようになります。



また、先日千歳駅で撮影した夕張からやってきた普通列車と希少な735系の並びです。

ダイヤ改正後は追分~新夕張間を運行する普通列車は5本まで減らされ、一部は千歳~追分間に運行区間を縮小する列車もあります。合理化によって追分駅や新夕張駅へ向かう列車が全て特急列車という時代がやって来るかもしれません。追分駅までの列車も数本確保されているとはいえ、千歳駅にキハ40形気動車が乗り入れる姿は、将来的には廃止されてしまうかもしれませんね。

札幌と道東方面を結ぶ特急列車が行き交う石勝線ですが、その途中の区間では普通列車の本数が減らされ、ローカル線に例えるならもはや廃止目前の状況にまで陥っています。将来的には川端駅や滝ノ上駅について存廃問題が浮上することでしょう。引き続き、追分・夕張方面は今後も鉄道輸送網に変化がありそうで、目が離せなくなりそうです。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8379: by ナナッシー on 2019/03/13 at 19:59:12

こんばんは
スーパーおおぞら1号と4号は所定ではほぼ同じタイミングで利別駅で運転停車を行ってますが、改正後は4号が先に停車し1号が通過するようになります。
スーパーおおぞら7号と8号は先に7号が串内信号場に停車、8号が通過することになってますが、改正後はほぼ同じタイミングで串内信号場で交換するものと思われます。
スーパーおおぞらとスーパーとかちは運転停車がポイントになってきますね。

8380: by ym on 2019/03/14 at 18:21:55 (コメント編集)

現在の「千歳~追分」の本数を見ると、当面は普通列車で維持されるのではないかと思います。ただ、「追分~新夕張」は、普通列車が中途半端に残ったな、という印象です。早朝の新夕張発は特急で代替できないものの、他はできそうな感じ。川端に特急停車もありではないかと思うくらいです(滝ノ上は廃止されそう…)。
夕張市民は特急利用ができるわけですが、そうでない人にとってはかえって不便そう…。まぁ、特急料金がそれで稼げるという言い方もできそうですが…。

8385: by 管理人 on 2019/03/15 at 02:48:56

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

ダイヤ改正後の特急「スーパーおおぞら1号」は、停車駅拡大で帯広までの所要時分が延びているので、ダイヤを確認するとこれを調整するために利別駅での交換方法も1号が優先するようになるみたいですね。

途中駅や途中の信号場での交換を減らせば簡単に所要時分の短縮ができるのが石勝線特急です。最高運転速度がこのままでも簡単に所要時分が短縮できるので、全体的にもっと所要時分を短くしてほしいですね。

8386: by 管理人 on 2019/03/15 at 02:58:34

>>「ym」さん、コメントありがとうございます。

おそらく今回のダイヤ改正で追分~新夕張間の普通列車は極限まで減らしたと思います。川端駅周辺に少し集落がありますが、滝ノ上駅はほぼありません。いずれにしても、将来的には川端駅周辺の集落も縮小していき、最終的には両駅とも廃止になるのではないでしょうか。

川端駅の利用実態がどの程度か不明ですが、利用が見込めるのであれば、追分駅発着の列車を川端駅発着に変更するのも方法の1つですよね。

▼このエントリーにコメントを残す