FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

夕張支線ラストラン!ヘッドマークなし3両編成

3月16日から3月31日までの石勝線・夕張支線の最後の様子をお伝えします。

今回はヘッドマークなし3両編成です。3月16日・17日・23日・24日の4日間だけ見られました。今回も写真メインの記事です。





まずは夕張駅で撮影した3両編成の普通列車です。

意外と夕張駅もホームの有効長が長いです。5両編成は厳しいと思いますが、4両編成ぐらいまで対応可能だと思います。



夕張支線の夕張~鹿ノ谷間にあるファッション踏切。

ここでは多くの撮影者で賑わいました。管理者も2両編成と3両編成、そしてヘッドマークの有無合わせて4種類全てを記録していたと記憶しています。

夕張支線に乗り入れる3種類のキハ40形気動車が見事に揃った編成でした。



鹿ノ谷駅も撮影者で賑わっていました。同駅もホームの有効長が長い駅でした。夕張駅よりも長かったかもしれません。写真のように3両編成は楽ラクにホームに収まりますよ。



少し移動すれば、鹿ノ谷駅の真上から埠頭鉄ができました。



清水沢駅付近にある西川町通踏切でも3両編成を撮影しました。ここのポイントは撮影者がおらず、管理者としてはオススメの場所でした。





南清水沢駅付近(清水沢寄り)で撮影した3両編成の普通列車です。

こちらは木の枝などの障害物が多少見受けられますが、細かいところを気にしない程度の写真であれば、ここもオススメの場所でした。



一度だけ沼ノ沢駅付近(南清水沢寄り)の橋の上からも撮影してみました。



2両編成の際も紹介した夕張川を渡るシーンです。



清水沢駅を発車していく夕張行き普通列車。この清水沢跨線橋も多くの撮影者で賑わったため、同跨線橋からの写真はこの1枚しかありません。

ヘッドマークなし3両編成の写真は以上になります。

3両編成として運行する際、ヘッドマークあり3両編成を含めて、どの編成でも道央花の恵み号が真ん中に組成されていたので、同車が編成の先頭に立つことはりませんでした。そこが唯一残念だったことです。

それでも、JR北海道標準色、日高色、道央花の恵み号の3種類のキハ40形気動車が同時に組成された編成というのは、今後も確認したくてもなかなか確認できない編成だと思います。なので、今回掲載したこれらの写真も後々貴重になってくると思います。

引き続き、ヘッドマークありの編成についても後日紹介したいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す