FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2019年度ゴールデンウィーク輸送期間中の「宗谷」・「サロベツ」~増結は実施されず・・・

今年のゴールデンウィーク輸送期間中の特急列車についても順次紹介していきましょう。

まずは、札幌・旭川~稚内間を結ぶ「宗谷」・「サロベツ」です。

所定は4両編成ですが、繁忙期になると札幌側に2両1ユニットを増結して6両編成になります。過去には稚内方にも増結したことがありましたが、昨今は実施されなくなりました。

今年のゴールデンウィーク輸送期間中もここ数年同様、増結は実施されなかったと思います。



まずは、5月2日に札幌駅で撮影した上りの特急「宗谷」の回送列車です。所定の4両編成でした。



次に、5月5日に旭川駅で撮影した特急「サロベツ4号」の入線時です。こちらも所定の4両編成でした。

当日は記憶にある限りでは、宗谷本線で線路に亀裂が入った影響により、旭川駅到着が30分ほど遅れました。これにより、所定の特急「ライラック36号」に接続をとることができず、後続の特急「ライラック38号」が接続列車となりました。



最後に、5月5日に旭川駅で撮影した上りの特急「宗谷」です。こちらも所定の4両編成でした。

確認する機会が少なかった「宗谷」・「サロベツ」ですが、いずれも4両編成しか確認されず、SNSを含めたネット上でも6両編成で運行された情報がなかったことから、今年のゴールデンウィーク輸送期間中も通常期と変わらない4両編成で連日運行されたと思われます。

増結は実施されませんでしたが、昨今は代走が減り、安定した輸送が続いています。今年のゴールデンウィーク輸送期間中も代走は実施されませんでした。この調子で安定した輸送が続けられればいいですね。

ここ数年の宗谷線特急の繁忙期輸送時における増結は、年末年始のみとなっています。昨年はこれのほかに、「日本最北端わっかない平和マラソン大会」開催に伴い、一部列車で増結運転が実施されました。

2017年度まで「日本最北端平和マラソン大会」として開催していましたが、2018年度から大会の名称が変更され、「日本最北端わっかない平和マラソン大会」となりました。二回目となる今年は9月1日(日)に開催されます。昨年はその2日前の下りの特急「宗谷」から、大会前日の上りの特急「宗谷」まで増結が実施されたので、今年もこの2日間は増結運転が実施されるのではないでしょうか?

次の繁忙期輸送はお盆になりますが、残念ながらお盆輸送期間中もここ数年は増結が実施されておらず、今回のように繁忙期輸送期間中でありながら、所定の編成しか確認されないかもしれません。「宗谷」・「サロベツ」の増結はしばらく見られないかもしれませんね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8524:将来的には減便で済むのか? by 南国 on 2019/05/25 at 20:26:25

5月1日に下り宗谷~サロベツ4号と乗車しましたが、
4両編成でした(SE203編成+SE104編成)。
下り宗谷は、札幌発車後に満席と放送がありましたが、満席だったのは旭川までのようです。
この大型連休に、車両の整備修理と関わりなく、
6両とせずに済んだという事は
閑散期の平日はもっと少ないのではないかと
思いました。
将来的には減車どころか、閑散期は減便になり、
それが追い打ちとなって、さらなる利用減により
まさかとは思いますが、廃止とならなければよいのですが。

8527: by 管理人 on 2019/05/27 at 00:05:24

>>「南国」さん、コメントありがとうございます。

ここ数年、ゴールデンウィークとお盆は所定の編成のまま運行されています。目立った利用はなく、事前の期間中の予約状況も稚内方面と網走方面は連日「空席あり」の状態でしたね。

特に観光地もなければ、離島観光には少し早い時期です。帰省客がなければ利用も少ないのではないでしょうか?旭川まではビジネスや「カムイ」・「ライラック」を補完する役割があるので、管理者も札幌駅で確認する際は自由席を中心にいつも混雑していますよ。

現時点で減便や廃止の可能性は少ないと思いますが、さらなる沿線人口の過疎化などによって利用が極端に減ってしまった場合は、それも検討しなければならないと思いますよ。

▼このエントリーにコメントを残す