FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2019年度お盆輸送期間中の「オホーツク」・「大雪」~最大は5両編成でした!

今年のお盆輸送期間中の定期特急列車についてです。まずは、札幌・旭川~網走間の「オホーツク」・「大雪」についてです。

尚、写真は「オホーツク」しかありませんが、運用が同じのため、題名及び記事中は「大雪」についても記載させていただきます。



まずは、8月10日の特急「オホーツク3号」です。1両増結の5両編成でした。



次に、8月13日に札幌駅で撮影した特急「オホーツク4号」です。こちらは所定の4両編成でした。


網走方面については、期間中は最大5両編成で、お盆輸送期間中の前半に増結を多く実施していました。後半については、ほぼ所定編成のまま運行される列車が多かったです。

現在の編成に変更される以前から4両編成ですが、先頭車両がNまたはNN183系になったことで定員数が若干増えています。特に指定席では、スラントノーズ車や旧サロベツ用先頭車が使われなくなったことで定員数が若干増加しています。逆にハイデッカーグリーン車になったことで、キロハ時代と比べてグリーン車を有する車両については指定席分の定員数が16名減となっていますが、上述のように先頭車両がNまたはNN183系になったことでその座席数減少分をカバーしています。

現在の編成になって6両編成以上の長い編成はまだ見られていなかったと思います。「北斗」で使用されていた時代、屋根の高さが違うハイデッカーグリーン車が3号車だったため、長い編成を組んでもそれほど違和感がありませんでしたが、現在の「オホーツク」・「大雪」の編成は2号車にハイデッカーグリーン車が連結されているので、管理者はたとえ短い所定の編成であっても、まだまだ違和感を覚えてしまいます。これに増結用車両が1両、2両・・・と来ると、編成のアンバランスさが気になって仕方ありません。1枚目の写真は特にそうです。

でも、利便性や昨今の事情(旭川駅での乗り継ぎ等)を考慮した結果、中間車の方向転換を行って現在の編成が登場しているので、それはそれでキハ183系の新たな運行体系として、引退までの期間を可能な限り記録していきたいですね。

引退までの期間といえば、先日最新のキハ261系が北海道にやってきました。長らく函館運輸所(函ハコ)配置だった増備車が、久々に札幌運転所(札サウ)の配置となりました。札幌運転所への新製車配置は4年ぶりで最新の7次車では初めてとなります。

先に函館本線の岩見沢方面で試運転を実施していました。とすると、転用先は網走方面かと予想していましたが、一方で先日、石勝線で試運転を実施していたようで、後者の方が有力になりつつあります。

というのも、2015年度に5次車が投入された際、キハ261系1000番台の増備車が「スーパー北斗」で使用されていると既に発表されていた中で岩見沢方面へ向けて数回程度試運転が実施されていたことや、これまで道内の特急列車の輸送状況をみても、網走方面の輸送改善が後回しにされてきたことを踏まえると、他方面への投入は優先的に実施されると予想しています。また、昨今網走方面の「オホーツク」・「大雪」では、120km/h対応車が130km/h対応車との混用もスタートしたようで、昨今になってまた新たな運行体系が築かれようとしています。このタイミングで実施されるということは、まだまだキハ183系が網走方面で使用されていくという意味ではないでしょうか?

もし、網走方面のキハ183系を置き換えるのであれば、このような運行体系の改善はもっと早い段階で実施されていたはずです。また、キハ183系の引退時期も過去にコメントでいただいた情報では、現段階では引退は早かった気がします。したがって、来年3月以降もキハ183系のまま網走方面の特急は推移すると管理者は予想していますが、閲覧する皆さんはいかがでしょうか?

いずれにしても、キハ261系の増備によって同車以外の特急気動車については引退することが決まっています。時期が未定の車両もありますが、キハ183系にしてもキハ281系にしてもキハ283系にしても可能な限り記録しておきたいところです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8619:NとNNの混用に関して、私も興味ありました。 by s-kamui on 2019/08/29 at 06:55:00

261系が度々増備され、183を置き換えて次の改正からオホーツク・大雪の運用に261系を入れた際に、実際は予想しかねますがN183側が置き換えられて同車が車両不足に陥ると183系全体で使用される車両も限られてくるためと予想しております。

先の事はわかりかねますが、オホーツク・大雪の運用が曜日によって183系、261系に分けられても万全な体制にしたいのでしょう。

8621: by ナナッシー on 2019/08/29 at 19:57:34

こんばんは
キハ183系全車引退するのは2020年度(=2021年3月)ですので、もう少し活躍しますよ。
胆振東部地震により発電所が運転停止し、電力が不足していたため、一部の特急電車と普通電車の間引き運転が実施されていました。
その間のオホーツクは6両編成で運転し、自由席も2両に増結されていました。

キハ283系の1次車と一部の2次車は老朽化が特に著しく、優先的に廃車する可能性があります。
現にキハ281系の試作車は今でもバリバリ現役ですが、キハ283系の試作車はとっくに廃車になっています。
来年3月のダイヤ改正でスーパーおおぞらにキハ261系の投入が現実になると思います。3往復はキハ283系で、3往復はキハ261系になると予想します。

8622: by 管理人 on 2019/09/01 at 23:49:35

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

混用が始まったことで、これまでのように最高運転速度別の車両繰りの制約がなくなり、車両繰りの自由度が向上したと思います。

網走方面にキハ261系を投入する際のことはまだ不明な点は多いですが、日によって車両を使い分けてしまうと、それこそ宗谷線特急の代走のようになってしまい、利用者離れをつくる要因になってしまうかもしれません。不安定な輸送と思われてしまっても無理ありません。日によってグリーン車の位置が変わる等、利用者にとってはわかりづらく、不便を強いられることになります。

徐々に置き換えていくのであれば、特定の列車のみからまずは置き換えていき、最終的に全ての運用を置き換えるのが望ましいと思います。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

8624: by 管理人 on 2019/09/02 at 00:21:59

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

胆振東部地震からまもなく1年。節電による間引き運転に伴う、特急「オホーツク3号」の増結運転から1年が経過すると思うと時間の流れは早いです。

いまだに石北本線での試運転が実施されていないことと、先日石勝線で試運転が実施されたことから、石勝線への投入が有力だとみています。札幌運転所配置ということで、キハ283系の札幌運転所担当の3往復から置き換え、程度の良い車両の一部を釧路へ転属させて初期の1次車や2次車を廃車し、キハ261系とキハ283系で3往復ずつの運用を組んで新たに「スーパーおおぞら」を運行するのではないかとみています。

釧路方面まで定期列車として運行するようになった際、所要時分の増加がどの程度まで抑えられるかが気になりますね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

▼このエントリーにコメントを残す